2022年06月29日( 水 )
by データ・マックス

中小企業の良き経営パートナー 最高のサービスで地域社会に貢献

岡本綜合法律事務所

中小企業法務に強い法律事務所

 2006年10月開業の岡本綜合法律事務所。取り扱い業務分野は大きく分けて「企業法務」「不動産関係」「相続」の3つだ。

 第一に中小企業経営者のパートナーとして、企業法務に関して力を発揮している。企業を取り巻く問題として、労働関係では、同一労働同一賃金、ハラスメント、働き方改革関連法案など多くの改正が毎年のように行われており、企業としてもスピーディーで柔軟な対応が求められている。企業にとって、債権回収は非常に重要であり、回収が滞れば経営に大きな打撃を受ける場合もある。岡本弁護士は、金融機関やサービサーの顧問も務めており、債権回収に関する深い知識と経験を有している。

 企業にとって、債権回収や契約に関するトラブルを避けることは重要である。トラブル対応に追われ、前向きな事業活動に取り組めず業績が悪化していく会社もある。事業者が前向きに企業活動をできるよう、同事務所では、顧問先事業者などを対象に、契約書の作成・チェックや社内規定の整備、新規事業計画についてのリーガルチェック、トラブルが生じかけた段階での早期のアドバイスなどを通じて、トラブルを未然に防ぐことに手を貸してきた。

 第二に不動産関係においては、同事務所代表の岡本弁護士は債権回収に強いだけでなく、税理士・宅地建物取引士などの資格も有している。福岡県建設工事紛争審査会委員(会長)を務めた実績もあり、不動産、建設分野にも強いので、企業に対して適切な方法を提案でき、心強いパートナーとなることは間違いない。

 第三に、相続については、企業向けには事業承継に力を入れている。経営者の高齢化が進むなかで、中小企業における事業承継は重大かつ深刻な問題となっている。後継者を決めないまま経営者が他界して揉めるケースが多く見受けられる。生前に後継者が決まらない場合、中小企業であれば、事業をやめるか、会社を売却するかという選択を迫られる。

 事業承継にあたっては、生前贈与、相続・遺留分対策、相続税等の問題、借入金の保証の問題など各種の課題について、外部専門家と緊密に連携している。依頼案件についてほかの専門家を自身で探さなくても、同事務所を窓口として、ネットワークを活用できるサービスを提供している。

個人の相続の生前対策

 企業の事業承継においても相続が関係してくる場合があり、企業法務分野では事前予防(予防法務)に力を入れているが、個人分野でも唯一紛争の予防が可能な分野として相続の生前対策に注力している。

 人の死は避けられないことであるが、死後のことを深く考えていない方も多い。遺言を残していなければトラブルになるケースが多い。弁護士が個人向け分野で取り扱う交通事故・離婚・借金問題などは、トラブルが発生してから弁護士が関与する問題である。同様に相続に関しても、多くの弁護士はトラブルが発生してから依頼を受けることが多い。しかしながら、事前の対策でトラブルを予防できる数少ない分野が「相続」であるという考えから、20数年におよぶ弁護士経験を重ね、多くの相続トラブルを解決するなかで、蓄積した知見を基に、相続の生前対策のサービスを提供している。

 相続トラブルは、家族の間に大きな溝を生じさせるだけではなく、家族関係のなかで積み重なってきた小さな不満の数々が一気に噴出するので、感情的争いも激化し、家族関係が断裂する場合もある。また、相続紛争が長期化し、関係者が疲弊することもある。相続紛争(争族)が起こる原因は生前に対策を講じないことにある。誰もが、残された家族に争って欲しくないと考えるであろう。

依頼者の相談を聞く岡本弁護士
依頼者の相談を聞く岡本弁護士

 企業が事業承継や相続をめぐるトラブル対応に追われ、前向きな事業活動に取り組めず業績が悪化していく様子や、限られた人生のなかの数年をトラブルで疲弊していく個人の方を見る度に、「トラブルを事前に防げれば、この会社は前向きに事業に集中しもっと発展できたのに。この方はもっと自分の人生を楽しめたはずなのにという思いを抱かざるを得ません」と岡本弁護士は語る。このような想いから、企業法務分野では予防法務(紛争の予防)に力を入れ、個人の分野では、唯一実施できるのが相続の生前対策であるとの発想から、相続の生前業務に力を入れている。

 同事務所では「残された家族が故人の想いをしっかりと引き継ぎ円満な家族関係を維持できるように、親としてできる限り生前対策をしていただきたい」との思いから、相続の生前対策として、エンディングノートの作成、遺言書の作成、家族信託の組成など、弁護士としての専門知識を駆使してサポートをしている。

 相続の生前対策を啓蒙するために、同事務所では、定期的にセミナーを開催している。また、「相続・遺言サポートネット無料会員制度」により、気軽に相続や遺言の相談をできる環境も整えている。無料会員の特典は、(1)年間2回までの無料相続相談、(2)無料相続診断、(3)相続・遺言に関するニュースレターの定期送付、(4)相続遺言イベントの優先紹介、(5)相続に詳しい専門家の紹介、などだ。

 セミナーやニュースレターでは多くの事例を紹介しており、「亡くなってから弁護士に相談するのではなく、トラブルを防ぐために生前対策を行うこと」の重要性を訴えている。

 さらに、同事務所の相続生前対策サイトでは、遺言作成・家族信託・相続税対策など相続の生前対策に関する相談を受け付けている。同事務所では、新型コロナウイルス対策としてZOOMやTeamsなどを活用したオンラインによる打ち合わせなどを実施し、クラウドツールによる情報の共有化など働き方改革への対応や新型コロナウイルスなどの危機に際しても業務を遂行できる体制を構築している。企業の良き経営パートナーとして、また、相続の生前対策など個人の良き相談相手として、岡本綜合法律事務所は力を発揮するであろう。


<COMPANY INFORMATION>
代 表:岡本 成史
所在地:福岡市中央区天神3-3-5天神大産ビル6F
設 立:2006年10月
TEL:092-718-1580
URL:https://okamoto-law.com
    https://fukuoka-yuigon.com(相続生前対策サイト)


岡本 成史 氏<プロフィール>
岡本 成史
(おかもと しげふみ)
1971年生まれ。京都大学法学部卒。97年に弁護士登録。大阪・福岡の法律事務所に勤務の後、2006年、岡本綜合法律事務所を開設。(一社)相続診断協会パートナー事務所、(一社)日本不動産仲裁機構 法律委員。

関連キーワード

関連記事