• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月18日 10:00

中国経済新聞に学ぶ~コロナ期間中、中国へ行った(中)

上海浦東国際空港に到着

 成田空港を離れる前に、空港の職員から乗客は1人ずつQRコードをスキャニングするよう要求された。これは中国の入国検疫の健康申告コード(「税関QRコード」と呼ばれてる)で、内容としては紙の申告書と大差ないので、事前に熟読しておいてほしい。

 この健康コードは携帯電話を使って入力するもので、間違って入力しないよう、とくに注意が必要。入力が終わり送信すると、上海浦東国際空港入境検疫部門が入手し、これにより入国時の申請書記入の面倒が避けられる。

 飛行機が停止し、ブリッジとつながると、数人の防護服を着た検疫官がキャビンに乗り込んできて、乗客は「健康カード」の記入が済んでいるか否かを尋ねられる。同時に随時検閲ができるよう、各自の携帯電話の該当画面の保留を要求される。

 それですぐ降りられると思っていたら、ハプニングが起きた。20分待った後に「完全武装」した検疫官数名がキャビンに入ってきて、筆者の後ろ座席の1人の日本人女性と彼女の2人の子どもを取り囲んだ。なぜなら彼女が記入した健康カードの「過去14日間内に新型コロナウイルスの検査を受けたことがありますか?検査を受けその検査結果は陽性でしたか?」の質問に「YES」あるいは「NO」を選択する欄で、この女性は「YES」にチェックしたとのことだった。

 機内に「陽性」乗客がいるということで、当然、これは一大事となり、皆少し緊迫した状態になった。さらに、その女性は中国語がわからなかったため緊迫したが、近くに親切な中国人青年がおり彼女に通訳してあげたため、そこでやっと彼女はチェックミスだと言って、日本のPCR検査の陰性証明証を出した。

 飛行機を降りた上海浦東国際空港の光景は、成田空港とまったく違っていることを発見した。なぜなら空港職員1人ひとり全員が「完全武装」をしていたからだ。彼らは一日中、本当にご苦労さまだ。 

 第1検査工程は携帯電話に「健康カード」があるかどうか。なければ、紙の健康申請書に記入する。第2検査工程は、日本でのPCR検査陰性証明書の提出。第3検査工程は「サンプル採取承知同意書」への記入と、合わせて個人情報コードが貼ってあるサンプル採取プラスチック小瓶を受領し、サンプル採取所のある階下に行き、PCR検査のサンプルを採取される。

 第4検査工程は、鼻からのサンプル採取。長いサンプル採取棒を鼻孔から鼻咽部へゆっくりと差し込まれ、軽く数回かき回された。確かに、一種の酸っぱい感じがした。工程は数秒だったが、我慢できるものだった。

 PCR検査用サンプル採取後、その検査結果を待つ必要はない、なぜならその後は指定された場所で14日間隔離され、もし空港での検査結果が陽性だったら、2日目には直接病院送りされるからである。

 第5検査工程は、衛生検疫デスクに日本でのPCR検査陰性報告書を差し出す。

 上記5つの検査工程手続きが完了して初めて正常な入国審査が行われ、そして荷物引取り、税関検査である。税関を出ると空港職員が分け方を指図し、上海で隔離される者は2階へ、外省市街地への者は各省市の専用隔離接待処へ案内される、たとえば浙江省、江蘇省なら、それぞれの隔離接待処に案内される。

 私は上海で処理しなければならない要件があり、上海市虹口区隔離を選択したので、職員から虹口接待処へ引き渡された。

(つづく)


中国経済新聞を読もう

<連絡先>
(株)アジア通信社
所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂9-1-7
TEL:03-5413-7010
FAX:03-5413-0308
E-mail:china@asiahp.net
URL:http://china-keizai-shinbun.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年11月26日 13:10

未回収となった工事代金5.7億円をめぐり、JR九州子会社が前社長を提訴NEW!

 JR九州(東証一部)の子会社・JR九州住宅(株)が、前社長・松尾純一氏を訴えていたことがわかった。発端となったのは、エステート・ワン(株)からの工事受注...

2020年11月26日 12:12

アメリカ大統領選挙後の世界秩序を模索する!(2)NEW!

 下記2名が「岡倉天心記念賞」の受賞者として選出された...

2020年11月26日 10:30

【企業研究】ロイヤルホールディングス~コロナ禍で飛行機が飛ばず、創業事業の機内食事業が壊滅的な打撃!(3)NEW!

 ロイヤルHDは、何ごとも業界に先駈けて実施してきた。それは、創業者の(故)江頭匡一(えがしら・きょういち)氏の遺伝子である。江頭氏は1923年3月25日、福岡県三潴...

2020年11月26日 10:00

【凡学一生のやさしい法律学】詭弁の論理学(1)NEW!

 日本社会は崩壊の危機に瀕している。しかし一見すると、高度の科学や文芸をもち、大量消費生活を謳歌する大多数の国民は、日本の文明が崩壊の危機に瀕しているなど夢にも思って...

2020年11月26日 09:46

2020年マックス忘年会~万全の感染対策を講じて開催NEW!

 データ・マックスは11月24日、ホテルオークラ福岡で「2020年マックス忘年会」を開催した...

2020年11月26日 08:59

オンライン結婚式という選択、ディライトの取り組みNEW!

 奈良を拠点に、結婚式場やレストランの運営などを手がけるディライト(株)。同社は、コロナ禍で求められる「ニューノーマル」に対応したサービスとして、『オンライン結婚式』...

孤独と向き合い、撃退するための文化芸術

 「良い意味での宗教と文化芸術でしか、もう人間は救えないのかもしれない」とおっしゃるドクターに出会ったのが30歳のころでした。「人間にとって最大の病は何ですか?」と質...

グローバリズムの次のステージに コロナで激変・移行する世界

 現在、新型コロナ蔓延による影響で、国内外のさまざまな動きがストップ、もしくは停滞しているような状況です。そうしたなかで我々建築家が今何をすべきかを考えたとき...

2020年11月25日 16:42

【凡学一生の優しい法律学】熊本典道元裁判官の死

 筆者は幼少のころ、たびたび小銭を握って闇米買いの小使いをさせられた。その度「闇米などの違法な米を食することはできない」として餓死した裁判官の話を父から聞かされた...

2020年11月25日 16:29

「日米関係はトランプ政権時よりも強固に」~ケネディ元駐日米国大使が「fabbit Conference全国大会2020」で講演

 スタートアップ企業の創業支援やコワーキングスペース・レンタルオフィス「fabbit」の運営などを行うfabbit(株)は25日、第29代駐日米国大使・キャロライン・...

pagetop