2024年04月21日( 日 )

久留米の上津クリーンセンター整備、316億円で川崎重工業グループが落札

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ
上津クリーンセンター外観 市HPより
上津クリーンセンター外観 市HPより

 久留米市発注の「久留米市次期上津クリーンセンター施設整備及び運営事業」を、川崎重工業(株)九州支社を代表企業とする、川崎重工業グループが316億8,790万円(税別)で落札した。内訳は、設計・建設業務への対価が210億4,790万円(同)、運営・維持管理業務への対価が106億4,000万円(同)。

 入札には、タクマグループ、日立造船グループも参加していた。川崎重工業グループの概要は以下の通り。

 上津クリーンセンター(久留米市上津町2199-35地内)は、1993年4月に稼働を開始してから30年以上が経過しており、現在の循環型社会に対応した適正なごみ処理体制の確立が不可欠となっていた。そのため、市では2028年度中の稼働を目指し、同クリーンセンターの建替えに向けて準備を進めていた。

【代 源太朗】

関連キーワード

関連記事