• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年08月03日 09:30

6月既存店 イズミ10.3%減、イオン九州4.9%減 客足の戻りにブレーキ

 総合スーパー(GMS)2社の6月既存店売上高は、前年同月比でイズミが10.3%減、イオン九州は4.9%減と不振だった。イオン九州の食品スーパー・ディスカウントストアは3.1%増だった。

 イズミ、イオン九州GMSともマイナスは4カ月ぶり。昨年6月が政府の10万円給付の恩恵で増収だった反動に加え、イズミはテナントの一部が時短や土日営業を休止したのが響いた。ワクチン注射は進んでいるものの、首都圏での感染者増加が心理的に影響し外出自粛につながっていると見られる。

※この記事は有料記事です。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1週間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop