2024年04月16日( 火 )

福岡県、インターネット販売の健康食品から医薬品成分を検出

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 福岡県は21日、健康食品の買い上げ検査を行ったところ、1品目から医薬品成分が検出されたと発表した。

 県はインターネット販売業者から、痩身効果を目的とした8品目、強壮を目的とした7品目の計15品目の健康食品を購入して検査を実施。その結果、ショップ名「Kenko salon Mint」(静岡県富士市)が販売した「VITA Max doubleshot honey」から、医薬品成分のタダラフィルが検出された。

「VITA Max doubleshot honey」(福岡県の発表資料より)
「VITA Max doubleshot honey」(福岡県の発表資料より)

 タダラフィルは、国内で勃起不全や肺動脈性肺高血圧症などの治療薬として承認済み。潮紅、消化不良、頭痛などの副作用が報告されている。

 同製品の製造者は不明(マレーシア)。内容量は20g×10袋、購入価格は1万450円。医薬品医療機器等法(薬機法)に違反することから、県は販売業者を管轄する静岡県に通報するとともに、厚生労働省に情報を提供した。

 現時点では、同製品の摂取による健康被害は報告されていないという。県は購入者に向けて、直ちに摂取を中止し、摂取後に身体に異常が出た場合は医療機関を受診するように呼びかけている。

【木村 祐作】

法人名

関連キーワード

関連記事