• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年08月03日 12:03

未来の子どもたちのため、捨てずに“つなぐ”社会の実現を~ベビー&キッズ専門・大型リユースショップ「ポスポス」

ポストアンドポスト(株)

50年後、100年後の未来の社会を、より良いものに

ポストアンドポスト(株)
代表取締役社長 吉田 照喜 氏

 「約5年前に我が子が生まれて、ふと『この子の将来のために、一体何をしてあげられるだろう』と思ったことをきっかけに、未来の地球環境のことを真剣に考えるようになりました。子どもや孫、さらにその先の世代のために、50年後、100年後の未来の社会を、より良いものにしていきたい。具体的には、できるだけゴミを出さないことが当たり前の社会を実現することで、地球温暖化の進行を極力抑えたい。その夢の実現につながる第一歩として立ち上げたお店が、『ポスポス』なんです」―――そう話すのは、ベビー&キッズ専門の大型リユースショップ「POST&POST(ポスポス)」を手がけるポストアンドポスト(株)の代表取締役社長・吉田照喜氏だ。

 吉田社長は、ソーシャルビジネスを通じて社会問題の解決に取り組む(株)ボーダレス・ジャパンの立ち上げ時から参画してきた創業メンバーの1人で、これまでにさまざまな事業の開発に携わってきた。そのうちの1つである、母乳育児向けのハーブティやアロマ・オイルを手がける「AMOMA」事業に携わるなかで、出産を機とした女性の心境や価値観などの変化に着目。

 「私の妻もそうでしたが、女性は子どもが生まれると、どうしても子ども中心にならざるを得ません。もちろん私を含めた世の男性も、父親になることで大なり小なり変化はありますが、女性には到底およびません。人間の価値観がガラッと変わる機会なんて、人生においてそう多くはありませんが、この“ママになること”による大きな価値観の変化に合わせて、うまく消費行動の変化を誘導するアプローチをしていければ、世の中の仕組みを少しずつでも変えていけるのではないかと考えました」(吉田社長)。

 そして冒頭に紹介したように、子どもが生まれたことを機に吉田社長自身の心境にも変化が訪れたことで、未来の地球環境をより良くしていくことをテーマにした“ママ向け”の新規事業を立ち上げることを決意。ボーダレスグループの1社として、2015年3月に同社を設立した。

ポスポス東区 土井店

 同社が展開する「ポスポス」は、ベビー&キッズやマタニティ用品に特化したリユースショップ。16年11月に1号店を南区長住にオープンすると、その店舗デザインのセンスや品質の高さ、品ぞろえの良さ、そして何よりスタッフの接客サービスの丁寧さなどで、瞬く間にママたちの口コミで評判になった。18年9月には西区石丸に2号店を、18年12月には東区土井に3号店をオープン。現在は福岡市内に3店舗を運営しており、リユース品の販売を通じてママたちの子育てサポートに貢献している。

ママ目線での店づくりを徹底

 「ポスポス」の人気の高さの秘密は、既存のリサイクルショップの運営戦略とは逆を行くような徹底した“ママ目線”だ。
 これまでのよくあるリサイクルショップは、倉庫のような薄暗い店舗内に使い古された商品が雑多に並べられて安価に投げ売りされているイメージで、男性目線による販売効率のみを重視した武骨な店舗が多い。骨董市・蚤の市のように“掘り出しもの”を見つける宝探しのような楽しみは感じられるかもしれないが、その一方で“オシャレママ”にとっては、入るのになかなか敷居が高い場所だ。

 また、いざ入店して商品を探そうとしても、ベビー&キッズ用品の商品点数が充実しているところはそれほど多くなく、とくに服関係の品ぞろえでは種類・サイズがバラバラで、欲しいものが見つからないこともザラにある。さらに、商品について詳しい説明を聞こうにも、数多ある商品の一部にしかすぎないベビー&キッズ用品にまで精通しているスタッフは限られており、満足のいく説明を得られることが少ない――といった具合だ。

 一方の「ポスポス」では、ママ目線での店づくりを徹底。店舗デザインや内装などは、無駄を削ぎ落としつつも洗練されたオシャレな空間を意識しているほか、商品陳列の高さやカテゴライズ、魅せ方、さらにはポップに使用する文言1つとっても、徹底的にママ目線やわかりやすさ、見つけやすさにこだわっている。また、全店舗が200坪弱の広々とした空間のなかに、専門店ならではの約1万6,000点もの商品を取りそろえており、「ここに来れば、ほしいものがきっと見つかる」という豊富な品ぞろえも大きな強みだ。

 さらに、スタッフサービスの良さにも定評があり、絶妙な距離感で“コンシェルジュ”のように、そしてときには友だちのように親密に寄り添ってサポート。詳しい商品説明から、「どういうものを買ったらいいのかわからない」という新米ママさんへの買い物アドバイスまで丁寧に対応しており、これが他店にない差別化のポイントとなって、「ポスポス」のファンおよびリピーターの獲得につながっている。

