2022年01月24日( 月 )
by データ・マックス

くまモン、台湾総領事館をサプライズ訪問

kumamon 熊本県の人気キャラクター「くまモン」が10日、福岡の台湾総領事館にあたる台北駐福岡経済文化弁事処を「サプライズ」で表敬訪問した。くまモンが弁事処のドアから入ると、知らされていなかった関係者からは驚きと大きな歓声が上がった。

 戎義俊総領事にも「くまモン訪問」は知らされておらず、突然のサプライズに、大きな笑みで歓迎の意を示した。戎総領事とくまモンは名刺を交換。くまモンのアシスタントの女性が「『営業部長代理』のくまモンです」と紹介すると、戎処長は「降格しましたか?頑張って、また『昇級』してください」と返し、関係者らの笑いを誘った。訪問隊には、熊本県福岡事務所の岡村郷司所長と、西川明之所長代理も同行。岡村所長は「日頃の感謝のお礼に参りました」とあいさつした。

 戎処長は、くまモンや訪問隊に、弁事処のスタッフを紹介。そして、「17日に熊本の蒲島知事がチャイナエアライン主催の『グルメ祭り』に参加するため、台湾を訪問される。チャイナエアラインや亜東関係協会の関係者と一席を設けることになると思う」と報告し、「今日はわざわざ熊本からお越しいただき感謝している。今後も、熊本のPRに頑張っていただき、さらには、台湾と熊本との交流強化にも尽力して欲しい」とエールを送った。

 熊本県と熊本市は協同で、高雄市をはじめとする台湾自治体と友好関係を持ち、蒲島郁夫知事も頻繁に往来している。熊本では、アジア戦略の拠点に「台湾」を位置づけており、交流を強化することによって、観光や経済面での更なる交流を図りたい考えだ。一方、台北駐福岡経済文化弁事処も、福岡のみならず、九州・山口の受け皿として機能しており、今後も九州と台湾の交流の中心としての役割に注力していく。

【杉本 尚丈】

 

関連記事