• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月04日 15:06

ドンキHD前社長逮捕~熱い思いが口をつくこともある

 このところ、競争激化で厳しい経営が続く小売業界で多くの話題を提供するドン・キホーテ運営会社の(株)ドンキホーテホールディングス(現・(株)パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス)の前社長である大原孝治容疑者が、金融商品取引法違反の取引推奨の疑いで東京地検特捜部に逮捕された。容疑の詳細については明らかにされていないが、知人に自社株の購入を勧めた容疑だとされる。

 2014年に改正金融取引法が導入される前は、自社の株購入を推奨するのは経営者や経営幹部にとってごく当たり前のことだった。とくにバブル崩壊後は「当社の株価は安すぎる。そう時をかけることなく必ず上がります」といった話を取引先の社長から聞くのは普通であった。だいたいのケースは話の通りの結果で、暴落した株を買う人はごく少数。株価を見る目が悲観的な時代であり、貴重かつ精度の高い投資情報としてビジネス会話では恒常的に行われていた。

 自社株購入を勧める彼らの心情は自らの会社の低すぎる評価への抗議と、我が社はこんなものではないという誇りがない混ぜになってのものだったのだろう。訪問や来訪の際の話題の端々に必ず出てきた。同時に新たな経営戦略を披瀝した後、自社株の購入を勧める話も少なくなかった。ところが改正取引法以降は、今回のように個人的な自社株の推薦は、経営幹部にとって極めて危険な行為。何の気なしに話した話題のなかで、相手がそれを参考に株を買い、利益を得たことを、また誰かに話したことで広がったことが捜査機関に流れることもなりかねないということである。そこに至る経緯がどうであれ、違法行為で不当に利益を得たことで逮捕されるという結果を招いたことが今回の事件にも垣間見える。

 そもそも一般投資家の利益保護の名のもとに施行された改正法だが、これまでさまざまなケースで違反が報じられてきた。経営者同士の間で事業戦略として取引を密にすることなどで、株の売買などについては、グレーゾーンの範囲で過去から行われており、今回はそれが事件となり、当事者がドン・キホーテの前経営者が摘発されたことで大きく取り上げられた。

 「情緒的」という我が国民性を表すのに良く使われる言葉がある。契約と法律でがんじがらめにし、それに基づいてすべてを処理する論理的な西欧に対して、思いやりと配慮、信用といった「緩い縛り」社会通念がビジネスとしても必要な要素とされ、それが常識としてまかり通る。企業ではコンプライアンス(法令遵守(コンプライアンス))が叫ばれるが、今回の事件も「情緒的」のもと、無意識に法の境界線をまたいでしまったのかもしれない。しかし今回の事件はメディアがすぐに実名を報道しなかったことに違和感が滲む。大原容疑者は容疑を否認しているが、業界の大物だけに時間をかけて耳目を集めており、一罰百戒を目論む検察の思惑が見える。

時代が変わる

 急成長を遂げたドン・キホーテ。曲がりくねった通路、圧縮付加というボリューム陳列。ユニークなレイアウト。さらにバラエティー番組で取り上げられるなど多くの話題を業界内外に提供してきた。業績も好調で業界アナリストの評価も高い。

 40年前の創業当時、「泥棒市場」といったネーミングでその特異性を強調し、比較的短期間で海外進出まではたし、年商も1兆円を超えた。今後の問題はその成長をどう維持管理するかということだろう。よく企業の寿命は30年といわれる。ドンキも経営者、顧客ともどもこの時期を過ぎた。時あたかもSNS全盛時代に入ろうとしている。SNSで情報を集め、オンラインでのモノの売り買いはもはや若者でなくても当たり前の時代だ。

 圧縮付加という消防署が眉をひそめるような陳列のなかで、若者はこれまで半ば宝探しをするように楽しんでいたが、今後もそれを続けるかは不明だ。いったん、オンラインへの変化が始まると顧客はあっという間に消えてしまうことにもなりかねない。さまざまな話題を提供しながら、ユニーという大手GMSを飲み込み、海外進出もはたしたドンキHD。ただ、オンラインへの取り組みで見ればもはや後発と位置付けられる。

 リアル密な商品、売り場、店舗レイアウト。新業態への進出。高度成長期のGMSを彷彿とさせるその手法が今後どんな展開を見せるのかは興味が尽きない。今回の事件が店舗というリアルに賭け、ネットを捨てたドンキの将来を暗示することにならないことを祈るばかりである。

(了)

【神戸 彲】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月25日 17:59

【立憲民主党/稲富修二】選挙で国民の支持を得るために何が必要かNEW!

 福岡2区選出で立憲民主党の稲富修二衆議院議員(50)が23日、データ・マックス本社でインタビューに応じ、次期総選挙に向けた抱負を語った...

2021年01月25日 16:30

【2/14】「令和」の考案者、中西進氏講演会を開催~太宰府市史跡指定100年記念NEW!

 太宰府市の大宰府跡、水城跡が国からの史跡指定を受けて本年で100周年を迎える。同市はそれを記念して、2月14に「令和」の考案者とされる中西進氏を招いて講演会を開催す...

2021年01月25日 16:16

自民党厚生労働部会が健康保険の法改正案を審査~後期高齢者給付を1,880億円削減NEW!

 自民党厚生労働部会は1月21日、全世代対応型の社会保障制度を構築するため、健康保険法などの一部を改正する法案の審査について議論を行った。給付は高齢者中心、負担は現役...

2021年01月25日 15:44

【基山町】トラスト不動産開発と連携し、子育て世代の移住・定住を促進。保育施設を完備したマンションを建設

 佐賀県基山町は25日、トラスト不動産開発(株)と「まちづくりに関する協定」を締結した。トラスト不動産が基山町において18年ぶりとなる分譲マンションを建築することを契...

2021年01月25日 15:06

【特別インタビュー】再分配機能の強化で貧困をなくす コロナ禍で「小さな政府」は終焉(前)

 『前の安倍政権も菅政権も、コロナ対応に関して失政続きだったと思います。冬になれば感染が拡大するのが明らかだったにも関わらず、ほとんど準備をしていなかったことなど、両...

2021年01月25日 15:00

ネットバブルの寵児、折口雅博氏の自伝『アイアンハート』を読む~逃避先の米国で、あのトランプ前大統領の知遇を得て再起!!(1)

 ネットバブルの寵児が戻ってきた。人材派遣大手グッドウィル・グループ(株)元会長・折口雅博氏が自伝『アイアンハート』を出版した。副題は「ゼロから12年で年商7,700...

2021年01月25日 14:00

シェア争いが激しい韓国フードデリバリー市場(前)

 韓国人の日常生活は、コロナ禍で変化を余儀なくされている。そのなかでも、飲食店利用の減少と在宅時間の増加により、食生活に大きな変化が起こり、フードデリバリーアプリ市場...

2021年01月25日 13:34

【特集】これでいいのか産廃処理(2) 「正直者が馬鹿を見る」中間処理業界

  安定型処分場で埋立できる産業廃棄物(産廃)は、“安定型5品目”と呼ばれる、「廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず、がれき類」など。廃...

2021年01月25日 13:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(7)

 ベストはなぜ負けたか。ヤマダ電機、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ、エディオンなどの競合量販店が九州に食指を伸ばした、デフレと不況で消費者の購買意欲が薄れた、そ...

菅義偉首相の致命的欠陥とは

 1月21日、英紙タイムズ電子版が、ある与党関係者の話として、政府が非公式に新型コロナウイルスの影響で東京五輪の開催を中止にする必要があると結論付けたと報じた。これに...

pagetop