1つのものを大切に地域内で循環

 もちろんリユースショップである以上、安定的な商品供給のため、買い取りにも力を入れている。ほかの商品と違ってベビー&キッズ用品は、我が子の成長と共にあり、1つひとつに思い出が詰まったかけがえのないものだ。そのため、たとえばサイズが合わずに着られなくなった服でもなかなか捨てられずに、ついつい家の収納にしまっておきがちで、ふと気づいたときにはもう古びてしまい、泣く泣く捨てざるを得ない・・・というケースも多いだろう。

 その点「ポスポス」では、買い取った商品は基本的に各店舗内に設けられた「リボーン(Re born)センター」で専任のケアスタッフが丁寧に洗浄などの措置を行い、“新たな命”を吹き込んだうえで再び店頭へと並べ、次の持ち主へとつなげていく仕組み。地域のものは地域で消費する「地産地消」と似た考え方だが、消費(≒廃棄)するのではなく、1つのものを大切に地域内で循環させていきたいという考えだ。我が子の思い出の詰まったかけがえのないものであっても、それが大切に扱われて、同じ地域に住む誰かの役に立ってくれるのであれば――。そして、捨てずにリユースする行動そのものがゴミを減らし、未来の子どもたちが生きる地球環境の改善につながっていくのであれば――。そうした想いで、同店にものを売りにくるお客も多いという。

 「親御さんが『ポスポス』にものを売りに来ることが、子どもたちに対する『ものを捨てずに大切に使う』という教育につながっているケースもあるようです。『ポスポス』の存在がママたちの消費行動の変化を促すだけでなく、それが次の世代である子どもたちにも伝わって根付いてくれれば、本当に嬉しいですね」――と、吉田社長は頬を緩ませる。

 社名および店名を付ける際にチョイスした「ポスト」という言葉には、吉田社長の「大切な想いを人に届ける(つなげる)窓口でありたい」「郵便ポストのように、社会に当たり前に根付いたお店でありたい」――と、そんな想いが込められている。

地域の子育てコミュニティの核となる店へ

 そんな吉田社長に、「ポスポス」の今後の展開について聞いてみた。
 「まだまだやりたいことはたくさんあります。たとえば、現在の商品は乳幼児から小学校入学前の子どもたち向けのものを対象としていますが、近いうちに小学生向けの商品、たとえばスポーツウェアやシューズなどの習い事グッズなどの取り扱いも行っていきたいですね。また、環境に配慮したオリジナルプロダクトの開発や、より多くの人に『ポスポス』のことを知ってもらうために、都心部で買い取り機能を設けずに販売のみを行うポップアップ・ショップの展開なども面白いのではないでしょうか。さらに、もっと商品の対象を広げて、いずれは家族でいろいろと利用してもらえる『家族のポスポス』というような展開も目指したいですし、カフェやワークショップなどで子育てなどに関する情報の交換も行う、地域の子育てコミュニティの核となるような、そんなお店にしていきたいと思っています」――と、吉田社長の夢は果てしなく広がっている。

 もちろん、吉田社長のさまざまな想いをすべてかたちにしようとすれば、今の200坪弱の店舗面積では少々手狭になってくる。そのため、今後は500坪規模のさらなる大型店舗をつくっていくことも検討しているという。また、現在は福岡市内に3店舗を展開するのみだが、新たな出店候補地として、北九州、久留米、大野城などの子育て世帯が多いエリアを中心に店舗物件の情報を募集中。まずは福岡市内から県内各エリアに店舗網を広げ、ゆくゆくは九州、そして日本全国に700店舗を展開していきたい考えだ。

捨てない。大切なこの子のために。

捨てない。地球の環境のために。

捨てない。100年後の未来のために。

 これは、「ポスポス」の店舗に掲げられている、同社および同店のコンセプトを端的に表す三行詩だ。ベビー&子ども用品を始めとしたさまざまなものが、リユースされることでゴミとならずに地域で循環していく――。そうした仕組みが根付いた未来の到来は、「ポスポス」の拡大とともに、現実味を帯びていくだろう。

【坂田 憲治】


<COMPANY INFORMATION>
ポストアンドポスト(株)

代 表:吉田 照喜
所在地:福岡市東区多の津4-14-1
設 立:2015年3月
資本金:1,000万円
TEL:092-292-5791
URL:https://post-post.jp

<ポスポス南区 長住店>
所在地:福岡市南区長住5-15
TEL:092-408-2740

<ポスポス西区 石丸店>
所在地:福岡市西区石丸3-4−26
TEL:092-834-6330

<ポスポス東区 土井店>
所在地:福岡市東区土井4-2-5
TEL:092-410-2000

 現在、新型コロナの影響のため、各店とも夕方5時の閉店となっている。また、買い取りはWEBでの事前予約制となっているため、買い取り希望の方はWEBで申し込んだうえでご来店を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

2020年09月18日 17:00

コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至

 コロナ下で百貨店が綱渡り経営を続けている。博多大丸以外は損益分岐点比率が高く、岩田屋三越とトキハ、井筒屋は95%を超え、山形屋は105.0%で、わずかな減収で赤字に...

2020年09月18日 16:52

地銀の経営統合~「待ったなし」を検証する(後)

   【表1】を見ていただきたい。47都道府県の地銀の状況表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国47都道府県にある地銀は、第一地銀64行、第二...

pagetop