2024年02月26日( 月 )

【BIS論壇No.419】浅草のニューオリンズジャズ

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 NetIB-Newsでは、日本ビジネスインテリジェンス協会理事長・中川十郎氏の「BIS論壇」を掲載している。
 今回は8月29日の記事を紹介する。

 BIS理事の三冬社・佐藤公彦社長のご紹介で、8月28日に浅草公会堂で開催の「浅草ニューオリンズフェスティバル」に参加した。筆者は商社でNY駐在中、米国競争情報専門家協会国際会議がニューオリンズであり、その講師として招待されたおり、幹部とジャズクラブに案内され、そのとき初めてニューオリンズジャズの魅力に圧倒された。そのジャズを30年ぶりに浅草で聴くことができ、感無量たるものがあった。

 演奏はトーマス・フィッシャーとニューオリンズジャズオールスターズで歌手のヨランダ・ロビンソンさんをいれて7名のメンバーによるすばらしい本場のジャズ演奏を堪能した。前場は浅草で毎日曜日演奏しているという外山喜雄とデキシーセインツ6名の演奏があったが、これも素晴らしく聴衆は感銘を受けていた。

 筆者がジャズに最初に触れたのはNY駐在中、シェラトン・ニューヨーク・ホテルで聴いた楽団のジャズだ。その後、日本からの訪問客を案内し、ダウンタウンのジャズクラブ・「ブルーノート」にもたびたび通った。 かつて、ブラジルで親しくしていた小野田寛郎・元陸軍少尉が奥様とニュ―ヨークを訪問された折、NYの「バードランド」に案内。小野田さんを称え、「孤軍」を作曲された秋吉敏子さんを紹介したことがある。 その後、「ブルーノート」が六本木に出店。東京で小野田氏を奥様ともどもご案内し、秋吉さんとご主人のタバキンさんに紹介。名作の「イエローロード」とともに秋吉さんの傑作といわれる「孤軍」を特別に演奏いただき、小野田氏が大変喜ばれたことを思い出す。

 浅草のジャズフェスティバルは当初、浅草の町おこしに、20社以上が参加する「浅草おかみさん会」が中心となり30年以上も前にジャズの本場、ニューオリンズから誘致し毎年、浅草で開催している。浅草の皆さんが手づくりで、民間ベースで米国との文化交流に努力している。このおかみさん会はロンドンの赤い2階建てバスを浅草に導入したり、ブラジル・リオのカーニバルを招聘していることでも有名だ。浅草おかみさん会は地域おこしの先駆者だ。このことに関連し、9月1日には山田洋次監督作品で、吉永小百合、大泉洋主演のおかみさんを主題とする『こんにちは、母さん』も封切られるという。ジャズ終演後、佐藤公彦社長におかみさん会代表の富田さんをご紹介いただいたが、腰の低い、控えめな態度に感銘を受けた。

 ニューオリンズジャズでは浅草の皆さんが米国、日本一体となり、ジャズを盛り上げており、ここにインバウンド観光振興による地域おこしの神髄があるように思えた。ニューオリンズジャズと浅草の皆さんの文化交流、友好促進がさらに深まることを祈念したい。


<プロフィール>
中川 十郎(なかがわ・ じゅうろう)

 鹿児島ラサール高等学校卒。東京外国語大学イタリア学科・国際関係専修課程卒業後、ニチメン(現:双日)入社。海外駐在20年。業務本部米州部長補佐、米国ニチメン・ニューヨーク開発担当副社長、愛知学院大学商学部教授、東京経済大学経営学部教授、同大学院教授、国際貿易、ビジネスコミュニケーション論、グローバルマーケティング研究。2006年4月より日本大学国際関係学部講師(国際マーケティング論、国際経営論入門、経営学原論)、2007年4月より日本大学大学院グローバルビジネス研究科講師(競争と情報、テクノロジーインテリジェンス)

関連記事