• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月28日 14:58

オンラインパチンコ『テクノゲーミング』にユニバが法的措置を検討

 オンラインパチンコ&スロット『テクノゲーミング』をご存じだろうか。フィリピンでオンラインギャンブルの公式ライセンス取得を目指し、現在「申請中」。主な事業として展開予定なのが、オンライン上でパチンコホールサービスを展開したい企業へのライセンスの貸与、各メーカーとの直接取引による、パチンコ&スロットなどのオンラインソフトの仕入れだ。同社のサービス概要は、HP上で確認することができる(テクノゲーミング概要)。

 そんな同社だが、現在パチンコ・スロットメーカー大手、(株)ユニバーサルエンターテインメント(以下、ユニバ)によって調査が進められている。コトの発端は、ユニバの代名詞でもある人気スロット・パチンコ「GOD」シリーズが、あたかもユニバの許可を得てオンライン上でプレイ可能かのように宣伝されていることにあった。

ホールで絶賛稼働中のスロット
『ミリオンゴッド神々の凱旋』

 これに関してユニバは、『テクノゲーミング』とは一切の関係がない旨を表明。また、テクノゲーミングに関わらず「他の企業・団体を含め、オンラインカジノ事業について、当社製遊技機のオンラインソフトの使用の公認を与えたことも一切ありませんので、ご注意いただきますようお願いいたします」と注意喚起を行っている。
 ユニバはテクノゲーミングへの今後の対応として「引き続き調査を進めるとともに、必要に応じて然るべき法的措置を講じることも検討してまいります」と述べている。

 テクノゲーミングで遊技を楽しむ際には、仮想通貨を使用する。ユーザーは自分が利用しやすい仮想通貨をゲームサイトに入金し(クレジットカードによる入金も可能)、ゲームをプレイ。出金したい際には出金、またはチャージ申し込みを実施の上、最短40分以内で全国のATM機で出金できる仕様になっているようだ。

 テクノゲーミングHP上では(2020年9月28日現在)、この入金から出金までの流れを画像で表したものが記載されているが、説明分には「Lorem ipsum dolor sit amet.」の文言が躍る。この文言、読み手が概要をイメージしやすいように挿入する意味のない文言、いわゆるダミーテキストで、オンラインパチンコ&スロットをプレイしたユーザーが、どうやって換金するのかまでの詳細は、オンラインギャンブルの公式ライセンス「申請中」ということもあり、実際にはまだ確定とはいえない状況にあるものと考えられる。

 オンラインパチンコ&スロットサービスは今後注目されるサービスであり、その動向が注視されている。

【代 源太朗】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop