• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月20日 11:07

福岡の建設工事出来高、8月は持ち直す

 国土交通省は19日、『建設総合統計(2020年8月分)』を公表した。これによると、福岡における8月の建設工事出来高は1,167億円で、前月比17億円増となった。九州全体(沖縄を含む)では5月以降増加傾向が続いており、8月の建設工事出来高は前月比178億円増の4,497億円となっている。

 また、8月末時点のエリアごとの手持ち工事高を見ると、九州市場は3兆2,849億円で、前年同期比で僅かではあるものの向上しており、将来的な売上確保に向けて、相応の土台が構築されているものと考えられる。

【代 源太朗】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop