• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年06月01日 10:45

糸島フリークスこだわりの一品を集約、Freaks & Co. ITOSHIMA

コロナ禍だからこそ新しい挑戦を

Freaks&Co. ITOSHIMA 糸島の明太子メーカー、(株)やますえは、福岡屈指の百貨店「大丸福岡天神店」東館地下2階に食材店「Freaks & Co. ITOSHIMA(フリークスアンドコーイトシマ、以下、フリークス&コー)」をオープンした。

 これまでも直売店の運営を手がけてきた同社だが、フリークス&コーでは自社商品の販売にとどまらず、糸島の生産農家がこだわりぬいて育てた野菜や、糸島在住のアーティストの手による創作品の販売も実施。毎朝畑から直送される新鮮な糸島野菜をはじめ、糸島生まれのお洒落なクラフト作品などが福岡都心部で手に入る利便性の高さもあり、老若男女問わず、連日多くの人が足を運んでいる。

フリークス&コーだから手に入る逸品多数
フリークス&コーだから手に入る逸品多数

 今後は、生産者と消費者が一体となってつくり上げていく、「“おもしろい”八百屋さん」として、商品販売だけではなく、これからの地方創生モデルや、ライフスタイルに関する情報提供も合わせて行っていく方針だ。

 同店の運営を手がける、やますえの馬場孝志代表は「コロナ禍だからこそ、新しいことに挑戦する必要があると考えていました。また、さまざまな土地から糸島にやって来られた生産者の皆さんと交流する機会を設け、お話を聞くなかで、自分に何かできることはないかと模索している状況でもありました。出店に際しては、販売員の皆さんに直接糸島の生産者のもとへ出向いていただき、特徴などを学んでいただきました。週末には私自身も店頭に立っています」と、コロナ禍での出店を決断した背景や、店づくりへのこだわりを話す。

糸島の食の総合商社として飛躍

 やますえが目指しているのは、豊かな自然のなかで育まれた糸島の幸を、生産者の思いや、そのこだわりとともに広く市内外に届ける糸島の「食の総合商社」だ。

 東京や大阪などの大都市圏でも知られる糸島ブランドだが、糸島の農畜産物や生鮮食品の特徴、生産者がどのような創意工夫を凝らし、どのような思いをもって日々作業に取り組んでいるのかという背景(ドラマ)の部分はまだ十分に伝わっていない。情報発信拠点でもあるフリークス&コーは、その一役を担える生産者と消費者の交流拠点であり、やますえが食の総合商社としてさらに飛躍するための、試金石でもあるのだ。

Freaks&Co. ITOSHIMA

<SHOP INFORMATION>
Freaks&Co. ITOSHIMA

所在地 :大丸福岡天神店東館地下2階(福岡市中央区天神1丁目4-1)
営業時間:午前10時~午後8時
電話番号:0120-135-788
定休日 :年中無休

【代 源太朗】

関連キーワード:糸島  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop