• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年08月12日 10:23

【ラスト50kmの攻防】国は「決められないなら後回し」 佐賀県と溝

共同配信記事の波紋

 「長崎ルート 23年度着工断念 九州新幹線の佐賀区間 アセス入れず 国交省」。7月31日夕、共同通信社がそんな見出しの記事を、佐賀、長崎、西日本、毎日といった加盟新聞社に配信した。

 工事に先立つ環境影響評価(アセスメント)の実施に佐賀県の同意が得られず、国交省は共同通信の取材に「目標通りの着工は困難になった」との認識を示した。記事はそう伝えていた。

 この配信記事をべースに、佐賀新聞は「国交省 23年度着工見送りへ 県、複数アセス案拒否で」の記事を1日朝刊で扱った。長崎新聞も同じ日の朝刊に「23年度着工極めて困難 佐賀県改めてアセス拒否」の記事を掲載している。

 どちらも共同通信の配信記事に独自取材の“色”を着けていた。佐賀新聞が「着工見送りへ」と断定的に報じたのに対し、長崎新聞は「着工極めて困難」と含みを残していた。ただ、両記事は共通して〈23年度着工〉に焦点を当てており、その表現が山口祥義知事の神経を“逆なで”したのは想像に難くない。

 「新鳥栖―武雄温泉間は整備するなんて決まっていない。そこの言い方については、ぜひ皆さん気をつけていただきたい」。山口知事はかねて報道陣にそう注文していた。整備するかどうかも決まっていないのに着工はありえない、というのが山口知事の思いだったのではないか。

 はたして3日、佐賀県庁のホームページに「西九州ルート(新鳥栖―武雄温泉間)の着工時期に関する報道について」というタイトルで、県の立場を改めて説明する文章がアップロードされた。

 まず、新聞記事が国交省の目指す着工時期を前提に「23年度着工見送りへ」「23年度着工を断念」と見出しをつけている報道そのものに不満を表明。そのうえで、「新鳥栖―武雄温泉間は在来線をそのまま利用することで長崎県やJR九州などの関係者で合意し武雄温泉―長崎間が着工した。新鳥栖―武雄温泉間は、その整備はもとより、ルート、着工時期、開業時期も、決まったことや関係者で合意したものは一切ない」としている。

▼関連記事
【ラスト50kmの攻防】
長崎新幹線〈新鳥栖―武雄温泉〉の
 周辺を探る

〈長崎ルート〉は停滞、描けない
 まちづくり

 一方、国交省の計画では、未着工の新鳥栖―武雄温泉間を含め、長崎新幹線の全線開業の目標を35年度としている。そのためには逆算すると新鳥栖―武雄温泉間は23年度着工が前提になるという。計画は標準軌(フル規格)だ。

 4日午前の閣議後会見。赤羽一嘉国交相(衆院兵庫2区)は「(佐賀県に)提案の趣旨を理解いただけないことは大変残念」としながらも、今後も佐賀県と“幅広い協議”を続行するとした。話し合いの余地はある、という投げかけだろう。

「できる線区からやらざるをえない」山本委員長

 その2日後の6日。佐賀新聞1面トップをインタビュー記事が飾った。共同通信の配信記事ではない、独自取材の記事だった。

 「長崎ルート 『財源後回し』 検討委議論の凍結示唆」。インタビューに応じたのは、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム検討委員会の山本幸三委員長(衆院福岡10区)。整備新幹線建設で国交省と財務省の間に入り、建設推進の立場ながら与党の実務責任者として双方の利害も調整する。

 インタビューで山本氏は、「整備方式を決められないなら後回しだ。(長崎ルートは)放っておいて、できる線区からやっていくしかない。長崎ルートを北陸新幹線とセットの財源論議から切り離すという話にならざるを得ない」と話したと佐賀新聞は伝えている。

与党整備新幹線建設推進検討委の山本幸三委員長にインタビューし、
『長崎ルート「財源後回し」』と報じる佐賀新聞の8月6日朝刊1面

 整備新幹線全体の財源論議から長崎ルートだけが切り離されたらどうなるか――。記事に目を通した「佐賀県フル規格促進議員の会」会長の平原嘉徳佐賀市議は、「かなり厳しい意見だ」と言葉少なだった。

 ただ一方で山本委員長は、自身のツイッター上に佐賀新聞1面の画像を投稿、「昨日(5日)受けたインタビューです。1面とは驚きです。(掲載許可済)」と短くツイートしている。

 山本委員長は大蔵省(財務省)OBで、自民党の金融調査会長や税制調査会副会長を務める“大蔵族”。その発言は単なるブラフ(威嚇)なのか。それとも、綻びかける整備新幹線の財源スキーム立て直しに非協力的な佐賀県への苛立ちなのか。

【南里 秀之】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

新社長「新しいことにチャレンジ」 マンション新築ベースに土木強化へNEW!

 1947年5月、吉弘七平氏が建築工事を目的に個人創業したのが旭工務店の始まり。96年4月には吉弘直彦氏(現会長)が実質2代目の代表取締役社長に就任し、吉弘一族による...

2020年12月05日 07:00

麻生グループの御曹司、麻生巌氏は、投資家・孫正義氏になれるか~日本の台所・豊洲市場の東都水産に友好的TOBを実施(4)NEW!

 麻生グループは、1872年に麻生太吉氏が福岡県筑豊で炭鉱事業に踏み出したことが始まりで、石炭、セメントで財を成した筑豊の名門だ。(株)麻生は福岡県飯塚市を拠点に病院...

2020年12月04日 18:35

第一生命の保険金詐欺~問われる徳山分室の対応

 第一生命保険は10月2日、女性保険外交員の金融詐欺事件を発表。その女性外交員は西日本マーケット統括部徳山分室に勤務していた正下文子特別調査役。客に架空の金融取引をも...

2020年12月04日 16:51

【立憲民主党・枝野代表インタビュー】GoToは「国が決めるべき」と菅政権の不信任案提出に否定的

 Go Toトラベル東京除外で、菅首相と小池知事の責任のなすり合いにより、その決定が遅れていることについて、枝野代表は国が決めるべきと強調しながら、即断即決をしない菅...

2020年12月04日 15:38

林眞須美死刑囚に訴えられた鑑定医 週刊ポストを巻き込み、不穏な事態に(前)

 1998年にヒ素中毒で67人が死傷した和歌山カレー事件で、無実を訴えながら死刑確定した林真須美死刑囚(59)が鑑定医を相手取り、損害賠償請求訴訟を起こしていたことが...

2020年12月04日 15:06

ドンキHD前社長逮捕~熱い思いが口をつくこともある

 (株)ドンキホーテホールディングス(現・(株)パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス)の前社長である大原孝治容疑者が、金融商品取引法違反の取引推奨の...

2020年12月04日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」12月3日発表 福岡労働局分

 12月3日に公表された福岡労働局分は下記の通り...

日本暗黒化加速させる菅秘密警察政治

 菅義偉氏と小池百合子氏の合言葉「五輪を止めるな」「Go Toを止めるな」。2人とも思考方式が同一だ...

2020年12月04日 11:58

麻生グループの御曹司、麻生巌氏は、投資家・孫正義氏になれるか~日本の台所・豊洲市場の東都水産に友好的TOBを実施(3)

 改正卸売市場法施行で、規制が緩和され、水産界に風穴を開けてきた三陽社長の長谷氏に好機が到来した。長谷氏は従来営業本部、海外事業本部を担当していたが、東都水産が6月1...

pagetop