• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月27日 13:52

2003年九州豪雨で廃業を考えた企業が復活した理由~西福製茶

2003年の九州豪雨で被災し、逆境をチャンスに変える

 「『この先に向かって、次の一歩を踏み出してください』と簡単にいえる状況ではない」と話すのは、日本茶の製造販売を手がける西福製茶(博多区)の西宏史社長。西氏は、60名以上の死者を出した「令和2年7月豪雨」の被害に心を痛めている。

 西福製茶は2003年の九州豪雨で被災し、自社工場と事務所が水没し、在庫と機械で総額およそ5,000万円の被害を被った。当時は水害に対する民間や行政の補償・支援制度が整備されておらず、唯一、車両が保険で賄われたのみだった。西氏は倒産を覚悟したものの、仕入先が支払いを2カ月間猶予し、販売先も取引の継続を望んだことに、苦境のなかで光明を見出す思いであったという。

決壊した御笠川
水没した事務所と工場
濁流でコンクリートを打ち砕かれた
店内は足の踏み場もないほどに
水に浸かったお金
濁流で製造ラインが破壊された
ゴミの山と化した商品
数百万円の商品が水泡に

 西氏は、当時の社長だった父の隆治氏や幼い長男の姿を見て奮起し、協力工場を見つけて短期間で製造体制を復活させた。このとき「逆境はいつでも起こる」という現実が身に染みて、その後10年近くは雨の日には安眠できなかったという。しかし護岸整備で川幅が広くなり、床を高くした新店舗を建てたことで、ようやく雨天でも平静を保てるようになった。

 苦難を乗り越えて学んだことはもう1つある。それは「ピンチはチャンスにつながる」ということだ。西福製茶では、水害を受けたことが自社製造を外部委託に切り替えるきっかけとなった。この転換で、柔軟かつ迅速に発注に対応できるようになり、海外進出や新商品開発が可能となった。当時からまき続けてきた種が、コロナ禍の今になって芽を出し、新たな可能性が広がっている。

新店舗は床を上げて建築

西氏が考える、災害リスク対策とは

 文字通り、ピンチをチャンスに変えた西氏だが、「日本の地理的条件を考えると、簡単に川や海の近くから引っ越してくださいとはいえない」と被災者の心痛がわかるだけに口数は少ない。一方で、西氏は、「福岡はもともと渇水の街だった。まさか水害で自社が甚大な被害を受けるとは考えていなかった」と、年々高まる水害リスクに危機感を強めている。「自分は大丈夫」と思いがちだが、日ごろから災害リテラシーを高めてほしいというのが西氏の願いだ。土地柄によって起こりうる災害の種類は異なるため、定められた避難所に向かうことがかえって危険な場合もある。食品を備蓄し、装備を整えることはもちろんだが、どの避難ルートをとるべきかなど、いつも自ら考えて決断する習慣をもってほしいという。行政との情報交換も欠かせない。

 どれだけ準備をしていても、被災してしまうこともある。「すぐに立ち上がれないかもしれない」としたうえで、自身の経験から西氏は、数多くの写真を撮って記録することを勧めている。一度にすべてのことはできないが、優先順位を付けると少しずつ物事のありようが見えてくるという。

 西氏は、ボランティアの活動にも期待を寄せており「被災した当時は、ボランティアからのちょっとした一言が大きな力になった」と話す。今も各地で多くのボランティアが活躍しているが、「今は何事においてもコロナ対策を考えなければならない時で、通常の被災支援に比べて時間も人手も必要だ。ボランティア当事者への負担の大きさは計り知れないが、打ちひしがれた被災者に、前進しようと感じられるきっかけを与えてほしい」という。


<COMPANY INFORMATION>
西福製茶(株)

代 表:西 宏史
所在地:福岡市博多区博多駅前1-24-14
設 立:1936年5月
資本金:1,000万円
TEL:092-431-3272
FAX:092-451-2429
URL:http://www.nishifukuseicha.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月29日 18:01

真剣~SERIOUS~2020 外国人留学生の最新意識動向 NEW!

 2019年の年末から誰も予測できなかったCOVID-19のパンデミックにより、20年7月から開催されるはずの東京オリンピックが延期となり、世界中の経済活動も混乱し、...

2020年09月29日 17:28

【縄文道通信第48号】「今なぜ縄文道なのか」―縄文道 ユートピア論―縄文道――武士道――未来道―今も息づき未来に活かせる(前)

 新型コロナウイルスの世界的蔓延、パンデミックは、1~2年では収束しないと見られている。地球温暖化の影響を受けて、世界各地で異常気象が発生している。日本も例外でなく、...

(株)川越流通企画(佐賀)/運送

 同社は、9月25日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任。破産手続き申請の準備に入った...

2020年09月29日 16:21

地球環境を踏まえた持続可能な「市場経済システム」を模索!(1)

 多くの人々は、『歴史の終わり』(フランシス・フクヤマ著)や『フラット化する世界』(トーマス・フリードマン著)に描かれた、民主主義で自由経済のグローバル化した世界がほ...

2020年09月29日 16:08

【9/30まで!】糸島産グリーンレモンと伊都物語のコラボアイスを味わおう

 豊かな自然に恵まれた糸島市で、爽やかなさっぱりとした酸味が特徴とされるグリーンレモンが栽培されている。現在、大丸福岡天神店の地下2階では、この糸島産グリーンレモン『...

2020年09月29日 16:00

「最後のバンカー」元三井住友銀行頭取の西川善文氏死去~戦後最大の経済事件「イトマン事件」を振り返る(1)

 三井住友銀行初代頭取や日本郵政初代社長を務めた西川善文氏が9月11日に死去した。享年82歳。各メディアは、即断即決と強力なリーダーシップで金融危機下の銀行経営を先導...

2020年09月29日 15:45

マリノアシティ福岡が「北海道うまいもの館」を期間限定でオープン

 (株)エフ・ジェイエンターテインメントワークスは、マリノアシティ福岡で10月2日(金)から「北海道うまいもの館」を期間限定でオープンする...

2020年09月29日 15:15

福岡市民プールが10/5から事前予約が不要に(当日来館による先着受付に)

 市民プールのみ、10月5日利用分から事前予約を不要とし、当日の来館者に対して先着順で利用を受け付ける...

2020年09月29日 14:56

コロナ後初の野外イベント!天神中央公園で「九州オータムフェスティバル2020」開催

 9月17~22日までの6日間、福岡市・天神中央公園で「九州オータムフェスティバル&BEERS OF JAPAN FESTIVAL2020」が開催された...

2020年09月29日 13:43

九州食品スーパー24社 2019年度決算:増収13社、経常増益・黒字転換8社

 データ・マックスが集計中の九州食品スーパー24社(年商100億円以上)の2019年度決算によると、5割を超える13社が前期比減収だった...

pagetop