2024年04月21日( 日 )

福岡県警篠栗合同庁舎建設、西松特定JVが43.4億円で落札

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 福岡県警察本部発注の「福岡県警察篠栗合同庁舎(仮称)新築工事」を、西松建設(株)九州支社を筆頭とする、西松・上村・岩崎特定JVが43億4,429万7,000円(税別)で落札した。同工事は一度入札不調となっていた。入札には、戸田・溝江・未来図特定JVも参加していた。

 建築物の概要は、同庁舎がS造地上7階建ての延床面積12,483.89m2で、車庫がS造地上1階建ての延床面積1,492.90m2。

 なお、同工事にかかる電気設備工事は(株)平和電興が7億8,000万円(税別)で、機械設備工事は大橋・空研・シナノ特定JVが12億6,000万円(税別)でそれぞれ落札している。

▼関連記事
福岡県警篠栗合同庁舎新築工事、入札不調に

【代 源太朗】

関連キーワード

関連記事