• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月08日 14:06

デザインで生み出す防犯効果 実践的指導と都市公園の賑わいづくり(1)

福岡大学工学部社会デザイン工学科
景観まちづくり研究室 教授
柴田 久 氏

 2014年「グッドデザイン賞」、15年「第26回福岡市都市景観賞」大賞を受賞した福岡を代表する都市公園「警固公園」。この素晴らしいデザインをかたちにしたのが、福岡大学工学部教授の柴田久氏。そして、当時の教え子たちだ。単なる学び舎としてではなく、実践的な技術研鑽の場として活動を続ける同研究室にて、話を聞いた。

 ――福岡で公園といえば最初に名前が挙げられるほど有名な警固公園ですが、再整備におけるデザインを担当されるようになった、そのきっかけとは何だったのでしょうか。

警固公園の中心性評価データ 警固公園の中心性評価データ

 柴田 県警、市役所(みどりのまち推進部)、住民とが中央警察署に集って、公園内の防犯や利便性向上について議論する警固公園対策会議というのが開かれていたんです。ただ議論を進めていくなかで、話がなかなかまとまらず、新しいデザインの方も上手く決まっていかなかった。そこで、たまたま私の活動や研究についてご存知だった県警の方が、『よろしければ対策会議に参加していただけませんか?』と声をかけてくださったんです。これが最初のきっかけでした。私が実施していた活動というのは、城南区における公園の暗がり調査や、公園に設置してある電灯等の設備、さらに周辺を含めた治安の状況を調査し、地域の皆さんと一緒に、そのデータを防犯まちづくりに役立てていこうというものでした。また研究テーマの1つとして、『公園の中心性評価』にも取り組んでいました。その研究対象として中央公園、警固公園でフィールドワークを行っていたんです。そういった経緯があるなかでのご縁だったわけです。

 ――『公園の中心性評価』というのは、具体的にはどういったものなのでしょうか?
 柴田 アメリカのランドスケープ・アーキテクト(風景、庭園、空間デザインの専門実践者)のランディ・ヘスターさんが提唱する、公園がその場に集う人たちにもたらす心理的効果や、公園そのものが持つ人を引き付ける力、引力や訴求力といったものを指標化するものです。私は、それを日本の公園やそのほかの公共空間デザインにも応用していこうと、活動、研究を続けているわけです。

 ――警固公園の再整備には、そういった新しい分野からのアプローチもあったわけですね。
 柴田 最初は公園整備とはまったく関係なく、あくまで日々の活動、研究テーマとして取り組んでいたんです。人がどこをどういう風に歩いていくのか、その動線調査や調査結果のデータの蓄積。これらの実地データに中心性評価を取り入れ、周辺施設や環境との調和を念頭にデザインを手がけました。対策会議でのプレゼンでは、集まった皆さんに公園内で人が歩いている動線の調査結果を実際に見ていただき、「ここには人が集まりやすいのですが、ここは全然人が通っていませんね」「人が集まっていないところはやはり犯罪行為の温床になる傾向が強いですね」などと、わかりやすく説明することができたと思います。犯罪行為の有無については、実際に地域の防犯ボランティアの方からも話を聞かせていただき、データ上ではわかり難い利用者視点もしっかり取り入れ、新しいデザインに生かされています。

 ――ただデザインをすればいいというわけでなく、周囲の環境調査まで含め、実際の作業内容は多岐におよぶわけですね。
 柴田 そうですね。他県から観光客を呼び込めるような、単なる目立つ場所にするのではなく、地域の方にも長く愛される場所にすることが必要ですから。地方創生が声高に叫ばれるなか、どうしてもインパクトに重きを置いたデザインをという話になりやすいのですが、大事なのは『いかにその場所を日常的に使ってもらえるか』です。警固公園も、そのことを念頭にデザインさせてもらいました。加えて今回の再整備に関しては防犯面、とくに夜間の安全性が大きな課題になっていましたので、その不安を取り除けるようなデザインを実現するために、先にも述べましたが防犯ボランティアの方から直接話を聞いたり、学生と一緒に深夜まで利用者の実態調査を行ったりもしました。平日はもちろん、休日もです。大変でしたが、普段公園を利用している人たちの動きをチェックして、どこが避けられているのか、そういった危険だと思われている場所をどういう風に変えればいいのか、知ることができました。しっかり調査したうえでその結果をデザインに反映することができましたので、非常に良いものに仕上がったなと思います。

