2024年05月20日( 月 )

古賀駅東口開発構想の一環、リーパスプラザこがの市場調査実施

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 古賀市は、交流館・中央公民館・図書館・歴史資料館が併設されている生涯学習施設「リーパスプラザこが」のリニューアルにともなう、サウンディング型市場調査を実施する。

 現地説明会の参加申込締切は2月16日(木)、個別対話(1回目)の参加申込締切は3月10日(金)となっている。

 市では現在、JR古賀駅東口周辺地区開発構想に基づき、対象エリアにおける新たなにぎわい空間の創出を検討しており、リーパスプラザこがもその一環として、リニューアルに向けた取り組みを開始。市民サービスのいっそうの向上を目指し、民間事業者の多種多様な意見・アイデアを収集する目的で、今回のサウンディング型市場調査を実施することとなった。

 また、意見やアイデアに加えて、具体的な事業内容・条件、事業スキームに関する意見や要望も受け付ける。


上:事業対象地 古賀市公表資料より
下:リーパスプラザこが

 リーパスプラザこが(古賀市中央2-13-1)の敷地面積は27,996m2。都市計画法上の位置付けは、第一種住宅地域で、建ぺい率60%、容積率200%。リーパスプラザこが内の施設概要は下表の通り。

施設概要 古賀市公表資料より
施設概要 古賀市公表資料より

 今後のスケジュールとして、6月下旬に個別対話(2回目)の参加申込を受け付け、8月下旬頃に同個別対話を実施。10月下旬頃に、サウンディング結果の公表を予定している。

<問い合わせ先>
古賀市・生涯学習推進課
社会教育振興係
TEL:092-942-1347
▼その他詳細はコチラ
リーパスプラザこがリニューアルに伴うサウンディング型市場調査について(古賀市)

【代 源太朗】

法人名

関連記事