• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月15日 11:14

木桶の乳酸菌がおいしい高菜漬けを生む

坂本食品工業

昔ながらの製法を守り続けて

takana0 1896年創業の坂本食品工業は、みやま市瀬高町にある高菜漬けの老舗だ。3代目の坂本昌徳代表は、今年79歳だが、年齢を感じさせない若々しさがある。「おいしい!」と言ってくれる消費者の言葉が、元気の源だという。

 同社の高菜漬け工場には、地中に埋め込まれた43の六尺桶が整然と並ぶ。酒蔵や醤油蔵から譲りうけた木桶は年代物で、なかには80年以上使われている物もある。地中に埋め込むことで桶内の温度が一定に保たれ、発酵が促進するという...(⇒つづきを読む)

流通情報サイトこちら >>

 流通情報サイトでは流通業界に関する情報を一括閲覧できるようにしております。

<日刊マックス流通のご案内>

 日刊マックス流通は沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「日刊マックス流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop