• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月14日 17:51

コロナ禍でも今後に向けた協力を促進、九州-ベトナム関係の全面的な発展を(前)

駐福岡ベトナム社会主義共和国総領事 ヴー・ビン 氏

 九州には3万9,207人(法務省、2019年12月6日時点)と多くのベトナム人が居住し、身近な存在となってきている。20年には初となるベトナムLCCの九州路線就航やベトナム国会議長の九州訪問などが予定されていたが、新型コロナウイルスの影響でいずれも実現しなかった。コロナという逆風が吹き荒れるなか、ベトナムは九州との人的・経済交流を質的に発展させるために、IC・ICT商談会やベトナム人労働者の技能向上などに注力している。ヴー・ビン駐福岡総領事に話を聞いた。

(聞き手:(株)データ・マックス 取締役 緒方 克美)

コロナ禍でも協力関係を促進

 ――2020年を振り返って、総領事館としてどのような活動を行いましたか。

ヴー・ビン 氏
ヴー・ビン 氏

 ヴー・ビン氏(以下、ヴー) 20年を振り返る前に、当館設立10周年であった19年の取り組みを紹介させてもらいますと、10周年を記念して20件以上のイベントを開催しました。多くのイベントは19年9月に設立された在福岡ベトナム人協会と一緒に準備し、実施しました。20年1月にはベトナム旧正月のテト祭りを天神中央公園で開催し、成功裏に終わりました。1日のみの開催でしたが、延べ7,000人が来場し、ベトナム人が九州地域で開催したイベントとしては過去最大規模となりました。これらの成果は、ベトナム側および日本側の関係機関や個人の協力があって成し得たもので感謝しています。

 これら一連のイベントの成功を受けて、20年の目標として、従来の成果の基礎の上に活動を行えるように計画を立てていましたが、新型コロナウイルスの影響を受け、さまざまなイベントが中止または延期となりました。当館としても20年の活動の重点目標などを再確認、見直し、これまでに築いた関係を維持し、現在実行可能なことをできるだけ開催して、次の段階のために準備することを目標として再設定しました。

 政治面では、ベトナムと九州の間で多くの要人の訪問が予定されており、代表的なものはベトナム国会議長の3月の九州訪問であり、準備をすべて終えていたのですが、急遽中止となりました。自治体交流では、佐賀県など数県の知事のベトナム訪問を予定していましたが、実際に実現できたのは、年始の日程に企画された佐賀県知事のホーチミン市およびドンナイ省(同国南部)訪問と、八代市長のホーチミン市訪問のみでした。

 文化交流では、民間交流を促進するため、ベトナム文化省に働きかけ、20年に九州で文化交流の大規模なイベントを開催することで双方の合意を取り付けていましたが、残念ながらこのプログラムは中止を余儀なくされました。20年はベトナム独立75周年の年であり、現況の許される範囲でベトナム国慶節の記念式典を縮小した規模で開催したほか、在福岡ベトナム人協会の設立1周年の記念イベントを共同で開催しました。また、11月に「ベトナムスマイルフェア」を小規模ながら実施し、半日強で延べ800人が来場しました。

 ――経済面での交流はいかがですか。 

 ヴー 19年の日本―ベトナム間の貿易額は約400億米ドル、九州―ベトナム間では約36億米ドルでした。九州は日本の1割を占める地域であるとされ、九州―ベトナム関係も貿易、投資などの各分野を含め、日本―ベトナム間の友好・協力関係の1割を担うことを望んでおり、20年には貿易額が全体の1割に引き上げたいと考えていました。 

 そこで、20年には九州とベトナムの地方とのビジネスマッチングイベントを企画していました。九州国際経済推進機構が率いる経済ミッションの訪問団がハノイを3月に訪問し、当地で九州プロモーションセンターのオープニングセレモニーに参加するとともに、経済交流・貿易の促進活動を予定していましたが、中止となりました。4月に予定されていたベトナムの複数の地方の訪問団が九州を訪問するプログラム「VPR-2020」も、同様に中止となりました。 

 この状況下でも、両国の企業経営者、投資家、専門家などへの双方情報の発信、貿易促進をオンラインでできる限り行うこととしました。たとえば、福岡県商工部、JETRO福岡の協力を得て、福岡とベトナムの企業の間でIT、ICT分野の商談会を開催しました。これは、合理的な展開だと思います。なぜなら、デジタル化関連分野は両国の経済においてますます重要な役割を担うと思われるからです。

 ミートジャパン2020年(ベトナム外務省主催、在ベトナム日本大使館など共催、ハノイ)には福岡県の小川知事、長崎県の中村知事もビデオメッセージで挨拶をしてくれました。さらに、双方の貿易促進のため、日本商品のベトナムへの輸出の促進・拡大、逆にベトナムに強みがある商品、現在ではたとえばマスクや医療設備などをたくさん日本に輸出できるように尽力しました。

