2024年06月23日( 日 )

進行する天神ビッグバン&博多コネクティッド(2)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 今号で「I・Bまちづくり」は第50号を迎えた。本紙ではこれまでに、福岡都市圏をはじめとした各エリア・各都市の開発動向やまちづくり施策などについて数多く取り上げてきたが、なかでも2017年2月末発刊の創刊号から折に触れて継続的に取り上げてきたのが、天神ビッグバンおよび博多コネクティッドなどの福岡都心部における再開発プロジェクトだ。今回、本誌第50号の節目に、これらの再開発プロジェクトを改めて振り返るとともに、現在の進捗状況などを見ていきたい。

天神ビッグバン

住生福岡ビル・西通りBC

 明治通りの天神西交差点に面した天神2丁目南ブロックでは、住友生命保険相互会社(以下、住友生命)と福岡地所が「(仮称)住友生命福岡ビル・西通りビジネスセンター建替計画」を進めている。

(仮称)住友生命福岡ビル・西通りビジネスセンター建替計画パース
(仮称)住友生命福岡ビル・西通りビジネスセンター
建替計画パース

 同プロジェクトは、住友生命福岡ビル(所有:住友生命)と天神西通りビジネスセンター(所有:福岡地所)の2棟を建て替えて一体開発するもので、約2,820m2の敷地に、高さ約113mの地上24階・地下2階建て、延床面積約4万2,000m2の店舗付オフィスビルを新設するもの。新ビルは、屈曲した道路の正面に、テナントが自由に使えるバルコニーを各フロアに設置。地上広場と2階の大きなテラス、バルコニーと人々の活動の賑わいがビルの表情となり、活気にあふれる街である天神の西の象徴としてふさわしい景観を形成するほか、足元部分には明治通りに沿って帯状に緑を設け、歩行者に潤いを提供する。また、基準階の事務室から直接出入りできるバルコニーのほか、オープンエアー空間の整備や非接触エレベーターの導入など、福岡市が進める「感染症対応シティ」の実現にも寄与。さらに、ECMコンクリートの採用などで環境負荷の低減にも貢献するほか、敷地北西の地上広場にはアートの設置を計画し、市の進める「Fukuoka Art Next」の取り組みにも寄与する。

(仮称)住友生命福岡ビル・西通りビジネスセンター建替計画
(仮称)住友生命福岡ビル・西通りビジネスセンター
建替計画

 同プロジェクトの事業主は住友生命と福岡地所の2社で、設計は(株)日建設計と(株)竹中工務店が担当し、施工は竹中工務店となる予定。22年6月には天神BBBの適用を受けており、25年5月の竣工を目指している。

天神一丁目北14番街区ビル

 日本生命保険相互会社(以下、日本生命)と積水ハウス(株)が共同で進めているのが、昭和通り沿いの「福岡三栄ビル」(所有:積水ハウス)と、その南側に隣接する明治通り沿いの「日本生命福岡ビル」(所有:日本生命)の2棟のビルを解体して一体開発を行う「(仮称)天神一丁目北14番街区ビル」だ。

天神一丁目北14番街区ビル
天神一丁目北14番街区ビル

 約3,050m2の敷地に地上18階・塔屋2階・地下2階建ての高さ約88mのビルを建てる計画で、主にオフィスや店舗が入居する予定。福岡市が進める「感染症対応シティ」の実現に向けて、オフィスの自然換気システムの導入をはじめとしたポストコロナ対応の安全・安心なビルにしていく。また、近隣にある福岡市赤煉瓦文化館や天神地下街のような、重厚で風格のある佇まいを次世代に継承する外観デザインを採用。地下鉄コンコースに接続する明治通り側の地上地下立体広場や、昭和通り側の地上広場には、ランドマークとなる壁面緑化や赤煉瓦文化館をモチーフとしたクラシカルな化粧壁、高さ8m以上のシンボルツリー、デザイン性の高いベンチなどを配置し、憩いや風格のある広場空間を創出していくとしている。さらに、明治通りから昭和通りをつなぐ新たな都市計画道路天神通線と一体となった幅員8mのゆとりあるプロムナード(歩行者空間)を形成するほか、地上から地下までつながる壁面緑化を配置。緑と相性の良いレンガ積の列柱やプロムナードに面したカフェ、ベンチの配置などにより、来街者やオフィスワーカーが憩い、楽しめる空間を創出する。

 同ビルの設計は(株)久米設計が担当し、施工は(株)大林組が担当する予定。21年12月に天神BBBの適用を受けており、竣工は25年3月を予定している。

【坂田 憲治】

(1)

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事