2022年01月27日( 木 )
by データ・マックス

九大と丸紅、医療・ヘルスケア分野などで協定締結

 九州大学と丸紅(株)は「医療・ヘルスケア」「新技術・新素材」などの分野で「連携・協力の推進に関する基本協定書」を締結した。

 両者は2019年9月に「医療・ヘルスケア」分野を対象とした海外事業展開の包括的戦略提携で覚書を締結。今回の協定により、同分野の提携の枠組みを拡大するとともに、「新技術・新素材」「エネルギー・環境」「情報・不動産」の各分野でも連携する。

 「医療・ヘルスケア」では、海外病院へのDoctor to Doctor型遠隔医療の支援、海外邦人に対する感染症関連情報の共有。「新技術・新素材」では、九州大学による新技術・新素材の目利きや事業機会の探索、コンサルティング支援を行う。「エネルギー・環境」は、エネルギービジネスの高付加価値化、電力・分散型電源の共同事業を通じた産業育成の追求など。「情報・不動産」については、先進的な5G対応遠隔コミュニケーションソリューションの共同開発を行う。

【木村 祐作】

関連記事