• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月14日 13:36

【巨大地震に備える(7)】東海道五十三次、宿場の拠点は駿府・遠江

 最終回となる今回は東海道五十三次の宿場ビジネスにおける駿府・遠江(現在の静岡県)の隆盛ぶりについて紹介しよう。
 浜松市と静岡市を車で走った際に懐かしい地名を目にした。藤枝市だ。思わず必殺仕掛け人の「藤枝梅安」を思い出した。藤枝市は静岡市の西約20キロに位置している。
 そこから、さらに車を走らせると「掛川」「袋井」と、馴染みのある地名を目にすることができた。これらの場所は高台にあり、江戸時代に発生した巨大地震による高波被害からは免れている。

1日の消費エネルギーは歩くだけで2,000カロリーに達する

 筆者は来年3月末までに徒歩で九州一周する計画を立てた。まず福岡市をスタートして国道3号線を南下する。鹿児島市城山で国道10号線にルートを切り替え北上する。宮崎県、大分県を通過して北九州市小倉南区で3号線へ。そこから一路、西に向けて最終ゴール地の福岡へと向かうのである。
 総距離は当初、1,000kmと見込んでいた。しかし、最初の福岡~鹿児島間ルートの距離は320kmだと思っていたが、実際は約290km。また国道10号線も鹿児島市から小倉南区までの距離もかつては約552kmあったが今は454.8kmしかない。距離が約20%も短くなっている。その要因は各所にバイパスができたためだ。小倉~福岡間の約70kmを足すと817kmぐらいの距離になる。しかし、決して「距離が短くなってもうけた」という気分にはならない。

 当初、1日40km、25日間歩くというプランを立てていた。そうなると約20日間でゴールする計算になる。そこでハプニングなども考慮したうえで1日最低30km歩くことにした。
 また何時から歩くかにも頭を悩ませた。今は午前8時を過ぎると日差しが強くなり、体力を奪われてしまう。そこで午前2時から午前9時まで歩き、それ以降は歩かないようにすることにした。

 さて本題に入ろう。40km歩くということは、歩くスピードなどにもよるが私の場合は約55,000歩(筆者の歩幅75cm)必要だ。これだけ運動すると約2000カロリー消費する。江戸時代は今よりはるかに道が険しかったはずだ。江戸時代の旅人のカロリー消費量は相当だっただろうと推測できる。
 『新居の鰻蒲焼』『丸子のとろろ汁』『桑名の焼き蛤』などの東海道五十三次の三大名物は後世に残された。いかにも風流な感じがする。東海道五十三次を歩く旅人たちはエネルギーを確保するために、それらを含めた各宿場の名物をきっと『ガツガツ』食べていたことだろう。
 ここで強調したい。映画や、テレビの時代劇で当時の人々が質素な食事をとるシーンをよく目にする。しかし、旅人たちに関しては、かなりたくさん食べる必要があったわけで、旅籠屋は食事客で賑わい、おおいに稼いでいたことは想像に難くない。

五十三次中、22の宿場がある静岡県

 東海道五十三次の江戸から京都までの行程は、江戸日本橋から京都の三条大橋までの495kmである。江戸時代中期のある狂歌師は12泊13日で江戸・京都を歩いたと書き残している。個人差はあると思うが、平均すれば江戸時代の人たちは1日約10里、40km前後は歩いていたとみられる。だから片道平均12、13泊だったのだ。

 では一体、どのくらいの人たちが歩いていたのか。ひとくちに江戸時代といっても時期によって経済発展の度合いに差異がある。1780年から1810年ごろとなると公用ばかりではなく、お伊勢まいりなどの観光客も増えてきていた。1日1,000人は旅にでていたようだ。そうなると東海道五十三次では平均13日間かけたとして1万3,000人が旅していたことになる。当時の旅籠屋産業はビックビジネスだったのだ。

 さて最後に『東海道五十三次宿場名物』を参照してほしい。五十三次の宿場名物の大半は食事と酒である。そして注目されるのは現在の静岡県エリアには22の宿場があったことだ。三島に始まり清水次郎長で有名な江尻、静岡市の府中、藤枝、掛川、浜松。舞坂と続き三河国へと。全体の約40%を占めている。
 宿場町には現金が落ちる。運送関係の仕事もたくさんある。そして何よりも旅人への食糧の提供が重要になるので、食関連産業が発展する。旅籠屋をトップにした旅籠屋産業が地元に恵みを与えてくれるのだ。現代流に置き換えれば『インバウンドによって地域が活性化される』ということになるだろう。そういうわけで現在の静岡県は旅籠屋産業により豊かだったと断言できる。

※クリックで拡大

(了)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

世代交代による新たなチャレンジで『今までにない商品』作りと市場拡大を目指す(前)

  (株)ジャパンシーフーズ 100億円企業へ向けた体制を強化  2017年9月1日、井上陽一氏が(株)ジャパンシーフーズの新社長に就任した。サバ...

2018年08月19日 07:00

逆浸透膜飲料水プラント導入実績国内No.1 福岡が誇る水のリーディングカンパニー(後)

  ゼオライト(株) トップランナーとしてともに成長を  1,200件を超える導入実績をもち、その内70%以上に上る導入先からの信頼を得て、メンテ...

逆浸透膜飲料水プラント導入実績国内No.1 福岡が誇る水のリーディングカンパニー(前)

  ゼオライト(株) 水のプロフェッショナル集団  1969年11月に創業して以来、『良い水創り、人財創り』を経営理念に掲げ、良質な水の提供と、そ...

2018年08月18日 07:00

『私の少年時代』戦後の引き上げ体験記(後)

  「引き揚げ者の記録から」  <北朝鮮から中国へ逃げ惑う一家がいた。畑の大根をかじり何カ月も逃避した親子は逃避生活が耐えられず、母親が「もう死のう」、幼い子...

2018年08月17日 17:35

【疑惑のホテル】アイランドシティのホテルがついに着工か

   福岡市東区のアイランドシティ・センター地区に建設が予定されているホテルが、今年11月に着工する見通しであることがわかった。  事業計画によると、ホテルは11...

2018年08月17日 17:33

ドン・キホーテ販売の健食に表示違反か~市民団体申し入れ

   食の安全・監視市民委員会(神山美智子代表)は6日、ディスカウントストアの(株)ドン・キホーテ(本社:東京都目黒区)の店舗で販売していた健康食品2品の表示が、医薬...

2018年08月17日 16:24

なぜカンボジアでカジノが大はやりしているのか?日本に出る幕はあるのか?(後編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2018年08月17日 16:00

【8/22】食・アート・ゲームイベント「虹色こどもひろば」 ロイヤルチェスター福岡で開催

   地域の子どもを対象に、食事会、アート教室、ゲーム大会などを含んだイベント「虹色こどもひろば」が22日、福岡県大野城市のロイヤルチェスター福岡で開催される。 ...

2018年08月17日 15:42

なぜカンボジアでカジノが大はやりしているのか?日本に出る幕はあるのか?(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2018年08月17日 15:32

【速報】下関国際が木更津総合を下し、ベスト8進出

   第100回全国高等学校野球選手権の下関国際(山口)対木更津総合(東千葉)戦は、下関国際が4対1で木更津総合を破って準々決勝進出を決めた。次戦は龍谷大平安(京都)...

pagetop