• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月14日 13:36

【巨大地震に備える(7)】東海道五十三次、宿場の拠点は駿府・遠江

 最終回となる今回は東海道五十三次の宿場ビジネスにおける駿府・遠江(現在の静岡県)の隆盛ぶりについて紹介しよう。
 浜松市と静岡市を車で走った際に懐かしい地名を目にした。藤枝市だ。思わず必殺仕掛け人の「藤枝梅安」を思い出した。藤枝市は静岡市の西約20キロに位置している。
 そこから、さらに車を走らせると「掛川」「袋井」と、馴染みのある地名を目にすることができた。これらの場所は高台にあり、江戸時代に発生した巨大地震による高波被害からは免れている。

1日の消費エネルギーは歩くだけで2,000カロリーに達する

 筆者は来年3月末までに徒歩で九州一周する計画を立てた。まず福岡市をスタートして国道3号線を南下する。鹿児島市城山で国道10号線にルートを切り替え北上する。宮崎県、大分県を通過して北九州市小倉南区で3号線へ。そこから一路、西に向けて最終ゴール地の福岡へと向かうのである。
 総距離は当初、1,000kmと見込んでいた。しかし、最初の福岡~鹿児島間ルートの距離は320kmだと思っていたが、実際は約290km。また国道10号線も鹿児島市から小倉南区までの距離もかつては約552kmあったが今は454.8kmしかない。距離が約20%も短くなっている。その要因は各所にバイパスができたためだ。小倉~福岡間の約70kmを足すと817kmぐらいの距離になる。しかし、決して「距離が短くなってもうけた」という気分にはならない。

 当初、1日40km、25日間歩くというプランを立てていた。そうなると約20日間でゴールする計算になる。そこでハプニングなども考慮したうえで1日最低30km歩くことにした。
 また何時から歩くかにも頭を悩ませた。今は午前8時を過ぎると日差しが強くなり、体力を奪われてしまう。そこで午前2時から午前9時まで歩き、それ以降は歩かないようにすることにした。

 さて本題に入ろう。40km歩くということは、歩くスピードなどにもよるが私の場合は約55,000歩(筆者の歩幅75cm)必要だ。これだけ運動すると約2000カロリー消費する。江戸時代は今よりはるかに道が険しかったはずだ。江戸時代の旅人のカロリー消費量は相当だっただろうと推測できる。
 『新居の鰻蒲焼』『丸子のとろろ汁』『桑名の焼き蛤』などの東海道五十三次の三大名物は後世に残された。いかにも風流な感じがする。東海道五十三次を歩く旅人たちはエネルギーを確保するために、それらを含めた各宿場の名物をきっと『ガツガツ』食べていたことだろう。
 ここで強調したい。映画や、テレビの時代劇で当時の人々が質素な食事をとるシーンをよく目にする。しかし、旅人たちに関しては、かなりたくさん食べる必要があったわけで、旅籠屋は食事客で賑わい、おおいに稼いでいたことは想像に難くない。

五十三次中、22の宿場がある静岡県

 東海道五十三次の江戸から京都までの行程は、江戸日本橋から京都の三条大橋までの495kmである。江戸時代中期のある狂歌師は12泊13日で江戸・京都を歩いたと書き残している。個人差はあると思うが、平均すれば江戸時代の人たちは1日約10里、40km前後は歩いていたとみられる。だから片道平均12、13泊だったのだ。

 では一体、どのくらいの人たちが歩いていたのか。ひとくちに江戸時代といっても時期によって経済発展の度合いに差異がある。1780年から1810年ごろとなると公用ばかりではなく、お伊勢まいりなどの観光客も増えてきていた。1日1,000人は旅にでていたようだ。そうなると東海道五十三次では平均13日間かけたとして1万3,000人が旅していたことになる。当時の旅籠屋産業はビックビジネスだったのだ。

 さて最後に『東海道五十三次宿場名物』を参照してほしい。五十三次の宿場名物の大半は食事と酒である。そして注目されるのは現在の静岡県エリアには22の宿場があったことだ。三島に始まり清水次郎長で有名な江尻、静岡市の府中、藤枝、掛川、浜松。舞坂と続き三河国へと。全体の約40%を占めている。
 宿場町には現金が落ちる。運送関係の仕事もたくさんある。そして何よりも旅人への食糧の提供が重要になるので、食関連産業が発展する。旅籠屋をトップにした旅籠屋産業が地元に恵みを与えてくれるのだ。現代流に置き換えれば『インバウンドによって地域が活性化される』ということになるだろう。そういうわけで現在の静岡県は旅籠屋産業により豊かだったと断言できる。

※クリックで拡大

(了)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(3)

 関電の前号のような事情・実態もあってか、竹中平蔵氏が語っているように、政府高官の子弟が多く電力会社に就職している実態がある。竹中氏は遠慮しているので凡学一生の体験を...

2019年10月19日 07:00

癒しを求めて 全国から経営者が来院(後)

 慢性疲労には、水素も効果的です。大学病院の研究では、水素ガスの吸引は、ストレスや慢性疲労には極めて効果があることがわかりました。疲れが溜まっていくと、細胞内のミトコ...

2019年10月18日 17:59

「私たちにも何かできることがあるはず」~台風19号により氾濫した多摩川を取材して

 多摩川駅から歩いて約5分先の川沿いを歩いた。本格的な夏も終わり、コンクリートで固められた堤防というのに、上流から流されてきた大木や草木によって、現場では生草と粘土の...

2019年10月18日 17:49

日本初上陸の王室ご用達のスペイン料理店「ホセ・ルイス」出店~カトープレジャーグループがスペイン大使館で事業戦略発表会を開催

 (株)カトープレジャーグループは11月1日、日本初上陸のスペイン王室ご用達レストラン「ホセ・ルイス」を、東京・渋谷に出店。10月16日には、駐日スペイン大使館(東京...

2019年10月18日 16:57

ホークス、台風19号の被災地に義援金

 福岡ソフトバンクホークス(株)と福岡ソフトバンクホークス選手会(会長:柳田悠岐選手)は台風19号の被災地支援として義援金200万円の寄付とヤフオクドームに募金箱を設...

2019年10月18日 16:19

健康長寿の産業化で医療コスト削減を目指す

 国の財政問題がさまざまに語られるなか、中心となるのは高齢化の進行と、それにともなう医療費の高騰や経済活動の減退だ。これらの対策として医療費を削減するとともに、経済活...

2019年10月18日 16:10

次世代通信技術“5G”の持つ危険性(後編)

 欧米の研究者の間で進められている5Gの健康への影響に関する調査の一部を紹介してみたい。日本での議論の呼び水になれば幸いである。先ずはイスラエルのアリエル大学で物理学...

2019年10月18日 16:10

種子の自家採取原則禁止、疑念払拭できず 種苗法めぐり農水省(前)

 農家による種子の自家採取を原則認める種苗法が改正される恐れが生じるなか、日本の種子(たね)を守る会(会長・八木岡努JA水戸代表理事組合長)が15日、参議院議員会館内...

2019年10月18日 15:32

(株)海商、山本一隆氏が代表取締役社長に就任

  (株)海商(福岡市東区)は、代表取締役社長に山本一隆氏が就任したことを発表した。9月20日に山本峰雄会長が死去したことを受けてのもの。

2019年10月18日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」10月11日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop