• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月26日 07:00

リスクヘッジ時代、キーワードは「withコロナ」~模索する新しい働き方(中)

 新型コロナウイルスの感染拡大で自宅勤務やテレワーク化が急速に進み、この数カ月で働き方は大きな変化を遂げた。人口減や少子化、労働力減少などの余波で崩れかけていた従来の終身雇用型の労働モデルは、コロナ禍でさらに崩壊のスピードを加速している。働き方は今後どう変化していくのか。企業の動向や新しい動きに着目しながら考察する。

ウィズコロナ時代の新しい動向

 全国的に発令されていた緊急事態宣言が解除された後、働き方は企業の判断に委ねられることになった。平常時の勤務形態に戻した企業もあれば、テレワークや時差出勤などのコロナ禍のスタイルをそのまま、あるいは一部継続する企業もある。

 東京都渋谷区に本社を構え、福岡にも支社を置くIT企業・GMOインターネットグループのGMOペパボは、緊急事態宣言が解除された後もテレワーク化を推進した企業の1つだ。同社は6月1日から全従業員を対象に、テレワークを基本とした勤務体制へ移行すると発表し、働き手の多様な働き方を実現するために制度の充実や仕組みの構築を実施するとした。

 こうした動きが全国的に見られるなか、空室利活用サービスを推進する福岡市のベンチャー企業・tsumugが発起人となって4月16日に「New Norm Consortium(ニューノーム・コンソーシアム)」が発足した。withコロナ時代到来を契機に、働き方や暮らし方を新たな視点で調査、研究開発、社会実装することを目的とした新しい動きだ。賛同者であるシャープや電通、CAMPFIREなど28社6名の企業と個人が連携し、新しい働き方と暮らし方へのガイドライン策定に臨む。

 4月28日には、同団体が主催するイベントとして、YouTube Liveを使った「New Norm Meeting Vol.1」を開催。オフィスや働き方、キャリア、大学など多様な領域での「新しい当たり前」についてセッションを行い、これからの働き方や社会の在り方にアプローチした。

 セッション内では、「働き方のニューノーマルに関する大きな動きは、コミュニティーとキャリアの在り方の変容だ」と指摘された。コミュニティーは所属組織の肩書をベースとした「フォルダ型」から、プロジェクトベースの「ハッシュタグ型」へ。キャリアについては、組織に所属する従来の「メンバーシップ型」から、プロジェクトにコミットして働く「ジョブ型」への移行が加速するという。

tsumug 代表取締役 牧田 恵里 氏

 「組織の立ち上げ自体すべてオンラインで実施され、わずか10日で完了したことも驚きでした。再生回数1,700回、同時再生人数500人以上という大規模なイベントになりましたが、運用人数はわずか4名だけ。本来ならば倍以上の時間や人手を要するはずですが、その前提さえももはや崩れるのかもしれません」と、tsumugの代表取締役・牧田恵里さんは話す。

 「登壇者も参加者も移動などの拘束時間が少ないため、オフラインのイベントより気軽に参加できたという声をいただきました。第2回目までの開催時点で会社員、経営者、学生と参加者の属性・年齢はさまざまですが、『これからの働き方』というテーマがそれぞれにとって〈自分ゴト〉として捉えられている実感がありました」と実施の実感を述べるのは、tsumugの広報担当で、同コンソーシアム事務局にも籍を置く古田和歌子さんだ。「New Norm Meeting」は、今後もオンラインで月に1度開催される予定だ。

分散型オフィスの増加、働く場所はより多様に

 ウイルスとの共存が前提となった今でも、人々の考えや社会の潮流は絶えず変化し続けている。その変化に合わせて、働き方や働く場所も急速に進化して当然だろう。

 tsumugが昨年10月から全国で展開する小規模ワークスペース「TiNK Desk」は、多機能型のユニットスペースを用途によってカスタマイズできる空間提供サービスだ。今年4月からは、法人専用のワークスペース「TiNK VPO」を展開する。

 「コロナ禍の影響で、不特定多数とスペースをシェアするオフィスのニーズは、分散型あるいはサテライト型など、人の出入りが管理できて無人で運用できる形態へ変わりつつあります。当社が展開するようなサービスが拡充し、働く場所の選択肢が増える一方で、オフィスの機能や会議の目的など、より本質的な議論が活発になると考えられます」と、牧田さんは今後の動向を予測する。

 同社は地場デベロッパー大手の福岡地所と協業し、ホテルやマンションの一部をテレワーク用に改装して貸し出す新規事業に乗り出すと5月末に発表した。第1号として、福岡市早良区内で同社グループが運営する「ザ・レジデンシャルスイート・福岡」をオフィス仕様に改装して7月から運用をスタート。福岡市内のホテルやマンションなど、本年度中に合わせて100室の開設を目指す。宿泊客の減少に悩むホテル事業者の課題と働く場所のニーズがマッチすれば、双方にとってメリットがある事業だ。

 こうした動きは、新型コロナ禍が新ビジネスの発芽を促しているようにも見える。働く場所の選択肢が増えれば、それにともない住む場所の選択肢も多様化する。これまでは通勤をベースに住む場所を選んでいたが、出社せずに仕事ができるようになれば、利便性の高い都市圏よりも自然が豊かでゆったりと暮らせる地方を選ぶ人が増えるはずだ。地方への移住増加で地方の都市開発が進めば、これまで都市圏に集中していた本社機能をいかに分散させ、効率化するかの仕組みづくりも求められる。

(つづく)

【構成・文:チカラ・安永 真由】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月29日 18:01

真剣~SERIOUS~2020 外国人留学生の最新意識動向 NEW!

 2019年の年末から誰も予測できなかったCOVID-19のパンデミックにより、20年7月から開催されるはずの東京オリンピックが延期となり、世界中の経済活動も混乱し、...

2020年09月29日 17:28

【縄文道通信第48号】「今なぜ縄文道なのか」―縄文道 ユートピア論―縄文道――武士道――未来道―今も息づき未来に活かせる(前)NEW!

 新型コロナウイルスの世界的蔓延、パンデミックは、1~2年では収束しないと見られている。地球温暖化の影響を受けて、世界各地で異常気象が発生している。日本も例外でなく、...

(株)川越流通企画(佐賀)/運送

 同社は、9月25日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任。破産手続き申請の準備に入った...

2020年09月29日 16:21

地球環境を踏まえた持続可能な「市場経済システム」を模索!(1)

 多くの人々は、『歴史の終わり』(フランシス・フクヤマ著)や『フラット化する世界』(トーマス・フリードマン著)に描かれた、民主主義で自由経済のグローバル化した世界がほ...

2020年09月29日 16:08

【9/30まで!】糸島産グリーンレモンと伊都物語のコラボアイスを味わおう

 豊かな自然に恵まれた糸島市で、爽やかなさっぱりとした酸味が特徴とされるグリーンレモンが栽培されている。現在、大丸福岡天神店の地下2階では、この糸島産グリーンレモン『...

2020年09月29日 16:00

「最後のバンカー」元三井住友銀行頭取の西川善文氏死去~戦後最大の経済事件「イトマン事件」を振り返る(1)

 三井住友銀行初代頭取や日本郵政初代社長を務めた西川善文氏が9月11日に死去した。享年82歳。各メディアは、即断即決と強力なリーダーシップで金融危機下の銀行経営を先導...

2020年09月29日 15:45

マリノアシティ福岡が「北海道うまいもの館」を期間限定でオープン

 (株)エフ・ジェイエンターテインメントワークスは、マリノアシティ福岡で10月2日(金)から「北海道うまいもの館」を期間限定でオープンする...

2020年09月29日 15:15

福岡市民プールが10/5から事前予約が不要に(当日来館による先着受付に)

 市民プールのみ、10月5日利用分から事前予約を不要とし、当日の来館者に対して先着順で利用を受け付ける...

2020年09月29日 14:56

コロナ後初の野外イベント!天神中央公園で「九州オータムフェスティバル2020」開催

 9月17~22日までの6日間、福岡市・天神中央公園で「九州オータムフェスティバル&BEERS OF JAPAN FESTIVAL2020」が開催された...

2020年09月29日 13:43

九州食品スーパー24社 2019年度決算:増収13社、経常増益・黒字転換8社

 データ・マックスが集計中の九州食品スーパー24社(年商100億円以上)の2019年度決算によると、5割を超える13社が前期比減収だった...

pagetop