• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年08月12日 10:23

【ラスト50kmの攻防】国は「決められないなら後回し」 佐賀県と溝

共同配信記事の波紋

 「長崎ルート 23年度着工断念 九州新幹線の佐賀区間 アセス入れず 国交省」。7月31日夕、共同通信社がそんな見出しの記事を、佐賀、長崎、西日本、毎日といった加盟新聞社に配信した。

 工事に先立つ環境影響評価(アセスメント)の実施に佐賀県の同意が得られず、国交省は共同通信の取材に「目標通りの着工は困難になった」との認識を示した。記事はそう伝えていた。

 この配信記事をべースに、佐賀新聞は「国交省 23年度着工見送りへ 県、複数アセス案拒否で」の記事を1日朝刊で扱った。長崎新聞も同じ日の朝刊に「23年度着工極めて困難 佐賀県改めてアセス拒否」の記事を掲載している。

 どちらも共同通信の配信記事に独自取材の“色”を着けていた。佐賀新聞が「着工見送りへ」と断定的に報じたのに対し、長崎新聞は「着工極めて困難」と含みを残していた。ただ、両記事は共通して〈23年度着工〉に焦点を当てており、その表現が山口祥義知事の神経を“逆なで”したのは想像に難くない。

 「新鳥栖―武雄温泉間は整備するなんて決まっていない。そこの言い方については、ぜひ皆さん気をつけていただきたい」。山口知事はかねて報道陣にそう注文していた。整備するかどうかも決まっていないのに着工はありえない、というのが山口知事の思いだったのではないか。

 はたして3日、佐賀県庁のホームページに「西九州ルート(新鳥栖―武雄温泉間)の着工時期に関する報道について」というタイトルで、県の立場を改めて説明する文章がアップロードされた。

 まず、新聞記事が国交省の目指す着工時期を前提に「23年度着工見送りへ」「23年度着工を断念」と見出しをつけている報道そのものに不満を表明。そのうえで、「新鳥栖―武雄温泉間は在来線をそのまま利用することで長崎県やJR九州などの関係者で合意し武雄温泉―長崎間が着工した。新鳥栖―武雄温泉間は、その整備はもとより、ルート、着工時期、開業時期も、決まったことや関係者で合意したものは一切ない」としている。

▼関連記事
【ラスト50kmの攻防】
長崎新幹線〈新鳥栖―武雄温泉〉の
 周辺を探る

〈長崎ルート〉は停滞、描けない
 まちづくり

 一方、国交省の計画では、未着工の新鳥栖―武雄温泉間を含め、長崎新幹線の全線開業の目標を35年度としている。そのためには逆算すると新鳥栖―武雄温泉間は23年度着工が前提になるという。計画は標準軌(フル規格)だ。

 4日午前の閣議後会見。赤羽一嘉国交相(衆院兵庫2区)は「(佐賀県に)提案の趣旨を理解いただけないことは大変残念」としながらも、今後も佐賀県と“幅広い協議”を続行するとした。話し合いの余地はある、という投げかけだろう。

「できる線区からやらざるをえない」山本委員長

 その2日後の6日。佐賀新聞1面トップをインタビュー記事が飾った。共同通信の配信記事ではない、独自取材の記事だった。

 「長崎ルート 『財源後回し』 検討委議論の凍結示唆」。インタビューに応じたのは、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム検討委員会の山本幸三委員長(衆院福岡10区)。整備新幹線建設で国交省と財務省の間に入り、建設推進の立場ながら与党の実務責任者として双方の利害も調整する。

 インタビューで山本氏は、「整備方式を決められないなら後回しだ。(長崎ルートは)放っておいて、できる線区からやっていくしかない。長崎ルートを北陸新幹線とセットの財源論議から切り離すという話にならざるを得ない」と話したと佐賀新聞は伝えている。

