わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月18日 16:26

西友売却に見る小売のパラダイムシフト(前)

 かねてから売却が噂されていた西友の売却が現実になった。米投資ファンドのKKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)が65%、すでに西友とネットスーパーを共同運営している楽天が20%の株式を引き受ける。ウォルマートにとって、10月のイギリスの子会社アズダの売却に続く矢継ぎ早の海外店舗の見直しだ。今後も一部の株式は保持し、商品供給などに関わるというものの、実質は日本からの撤退である。

ウォルマートの海外事業頓挫

 2002年に西友との資本提携後、2008年には完全子会社にしたウォルマートだが、今日まで業績の改善は遅々として進まなかった。7,000億円を超える売上高にも関わらず、最終利益が赤字続きというのが実態だ。

 イギリス、日本と大型買収でその地への進出を試みたウォルマートだが、相次いで頓挫した。その理由は消費スタイルの文化の違いに対応できなかったことだ。取扱商品、店舗規模、嗜好性などは国によって違う。 イギリスの場合はリドルやアルディといった、ドイツ発祥の小型ディスカウントの前に一敗地にまみれたということもあるだろうが、試行錯誤を重ねても、日本市場に対応できなかったということだろう。大型什器、省力化優先の商品陳列法、過剰なアイテムの絞り込みなど、ある種の殺伐感に漂う売り場に顧客は馴染めなかった。このまま放置しても改善が見られないということが今回の決定につながったと考えられる。

 一方、流通の現場に大きな異変が起こっている。運営手法と縄張りの溶解だ。従来、小売業はより多くの店舗を展開することを戦略の柱にしてきた。しかし、多店舗出店の推進がオーバーストアという飽和状態を生んでしまった。小売業の経費はそのほとんどが固定費。そのため数の飽和が生む坪効率の低下を、経費節減で完全にカバーすることはできない。

 売上が下がれば当然経費率が上がる。経費率が上がれば安く売ることはできない。消費者がもっとも期待する価格の魅力を提供できなくなり、さらなる業績減につながる。そうなると顧客のための投資や除却損が発生する不採算店舗の閉鎖もできなくなり、その先は倒産となる。そうしたなかで新た生まれるのは「よそ者・若者・変わり者」の企業、つまり門外漢の台頭である。

アマゾンというエイリアン

 売却をもう1つの目で見ると、見るとアマゾンを意識した投資戦略の転換だ。市場の飽和に加えて、オンラインストアの登場で、今や業態にかかわらず実店舗の閉鎖ラッシュである。いかにウォルマートといえども先の見えない西友の経営を悠長に続けることはできない。数千億円という損失覚悟で不採算という病巣を切らなければその先に待つのは緩慢な死だ。それを考えると数千億円の損失は悪くない投資でもある。

 ガレージを拠点に、オンラインによる書籍販売からスタートしたアマゾンは今や小売だけでなくクラウドなど複数の事業体を有する巨大企業だ。主業の小売ではオンラインという無店舗で今日の繁栄を手にしたにもかかわらず、ホールフーズの買収やアマゾンゴー、アマゾンフレッシュといったリアル店舗にも積極的に取り組む。ウォルマートにとってまさにエイリアンとの戦いだ。ある部分、アマゾンと同じ土俵に立たなければその戦いには勝てない。当然、投資も店舗建設以外にシフトすることになる。

(つづく)

【神戸 彲】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月06日 13:47

2022年以降の世界経済秩序~米中激突と日本の最終選択(7)NEW!

 『三島由紀夫氏は自決前夜(1970年11月24日)に、毎日新聞とNHKの記者に電話をかけ、「楯の会」事務所に明日午前8時30分にきて、関係者から封筒を受け取ってほし...

2021年05月06日 11:57

【IR福岡誘致開発特別連載36】バイデン政権と全国IRを含む日米経済安全保障NEW!

 先日、米国バイデン大統領は就任100日目にあたり、国民に向けて演説した。新型コロナウイルスのワクチン接種の実績や、440兆円規模の成長戦略を柱とする経済再生策を強調...

2021年05月06日 11:50

建設業界1-3月のM&A、10年で件数最多も金額伸びず~ストライク調べNEW!

 M&A仲介・ストライクは、1-3月の建設業界におけるM&A動向を集計した。同期間のM&A発表件数は17件で、1-3月としては2012年以降の10年間では19年(9件...

2021年05月06日 11:34

【福岡県】時短要請の対象を県内全域の事業者に拡大、福岡市・久留米市は午後8時までに変更、感染拡大防止協力金の支給額も調整NEW!

 福岡県は5日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、飲食店などに対する営業時間短縮の要請の範囲を6日から県内全域に変更することを発表した。期間は19日までで従来から変...

2021年05月06日 11:05

【久留米】AMED 医療ベンチャー「ボナック」のコロナ治療薬開発を支援NEW!

 バイオ医薬ベンチャー「ボナック」と福岡県が進めている次世代医薬「核酸医薬」による新型コロナ感染症治療薬の開発を、国立研究開発法人「日本医療研究開発機構」が支援事業に...

2021年05月06日 10:19

景品表示法の措置命令 20年度は41件、除菌・殺菌関連で多発NEW!

 消費者庁はこのほど、2020年度の景品表示法に基づく法的措置件数を取りまとめた。「措置命令」は国が33件、地方自治体が8件の合計41件。課徴金納付命令(国のみ)は1...

2021年05月06日 07:00

【特別対談】ピエトロ新工場を起点に、賑わい&活力を古賀市全域へ――(後)

 『この地区にある「古賀グリーンパーク」周辺ではもともと、道の駅の整備に向けての調査・検討を行ったうえで、19年8月末に道の駅の整備は行わないという決断をしました。と...

2021年05月06日 07:00

【熊本】暮らしに付加価値を、ミリーヴグループが提案する「よりよい住まい」

 『15年以上前になりますが、ミリーヴグループ(当時は明和グループ)各社が宅建業許可を取得し、不動産売買の仲介を行っていた時期があります。グループの中核企業である(株...

2021年05月06日 07:00

熊本トップクラスの管理戸数、豊かなまちづくりに貢献するコスギ不動産

 『私の叔父が不動産売買を目的に小杉不動産を創業したのが、当社の始まりです。その後、当時熊本県警に勤めていた父が退職後に合流し、法人化をはたしました。同時に、売買中心...

2021年05月06日 07:00

【熊本】城下町の面影残す中心市街地、九州第3位・熊本市の今昔――(5)

 戦後、熊本市では戦災復興計画基本方針に基づいて、恒久的復興計画を策定した。これは、都市機能の向上や衛生面および都市美の増進など、近代都市としての形態を整えながら急速...

pagetop