• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月22日 12:00

【佐賀県】進む、佐賀空港PR作戦 7月オープン目指す

 佐賀県が、九州佐賀国際空港(佐賀空港)をテーマにした「筑後佐賀エリアの発展を考えるセミナー」を福岡県大川市で企画するなど、同県筑後地方で集客対策を進めている。県営空港ならではの“小回り”の効いたアイデアはあるのか。ポストコロナをにらんだ模索が続く。

総事業費50億、佐賀県が負担して7月中のオープン

建物内のリニューアルと増築工事が進む佐賀空港旅客ターミナルビル。手前が増築部分=佐賀市川副町犬井道
建物内のリニューアルと増築工事が進む
佐賀空港旅客ターミナルビル。
手前が増築部分=佐賀市川副町犬井道

 佐賀空港は、県庁からほぼ真南の有明海方面に12kmほど行った佐賀市川副町犬井道に立地する。延長2,000mの滑走路が東西に走り、滑走路南端から最も海に近いところは50mほど。南にノリの養殖場が広がり、残る三方の背景は緑の佐賀平野。

 キャンバスが広く、“絵”を描きやすいのは確かだ。空港利用者のために第1駐車場から第5駐車場まであり、2,300台が同時に無料駐車できる。4月1日以降は一部有料化の予定だが、2,000台前後の無料駐車場を抱える空港はそうない。大型輸送機オスプレイ(V-22)が配備予定の陸上自衛隊佐賀駐屯地(仮称)が計画されるのも、この周辺環境からだろう。

 現在、利用者の増加で手狭になったとして、旅客ビルの増改築工事が進む。既存ビルは一部4階建てで国内線と国際線の併用。同ビル東側に3階建てビルを新築し、到着ロビーを確保して空港事務所と佐賀ターミナルビル(株)などが入る。既存ビルは売店や料飲店のコーナーなどを改装する。

 空港機能は、4バースの駐機場を5バースにする。同時に5機の駐機が可能になり、旅客の乗降や貨物の積み下ろしができる。旅客搭乗橋と固定橋も1基増やして各3基に。総事業費は駐車場の拡張を含め約50億円。佐賀県が全額負担し7月中のオープンを目指す。

ねらいは「福岡県民」の利用増

 セミナーは、有明海沿岸道路(通称・有沿道路)の延伸を生かし、佐賀空港の利用者増につなげる狙いだ。佐賀県が羽田線の旅客を対象に2020年にアンケートしたところ、利用者全体の33%は佐賀県在住者、次は福岡県在住者の10%だったという。同県空港課は「10%の大半は筑後地方。とくに有沿道路沿いに多い」と予測する。

 有沿道路は大牟田市と佐賀県鹿島市を半月状に結ぶ延長約55km、信号機のない自動車専用道路だ。3月14日に筑後川を跨ぐ大川市の大川東IC―大野島IC間の3.7kmが開通し、大牟田市―大川市間の27.5kmが直結する。

 この結果、国交省の試算では大牟田市の三池港と佐賀空港は平均時速60kmで走ることができ、約40分で結ばれるという。筑後地方の有沿道路沿線は大牟田、みやま、柳川、大川の5市で、約25万人が住む。沿線には工場や事業所が多く、貨物を含めて魅力的な市場だ。

佐賀空港周辺の西と北には広大な無料駐車場が広がる。同時に2,300台の車が駐車可能という=佐賀市川副町犬井道
佐賀空港周辺の西と北には広大な無料駐車場が広がる。
同時に2,300台の車が駐車可能という=佐賀市川副町犬井道

ライバルは長崎空港

 一方で佐賀空港を取り巻く視界は不透明さもある。22年10月には九州新幹線長崎ルート武雄温泉―長崎間が開業する見通し。長崎県の空の玄関口・長崎空港と新幹線・新大村駅は4.5km。佐賀県で新幹線駅ができる嬉野市や武雄市、隣接する伊万里市、有田町、鹿島市などでは長崎空港との「時間距離」の大幅な短縮が予想される。

 佐賀空港と佐賀県12市町、福岡県筑後地方7市町の計19市町との間には、佐賀県主導で格安のリムジンタクシーが運行され、利便性を高めている。一方、長崎空港の就航路線数や発着便数は佐賀空港を上回る。その差をリムジンタクシーでどこまで埋められるか。新たな試練が待ち受ける。

 同セミナーはコロナ感染状況を踏まえて19日の会場開催を見送って録画を撮影。参加を希望していた人には近く動画を配信するという。

【南里 秀之】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月07日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(2)

 日本の総広告費はGDPの拡大とともに年々増加の一途をたどり、今や7兆円に迫る規模に達している。電通は商業テレビがスタートした1953年以来、そうした日本の総広告費の...

2021年03月07日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(5)

 『別府市付近には、西日本を横断する断層帯である「中央構造線」に連なる断層帯がいくつもあります。大分県のホームページでは別府付近の断層を震源とする地震や南海トラフを震...

家族的な風土で社員の信頼関係を高め さらなる組織力強化を図る

 少子化に歯止めがかからないなか、政府は「働き方改革」を掲げ、IT活用による生産性の向上や労働環境の改善を促進。こうした取り組みによって離職率の低下と人材が確保できる...

2021年03月06日 08:00

極細1mmのふわふわ金糸モンブラン、太宰府天満宮参道で話題のソフトクリーム

 福岡の観光地・太宰府天満宮の参道にある金糸モンブラン専門店「香菓(かぐのこのみ)」が話題となっている。昨年12月25日のオープン以来3日間で1,000人を超える人気...

2021年03月06日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(1)

 圧倒的な力を背景に、長期にわたりマスコミを支配し続けてきた広告代理店・電通グループ。だが、「驕れるもの久しからず」。広告料不正請求事件や過労死事件に象徴されるように...

2021年03月06日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(4)

 『「構造特性係数(Ds)」とは、保有水平耐力計算においてその建物に必要とされる「必要保有水平耐力(Qun)」を求める際の係数であり、Dsの値が大きいほど、その建物に...

誠実・勤勉に仕事を全うし地場総合建設業の使命をはたす

 (株)末永工務店は地場総合建設業として、1957年4月の創業以来63年間、地元・福岡を中心に、数多くの実績と信頼を積み上げている。今日も現状に甘んじることなく研鑽を...

いつの時代も正直に まちづくりに貢献し続ける

 福岡県内トップクラスの総合建設業として、地域のまちづくりに貢献し続ける照栄建設(株)。1972年6月、前畑一人氏によって創業され、2代目の中村悦治氏、そして2017...

企画が強みのアメイズマンション 機会を捉え新規事業にも挑戦

 九州の地方都市では、実家から独立して持ち家を求める若者や、通院に便利なようにインフラが整った街中に住みたいと望む老夫婦が、「2つ目の住宅」としてマンションを購入する...

2021年03月05日 17:19

会計法人代表らを逮捕、1.8億円脱税の疑い(福岡地検)

 福岡地検は4日、法人税や消費税など約1億8,000万円を脱税したとして、法人税法違反などの疑いで、(株)会計法人SASパートナーズ(東京都渋谷区)の武藤貴弘・代表取...

pagetop