2022年08月10日( 水 )
by データ・マックス

美と健康を追求しつつ、循環型社会も構築

(株)デキャンタージュ 代表取締役
小林 由紀 氏

美しい⽯けんで美容と健康を⼈々に

(株)デキャンタージュ 
代表取締役 小林 由紀 氏

    ⽯けんやエッセンシャルオイルなど、美容と健康に良いコスメ製品の企画・製造・販売で注目を集める(株)デキャンタージュ。完全無添加・⾼保湿⼒の美容洗顔⽯けん「バースデーストーンソープ」は同社代表の⼩林由紀⽒に2017年、全国商⼯会議所⼥性会連合会主催の「⼥性起業家⼤賞」優秀賞の栄冠をもたらすきっかけとなった。今後はハンドクリームをはじめとするオリジナル化粧品をOEM⽣産し、⼩ロット対応できるかたちで販売していくことを決定しており、より豊かなラインナップとなる。

⽯けんを芸術の域に〜「国産フラワーソープ」

 ⼩林⽒の審美眼は、⽯けんのアートとしての価値も⾒出した。すなわち、⽯けんを花の形に造形してつくる「国産フラワーソープ」である。同社では独⾃技術で⽯鹸粘⼟を開発。これをこねて、花びらの1つひとつを成形、1つの作品をつくり上げていく。作者の⼿によって変化するため、同じものは存在しない。また、⽯鹸粘⼟に使われる材料も、その⽣産もすべて「九州」にこだわっている。国内でこのような国産フラワーソープをつくっているのは同社だけである。⽣花には求め得ない持続性と芸術性とを兼ね備えたこれは、インテリア雑貨やプレゼントとして重宝されるのはもちろん、⻄鉄グランドホテルのスイートルームなどホテルの⾼級客室にも導⼊されている。

すべての人が活躍できる社会を願って

国産フラワーソープ

    ⼩林⽒は⽇本フラワーソープ協会(JFSA)の代表も務めている。フラワーソープアーティストがつくる作品を品質と芸術性の観点から審査し、しかるべき⽔準にある作品を買い取る活動を⾏っている団体だ。買い取られた作品は、⼩林⽒がこれまでの事業で培ってきたネットワークなどを通じて販売される。注目すべきは、このサイクルが⼈々の多様な⽣活様式と働き⽅に寄り添い、活躍の機会を創出していることである。

 フラワーソープの製作はすべて在宅で⾏うことができ、その講習も対⾯式に加え配信動画での受講を可能とした。こうすることで、この芸術的創作の魅⼒を多くの⼈々に伝えられるのみならず、すべての⼈々に、スキル獲得の機会と働く場、なにより社会で価値を⽣み出すことの喜びを与えることができる。

 22年はレンタル事業に⼒を⼊れたいと⼩林⽒は話す。協会で買い取った花をアレンジし、ユーザーに貸し出す。月単位で新たなフラワーソープと交換することができるため、季節に合わせた花を楽しむことができる。これらの事業によって需要と供給の輪を広げ、循環型社会の実現に寄与している同社。今後、どんな新たな地平を切り拓いてくれるのか、期待がふくらむ。


<COMPANY INFORMATION>
代 表:小林 由紀
所在地:福岡市中央区今泉1-2-30
設 立:2013年7月
資本金:500万円
TEL:092-791-2577
URL:https://birthdaystone.jp/


<プロフィール>
小林 由紀
(こばやし ゆき)
独学でマイクロソフト認定の資格を取得し、OLからパソコンスクールの講師に転身。その後、3Dグラフィックスソフト開発やメーカーのシステム開発の業務を経て、2013年7月、システム開発・スマートフォンアプリ開発を手がける(株)デキャンタージュを設立。17年に誕生月で選べる1枚使い切りの無添加石けん「バースデーストーンソープ」の考案で全国商工会議所女性会連合会の「第16回女性起業家大賞」スタートアップ部門の優秀賞を受賞。

関連記事