2022年06月27日( 月 )
by データ・マックス

従業員教育ゼロの「WITH THE STYLE」

withthestyle ある年配の経営者から「ほら、あの博多駅南に人気の結婚式場があるだろう!!あそこで25人くらいの会食したい」と命令を受けた。
 「そこは、WITH THE STYLE(ウィズ ザ スタイル)という店です。では、1人1万円で食べ放題、飲み放題のコースを取ります」と応えた。すると「あっそう、そういう名前だったようだな。頼むよ」と最終申し渡しを受けたのである。そこで電話で予約を入れ、一度打ち合わせに行った。

 この『WITH THE STYLE』というのは、法人名では(株)Plan・Do・See(本社:東京都千代田区)という。ここ3期の数字を添付しているが、業績は絶好調である。ところが、現場では逆さまなことばかりである。

 当日の幹事方は、スタート30分前に集まった。準備ができていないということで、喫茶室に待機した。「ビール」と注文したところ、「別料金が要ります」と返事があった。「では飲み放題コースに含んでくれと頼む」と切り返した。アルバイトか社員か不明な若い女性が、慇懃無礼に「少々、お待ちください」と答えた。
 5分が経過し、「注文されますと、ここから2時間コースの始まりです」という連れない回答が返された。頭にきて、「もう結構だ」と断った。

 また5分が過ぎた。今度は、ドレスを着た30歳前後の女性がやって来た。少しは見識のある女性と直感した。この女性が「コース時間には含みませんから、ご注文をどうぞ!!」と催促する。「では、生ビール3杯」と注文した。
 だが、10分待てども来ない。この女性が述べたことは、「生ビールは飲み放題のコースに入っていません」と冷淡な切り返しをしてきた。「貴女を責任ある立場にある方と見受けるが、メニューの中味がわからないのか。呆れた」――と皮肉を投げ返した。

 まー、従業員教育ゼロの店である。呆れてしまう。

hyou1

【青木 義彦】

 

関連キーワード

関連記事