 これらのほか、20年にはベトジェットエアーが新規路線、ベトナム―鹿児島間の往復直行便の就航を計画しました。また、ベトナム航空がハノイおよびホーチミン―福岡間の路線を毎日直行往復へと増便する計画を立てるとともに、大きな機体の導入を予定していましたが、残念ながら、運行計画は現在に至るも停止されたままです。しかし、日本政府の合意を得て、チャーター便を鹿児島県からベトジェットエアーによる2便、福岡からベトナム航空による1便を在住で帰国困難となったベトナム人を迎えに行くため、飛ばすことができました。 

(つづく)

【文・構成:茅野 雅弘】


<プロフィール>
ヴー・ビン
(Mr. Vu Binh)
1961年生まれ。駐米国ベトナム大使館参事官、ベトナムユネスコ国家委員会副事務局長、駐ギリシャベトナム特命全権大使などを歴任。ベトナムの国家から「大使」の職位を与えられる。2019年5月、駐福岡総領事に着任した。英国ブラッドフォード大学大学院で国際開発修士号を取得。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月28日 17:38

大和力を、世界へ。コロナ禍のなかでアートにできること(3)NEW!

 『神獣さんは私が創作したものではなくて、たとえばお寺や神社にいけば狛犬や龍がいたりする。イタリアにいけば腕の生えた獅子がそのへんにいて、フランスにはガーゴイル(架空...

2021年01月28日 17:05

【縄文道通信第59号】縄文道は身体知~縄文道―武士道―未来道(前)NEW!

 日本の歴史の中で燦然と輝く、約1万4,000年の縄文時代の人々は狩猟、漁労、採集生活者であった。 生活のリズムは常に日の出から日の入りまで、太陽の光を浴びて自然の賜...

「コロナの真相とその先に潜むデータ覇権争いという新たな脅威」(1)NEW!

 菅総理は1月18日に召集された通常国会での施政方針演説で「安心を取り戻すため、新型コロナを1日も早く収束させる。闘いの最前線に立ち、難局を乗り越えていく決意だ」と力...

2021年01月28日 15:51

中洲の灯は絶えない(3)たくましく独自の工夫を凝らすNEW!

 福岡県への緊急事態宣言発出を受け、中洲の飲食店も営業時間を午後8時(酒類の提供は午後7時)までの時短営業としている。飲食店の苦境が伝えられる一方で、中洲の各店舗はラ...

2021年01月28日 15:35

ネットバブルの寵児、折口雅博氏の自伝『アイアンハート』を読む~逃避先の米国で、あのトランプ前大統領の知遇を得て再起!!(4)NEW!

  ネットバブルの寵児が戻ってきた。人材派遣大手グッドウィル・グループ(株)(以下、GWG)元会長・折口雅博氏が自伝『アイアンハート』(昭文社刊、税別定価1,500円...

2021年01月28日 15:15

長尾治療院・長尾良一氏のコロナ対策NEW!

 長尾良一は佐賀県唐津市の鍼灸院・長尾治療院の院長である。知る人ぞ知るその道の達人。肩書きに「日中特種鍼法研究会会長」とあるが、伊達ではない...

2021年01月28日 14:01

【IR福岡誘致特別連載21】市営地下鉄・西鉄・JRの直通相互乗り入れで年間99億円増収NEW!

 マスコミ各社は27日、かつてからの福岡都市圏計画の懸案事項である、福岡市営地下鉄箱崎線と西鉄貝塚線、貝塚駅における両者の相互乗り入れによる直通化(軌道幅はともに1,...

2021年01月28日 13:47

【長期連載】ベスト電器 消滅への道(13)半世紀生きるために同社のケースに学ぶNEW!

 ユニード、寿屋、そしてベスト電器。「九州の覇者から全国へ」という野望を抱き、事業拡大に走ったが、いずれも惨憺たる結果に。没落していく企業にはそれなりの理由がある。ベ...

2021年01月28日 13:00

巣ごもり消費で経常49%増 コスモス薬品11月中間

 コスモス薬品の2020年11月中間連結決算は、売上高が前年同期比12.0%増、経常利益49.1%増と増収大幅増益になった...

2021年01月28日 11:58

大島産業、4.2億円で清滝橋はく落対策工事を受注

 NEXCO西日本九州支社発注の「令和2年度九州自動車道清滝橋ほか12橋はく落対策工事(その2)」を(株)大島産業が4億2,921万円(税別)で受注した。同工事は随意...

pagetop