• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月12日 11:12

自民元幹事長ら5氏が安保法制反対の声明発表へ

hinomaru 自民党元幹事長ら5氏が安保法制に反対する声明を6月12日発表する。山崎拓、亀井静香、武村正義、藤井裕久、古賀誠の各氏が東京の日本記者クラブで、同日午後1時から会見する。安保法制をめぐって、憲法審査会で自民党の推薦を含む憲法学者3人が全員、憲法違反と指摘し、違憲立法の疑いが強まっている。合憲性が揺らぐなか、自民党元幹事長ら、戦後政治の中心を担ってきた政治家5氏が反対を表明することで、法案への「重要影響」は避けがたい。法案を強行すれば、安倍政権そのものが「重要影響事態」から「存立危機事態」に陥る可能性大だ。

 山崎氏は、中曽根康弘首相の官房副長官や、防衛庁長官、自民党安全保障調査会長、外交調査会長を務めた外交・安全保障政策の分野の重鎮で、テロ対策特措法やイラク特措法の成立に深く関わってきた。同氏は、NETIB-NEWSの独占インタビューでも、昨年7月の閣議決定と新たな安保法制が集団的自衛権行使を容認して専守防衛から他国防衛ヘ大転換することを批判する立場を明らかにしていた。

 安保政策、外交政策をはじめ政権与党の中心として政権運営に深く関わってきた政治家5氏が反対を表明するに至ったことで、安倍政権が成立を目指す安保法制に対する、歴代政権の政策との一貫性・安定性、必要性への疑問は深まる。

 また、今回10本の法律改正と新法制定を一括して1回の国会で成立させようとする強引な手法の見直しが求められる。今回の改正案に含まれるPKO法が成立した際には、2国会約190時間をかけて審議した。法案1つでも、1国会かけて当然の重要法案を、11本まとめて、短期間で成立させるのは無理がある。それが、安倍首相の訪米で、夏までに整備するという約束を守るためだとすれば、本末転倒だ。
 ましてや、安倍1強、自民1強と言うが、有権者の絶対得票率で比べれば、70年代の方が高かった。国会の議席数では多数でも、国民多数の支持を得られないまま、国の根幹となる方針を大転換するのに慎重審議を欠くならば、国民主権ではなく国会議員主権の思い上がりだ。

 今後も、憲法学者3人の違憲発言に続き、平和を守るための「切れ目のない」対応が広がるのか。
 まずは、12日午後1時の自民党元幹事長ら5氏の共同会見の内容が注目される。

【山本 弘之】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

販路拡大と従業員教育に注力し 次世代にレールを繋ぐ

 ビルやマンション建設の要となる鉄筋コンクリート。そのコンクリートのなかにある鉄筋の部材を繋ぐ、いわゆる「継手」を専門として請け負うのが(株)アクティスだ…

時代の荒波を乗り越えるためホールディングス制導入

 2020年1月、福岡市中央卸売市場の鮮魚市場で仲買を営む(株)アキラ水産は、新たに(株)アキラホールディングスを設立し、持株会社体制へと舵を切った…

資産税の「フロントランナー」 さらなる高みを目指して

 (税)アイユーコンサルティングは、全国的にも数少ない資産税案件を専門としたコンサルティング型(税)で、全国でもトップクラスの実績を誇っている(2019年度実績:47...

入居者目線とオーナー満足度を高めるアパートづくりで全国展開

 昨今のコロナ禍において、会社経営者やサラリーマンなどから投資対象として一際関心が高まっている、賃貸アパートの経営。家賃収入で資産を増やしていくアパート経営では、いか...

2020年11月27日 16:41

クイーンズヒル田原司氏の人となり

 当サイトで複数回にわたり発信している、名門の「クイーンズヒルゴルフクラブ」の運営会社・(株)ザ・クイーンズヒルゴルフ場をめぐる騒動。元理事6名の発起により「クイーン...

2020年11月27日 16:34

九経連などが「ベトナムスマイルフェア」を実施

 27日、渡辺通り電気ビルにて「ベトナムスマイルフェア~がんばろう!! ベトナム留学生応援企画~」が開催された...

2020年11月27日 16:24

三井不動産、東京ドームにTOB実施か

 三井不動産が東京ドームに対して株式公開買い付け(TOB)を行おうとしていることがわかった。買収総額は1,000億円規模になるとみられている...

2020年11月27日 16:15

1人ひとりが社会を動かすプレーヤーに 市民社会への変容が世界を変える(前)

 「ソーシャル」というキーワードをこれほど耳にした年はなかったのではないだろうか。しかし、今回は一世を風靡した「ソーシャルディスタンス」ではなく、本来の意味での「ソー...

2020年11月27日 15:04

負けを認めないトランプ大統領に見る精神的若さの可能性と限界(3)

 しかも、そんな“アンチ・エイジング社会”アメリカで今、新たな進化が見られるようになった。何かといえば、「リバース・エイジング」という発想法である...

2020年11月27日 14:40

『脊振の自然に魅せられて』すばらしい脊振の紅葉(2)

 山の季刊誌『のぼろ』の記者から、「池田さん、脊振山系で一番紅葉のきれいな所はどこですか」と電話が入った。来年の『のぼろ』の秋号の紅葉特集は、脊振にするという...

pagetop