(つづく)
【代 源太朗】

<INFORMATION>
■福岡大学
所在地:福岡市城南区七隈8-19-1
創 立:1934年
TEL:092-871-6631
URL:http://www.fukuoka-u.ac.jp

■景観まちづくり研究室
所在地:福岡大学キャンパス内 5号館別館3F
TEL:092-871-6631

 <PROFILE>
柴田 久(しばた・ひさし)柴田 久(しばた・ひさし)
1970年、福岡県出身。東京工業大学大学院 情報環境学専攻博士課程修了。景観工学、都市計画学を専門とし、景観デザイン論、まちづくり演習等の講義を担当。土木学会、都市計画学会、建築学会等に所属。2014年に『グッドデザイン賞』、15年に『土木学会デザイン賞最優秀賞』『第26回福岡市都市景観賞大賞』を受賞するなど、数々の受賞歴を持つ。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月18日 18:00

れいわが衆院選1次公認候補を発表、「1人ひとりが背水の陣で戦う」

 れいわ新選組が17日、東京・赤坂の党本部で次期衆院選の1次公認候補者(首都圏)7人を発表した。元職の女性2人を含む。山本太郎代表は選定基準を「熱意が本物かどうか」な...

2020年02月18日 17:34

転ばぬ先の杖!新型コロナウイルス緊急対策「経営相談窓口」一覧!

 内閣府が2月17日に発表した2019年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比1.6%減、年率換算は6.3%減となり、1...

2020年02月18日 17:24

下げが止まらない九州地銀の株価

 今日2月18日の東京株式市場における日経平均株価は、「米アップルが、1-3月期の売上高が会社予想に届かない見通しだ」と発表したことを受け、電子部品株や半導体関連株を...

2020年02月18日 17:00

あたかも温泉を使用しているかのように表示~埼玉県秩父市の旅館業者に措置命令

 埼玉県は2月17日、景品表示法違反(優良誤認)があったとして、埼玉県秩父市の旅館「旅籠(はたご)一番」(坂本俊彦代表)に対し、措置命令を下した。

2020年02月18日 16:46

第7回消費税減税研究会開催~山本太郎氏ら参加

 超党派の野党議員でつくる消費税減税研究会の第7回会合が14日、関西学院大学総合政策学部の朴勝俊教授を講師に招き、国会議員会館内で開かれた。冒頭、共同代表の馬淵澄夫衆...

2020年02月18日 15:51

最優先課題は安倍内閣に終止符を打つこと

 新型ウイルス肺炎の第2の感染拡大中心地となっているダイヤモンド・プリンセス号は安倍内閣によるウイルス培養船である。同号に対しては2月1日に沖縄那覇で検疫を行い日本へ...

2020年02月18日 15:14

トライアル、「スマートストア」化推進~東篠崎店にAIカメラ、レジカート導入

 トライアルカンパニーが店舗の「スマートストア化」を進めている。大量のAIカメラを導入し売り場の欠品防止に活用する一方、レジカートでレジ待ち時間をゼロにするというのが柱。

2020年02月18日 14:49

アベノミクスがもたらす「資本栄えて民滅ぶ」国の未来(1)

 第2次安倍内閣が発足して丸7年の時間が経過した。企業利益は倍増し、株価は3倍水準に上昇し、メディアがアベノミクス成功とはやし立てるが民の竈の火は燃え尽きる寸前だ。2...

2020年02月18日 14:03

社名を名乗らず勧誘し商品送りつける~鹿児島市の健康食品会社に業務禁止命令

 経済産業省九州経済産業局は2月14日、健康食品や自然食品の販売を手がける(株)RK企画(鹿児島市)に対し、業務の一部(電話勧誘販売に関する勧誘、申込受付および契約締...

2020年02月18日 14:02

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ編集委員 梅澤 聡 氏(1)

 コンビニ深夜休業の是非。各方面からさまざまな“論客”が参戦してメディアを賑わせた。誰もが毎日のように利用するコンビニ。1日1店舗の利用客数を800~1,000人、全...

pagetop