わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月21日 13:44

【佐賀】原材料が100%佐賀産ビールの『佐賀アームストロング醸造所』

 佐賀市諸富町に立地する千葉県のプラントメーカーが、100%佐賀県産ビール大麦を使う製麦工程併設のクラフトビール工場『佐賀アームストロング醸造所』の建設を進めている。6月初旬に酒類製造免許を取得、7月中旬ごろ、“佐賀の味や香り”を楽しめるエールビールを発売する。

 メーカーは、千葉県袖ケ浦市に本社を置く「コトブキテクレックス」。取引先の「味の素」が、微生物発酵によるグルタミン酸ソーダ(MSG)を九州工場(現・九州事業所)で生産を始めるのを機に、佐賀工場を1961年に建設。以来、MSG製造プラントの補修・点検を手がけ、醸造プラントメーカーとして発酵技術にも明るい。

ビールの熟成に欠かせない貯酒タンクも自社製=佐賀市諸富町徳富の『佐賀アームストロング醸造所』
ビールの熟成に欠かせない貯酒タンクも自社製=佐賀市諸富町徳富の『佐賀アームストロング醸造所』

 一方、ビールは1994年4月の酒税法改正で、製造免許の条件が年産2,000kl以上から60kl以上に緩和された。その土地の特産品などを活かす小規模ブルワリーが全国各地に現れて“地ビールブーム”が生まれた。半面、ブルワリーの乱立で玉石混交状態になってブームは衰退。九州も例外ではなかった。現在、クラフトビール事業者でつくる「全国地ビール醸造者協議会」(東京都港区)に入る九州内の会員は福岡3社、大分2社、宮崎3社、鹿児島1社。佐賀県では有田町の清酒メーカーが手がけるだけという。

 ただ佐賀県は、ビールなどの原料になる二条大麦の生産量で栃木県とトップを争う。コトブキテクレックスは1960年代、サントリーがビール事業に進出した際、タンクを製造の経験があった。

 「大麦生産が日本一の佐賀県で、自社の発酵技術とタンク製造技術を結び付けクラフトビールをつくる」。そう考えた同社の松本憲幸社長は、ビールの味や風味を左右する「麦芽(モルト)」も佐賀産大麦を採用した。国産麦芽は、輸入麦芽より3倍ほど割高になるため、クラフトビール醸造所で自社麦芽を使うのは全国でも数えるほど。

 醸造所の名前は、幕末の佐賀藩が製造した最新式大砲「アームストロング砲」から採った『佐賀アームストロング醸造所』。大麦は佐賀市の農業生産法人から調達する。

 大麦は水に浸し発芽させると酵素が発生する。加熱して発芽を止めて乾燥と焙煎を経て麦芽ができる。ここまでが製麦工程。次の醸造工程は、ミルで麦芽を砕き、マッシュタンで砕いた麦芽とお湯を混ぜて粥(かゆ)状にしてろ過、麦汁をつくる。麦汁を煮沸してホップを入れ、冷却後、発酵タンクに移して酵母を投入。発酵で糖がアルコールと炭酸ガスに分解される。その後、貯酒タンクに移して低温下で熟成、ビールができる。同社ヘッドブルワーの伊藤謙二氏によると、発酵タンクは酵母の働きを良くするため国内では採用例が珍しい開放式タンクを導入。コクや香り、味が出やすいようにした。

100%佐賀県産大麦によるビール製造工程で使われる仕込タンク(左はマッシュタン、右はタンク)
100%佐賀県産大麦によるビール製造工程で使われる仕込タンク(左はマッシュタン、右はタンク)

 仕込み1回(1バッチ)分のビール生産量は約500l(350ml缶で約1,400本分)。「生産するビールは、大麦モルトの力強い風味や味わいを生かしたペールエールや、小麦モルトを使った華やかな風味のヴァイツェンなどが中心になります」と伊藤氏。まず、佐賀県内の飲食店や酒販店、百貨店、ギフトショップなどに卸すという。

 伊藤氏は「佐賀産ビール麦でつくった自社製モルトによる佐賀県ならではのクラフトビール。アームストロング砲のような先進技術とモノづくりへの情熱が詰まっています」と胸を張る。

【南里 秀之】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月09日 07:00

知的に自立した若者を育てよ〜教育現場からの報告と提言(4)

 近年拡大の一途をたどる「指定校推薦」制度は、若者らのそうした傾向を助長するのみならず、学生らのうちに要らぬ分断さえ生み出している。大学が特定の高校と協定を結び、その...

2021年05月09日 07:00

【コロナで明暗企業(6)】日本製鉄と日立製作所~企業城下町の栄枯盛衰(中)

 日本製鉄は茨城県鹿嶋市の東日本製鉄所鹿島地区にある高炉1基の休止を決めた。鹿島地区は旧住友金属工業の基幹拠点である。住友金属工業が製鉄所を開いた1960年代以降、鹿...

2021年05月08日 07:00

知的に自立した若者を育てよ〜教育現場からの報告と提言(3)

 このような調子でこれまでどうやって入試や定期試験をクリアしてきたのか、と学生に率直な質問をぶつけてみたことがある。そのとき、ある学生の一群(私立大)は、それは誇らし...

2021年05月08日 07:00

被災地復興や新型コロナ禍への対応 高まる業界団体としての存在感(後)

 『具体的な要望としては、軽油引取税についてですね。軽油は一般的にディーゼルエンジンなどに利用されて軽油引取税がかかりますが、最終処分場で使う重機については減免されて...

2021年05月07日 18:56

【成り行き注目】(株)九設(大分)/電気設備工事ほか

 同社は、5月6日付の決済が不調に終わったことが判明した。

2021年05月07日 17:59

芝浦グループ 建築中の新本社ビルを公開

 芝浦グループホールディングス(株)は、45周年となる2022年に向けて、福岡市中央区に新本社ビルを建設している。これまで同グループが施工してきた物件のなかでも最大級...

2021年05月07日 17:52

掲載予告~山口FGの吉村猛社長に対する「内部告発状」が当社に届く

 当社児玉社長と浜崎裕治顧問宛てに、山口銀行の元行員から4月30日付で山口FGの吉村猛社長に対する「内部告発状」が送付されてきた。詳細については来週月曜日から掲載する...

2021年05月07日 17:45

【5/30まで】国際政治経済学者・浜田和幸氏の「創作漢字書展」が開催中

 メルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏の「創作漢字書展」が東京・銀座...

2021年05月07日 17:38

イーロン・マスク氏が先導役を務めるBMIビジネスの最先端事情

 世界を騒がすことに関しては天才的な能力を発揮するのがイーロン・マスク氏である。確かに、電気自動車の「テスラ」から宇宙ロケットの「スペースX」の開発などを通じて世間を...

2021年05月07日 17:24

被災地復興や新型コロナ禍への対応 高まる業界団体としての存在感(前)

 産業廃棄物を適正処理することは生活環境の保全と国民経済の発展を図るために不可欠なうえ、近年は大規模災害の多発などで被災地における災害系廃棄物の処理も大きな社会問題と...

pagetop