与党整備新幹線建設推進検討委の山本幸三委員長にインタビューし、
『長崎ルート「財源後回し」』と報じる佐賀新聞の8月6日朝刊1面

 整備新幹線全体の財源論議から長崎ルートだけが切り離されたらどうなるか――。記事に目を通した「佐賀県フル規格促進議員の会」会長の平原嘉徳佐賀市議は、「かなり厳しい意見だ」と言葉少なだった。

 ただ一方で山本委員長は、自身のツイッター上に佐賀新聞1面の画像を投稿、「昨日(5日)受けたインタビューです。1面とは驚きです。(掲載許可済)」と短くツイートしている。

 山本委員長は大蔵省(財務省)OBで、自民党の金融調査会長や税制調査会副会長を務める“大蔵族”。その発言は単なるブラフ(威嚇)なのか。それとも、綻びかける整備新幹線の財源スキーム立て直しに非協力的な佐賀県への苛立ちなのか。

【南里 秀之】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月21日 17:39

【福岡県に緊急事態宣言】(14)コロナを舐めてはいけない(5)NEW!

 2021年の年賀に「今年をもってご縁を切ります」と通告があったAとは、40年を越える付き合いがある。今年11月、80歳になる。「それなら惜別の一杯を飲み交わそう」と...

2021年01月21日 17:34

【大規模買収事件】公選法違反・河井案里被告に有罪判決NEW!

 東京地裁で21日、参議院選挙広島選挙区における買収容疑で公選法違反罪に問われている河井案里被告(47)の判決公判があり、高橋康明裁判長は広島県議4人に対する買収罪成...

2021年01月21日 17:31

西鉄、新社長に林田浩一氏~倉富氏は会長にNEW!

 西日本鉄道(株)(福岡市博多区)は21日、4月1日付で林田浩一取締役専務執行役員(55)を社長に昇格する人事を発表した。

2021年01月21日 17:07

【長期連載】ベスト電器消滅への道(1)NEW!

 かつて家電業界で日本一の売上高を誇ったベスト電器がヤマダ電機に完全に吸収された。なぜ、このように消滅するという事態になったのか!当社は長期にわたってベスト電器に関す...

2021年01月21日 16:51

福岡ロジテム、小郡市に大型物流拠点を設置へNEW!

 日本ロジテムグループの運送会社・福岡ロジテム(株)(福岡県粕屋郡宇美町、小林専司社長)は、小郡市に大型物流拠点を設置する...

2021年01月21日 16:45

政府は財政規律を凍結し積極財政を展開せよ(前)NEW!

 菅政権は73兆円規模の経済政策を決定し、これに基づいて3次補正予算を実施することを発表した。1次補正、2次補正も同規模の大きな対策が図られてきたということで、これを...

2021年01月21日 16:19

体にやさしく、おいしい水とは?『生命(いのち)の水はミネラルバランス』を先着10名さまにプレゼントNEW!

 (株)ミネラルクリスター(福岡市博多区)は、創業から30数年にわたり、生命にとって良い水の研究開発に取り組み、これまでに数多くのビル、マンション、食品加工工場などに...

2021年01月21日 16:12

いとしまの鉄道111周年記念きっぷ発売~インスタで事前予約をNEW!

 九州旅客鉄道(株)(以下、JR九州)は、いとしまの鉄道が今年で111周年を迎えることを受け、記念きっぷを発売する。糸島市立伊都国歴史博物館で開催する冬季特別展「鉄輪...

2021年01月21日 15:42

【福岡県に緊急事態宣言】(13)コロナを舐めてはいけない(4)NEW!

 1月16日、110名参加の結婚式に列席した。新郎の父親から、「コロナ蔓延の時期に申し訳ない。出席不可に関しては遠慮なく回答してください」と電話がかかってきた...

2021年01月21日 15:24

五ケ山ダムが供用開始、防災や渇水対策に期待NEW!

 五ケ山ダムが本日から供用開始となった。五ケ山ダムの利水容量は、渇水対策容量を含む3,170万m3。12月22日に試験湛水を終えていた。福岡市関連の利水容量合計は、南...

pagetop