2024年04月15日( 月 )

“日本のミライに豊かさを” 創業10年、拡大続けるコンサルティンググループ

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

アイユーコンサルティンググループ

相続・事業承継案件を軸に成長拡大 累計案件数は3,300件超

 「努力した分の結果をしっかりと出せた10年間だった」と振り返るのは、全国8拠点・総勢107名で成長拡大を遂げるアイユーコンサルティンググループ代表の岩永悠氏。

 2013年の創業以来、相続・事業承継案件に特化した税理士法人として、延べ3,300件以上の案件を手がける同社。直近22年の案件数は過去最高の700件を突破。スピーディーかつ高品質なサービスの提供を強みに全国に対応している。

時代を先読みしたブランディング戦略が奏功 提携先拡大により急成長

 創業した13年は、2年後に迫っていた税制改正にともなう増税を見越した相続対策に力を入れていたこともあり、資産税を専門分野として扱うようになったという。士業業界で総合型、特化型と二極化が進むなか、同グループは後者を選択。得意分野を磨き上げ、「相続・事業承継」を得意とする税理士法人として、戦略的にマーケティングを行った。そうした取り組みが奏功し、提携先を次々と拡大。その実績は西日本トップクラスを誇る。

 地銀や大手証券会社の本部と連携して紹介を得ていることがこの数字の支えとなっているそうで、受注率は約95%というから驚きだ。高い受注率について岩永代表は「提携内容を詳細に取り決め、トップ同士だけでなく現場担当者同士も顔合わせを行い、両者共有の意識をもつようにしている」と明かす。

事業拡大の根本は、初心にあり 夢は「社長になること」だった

アイユーコンサルティンググループ
代表 岩永 悠 氏

    「小学校2年生の文集に書いた将来の夢が『社長』だった。税理士として活躍したいというより、自分の手で経営したいという思いが根本にあった」と岩永代表は語る。現状に満足せずに挑戦を続け、事業拡大を目指す理由とエネルギー源はここにあるのもしれない。

 文系で独立しやすい業種だったことを知ったのを機に、税理士の道に進んだ岩永代表。自ら掲げた「30歳までに独立」という目標を達成するべく、税理士法人2社で実務経験を積んできたという。「独立当時はお金もなく、貯金もゼロ。ただ夢と希望だけは溢れていた」と当時を振り返る。勤務時代の顧客を連れていくことはできず、ほぼゼロからのスタートを切ったのである。

 これだけの事業拡大を可能にしたのは、顧問業をメインにするという業界の慣習を捨てたからだろう。税理士は顧問契約を一定数持つことで、安定的な収益を確保している。そのため、わざわざスポット案件である相続分野に力を入れる必要もなく、積極的に取り組む税理士事務所が少なかったのだ。「顧問業により経営は安定するが、これだけでは物足りないと昔から感じていた。長期的なお付き合いになると税理士としてのスキル向上はあまり必要なく、やがてお茶飲み友達みたいになってしまうこともしばしばある」と岩永代表。

 不動産にたとえると、顧問は管理業、相続は賃貸仲介、売買は事業承継だという。管理業はルーティン業務、売買はいつ起きるかどうかわからないものだ。賃貸仲介はスポットだが、必ず起きるものであり、仕組み化させすれば安定事業になると考えたのだ。狙い通り、スポットのルーティン化で安定化に成功、計画を実現させた。

充実の福利厚生・社内制度を整備 組織力強化で次なるステージへ

社屋外観
社屋外観

    経営状況がまだ不安定だった創業当初から、先行投資で人を採用し、組織づくりに力を入れてきたアイユーコンサルティンググループ。福岡市博多で創業した同社は、現在博多駅から徒歩5分の好立地に福岡事務所が入居する自社ビルを構える。4、5Fのオフィスフロアには、社員のための休憩スペースや、書籍が閲覧できるライブラリースペースなど、働くスタッフに配慮したさまざまな空間が確保されている。

 社員教育と福利厚生にも注目したい。スタッフのジムやヨガなどの会費を半額負担する制度や、スキルアップに必要な書籍の購入を経費とし社内で共有する制度、資格取得費用を年間20万円まで無金利で融資する制度など、ユニークで実用的なものが多く存在する。税理士試験において大学院修了者は2科目免除されるが、この進学費用を立て替える制度も用意している。試験合格後、勤続10年でこの費用の返済が免除されるというから驚きだ。

ファンド設立でベンチャー企業支援 目指すのは創業~事業承継までのワンストップ支援

開放感のある本社ビルのスペース(一部)
開放感のある本社ビルのスペース(一部)

    近年は「日本のミライに豊かさを」をグループミッションに、業務改善提案を前提としたDX化支援や、社外CFOサービス、ベンチャー企業向けのインキュベート事業、資金調達・IPO支援なども展開している同社。22年には、かねてより構想していたハンズオン型の「アイユーミライファンド」運営によるインキュベート事業を本格稼働。各地方に眠るベンチャー企業の掘り起こし・成長支援に取り組むことで、創業地である九州をはじめ、各地域経済の活性化を図っていくという。

 「今後も相続・事業承継を軸に、ゆりかご(創業支援)から墓場(相続・事業承継)までサポートできるよう、グループを成長拡大していきたい」と前向きな姿勢を示す岩永代表。次なる10年を見据え動き出したアイユーコンサルティンググループのミライに、ますます期待が膨らむ。


<COMPANY INFORMATION>
代 表:岩永 悠
所在地:福岡市博多区博多駅前4-15-6
創 業:2013年4月
設 立:2015年4月
TEL:0800-111-7520
URL:https://bs.taxlawyer328.jp

<RECRUIT>
募集職種:税務・財務コンサルタント
応募資格:コンサルティングに興味がある方
採用実績:2022年度/10人
採用予定:10人程度(新卒・中途)
問合せ先:03-3982-7520
採用担当:浪方
URL :https://iu-recruit.taxlawyer328.jp


<プロフィール>
岩永 悠
(いわなが・ゆう)
1983年生まれ、長崎県出身。西南学院大学経済学部卒業。京都大学経営管理大学院 上級経営会計専門家(EMBA)プログラム修了。26歳で税理士資格を取得。国内大手税理士法人の福岡事務所設立に参画した後、2013年に独立。15年に税理士法人に改組し法人化。19年からグループ化に本格着手し、現在5法人2事務所でグループ運営を行う。

関連記事