2024年05月21日( 火 )

きょくとう、24年2月期決算 増収で黒字転換

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 15日、(株)きょくとう(本社:福岡市博多区、牧平年廣代表)は24年2月期の決算を発表した。それによると、売上高は50億7,200万円(前期比8.2%増)、営業利益は8,300万円(前期は1億7,700万円の損失)、経常利益は1億6,300万円(前期は9,300万円の損失)、当期純利益は1億1,900万円(前期は1億6,900万円の損失)で、増収で黒字に転換した。

 決算要因として同社は、新規出店を9店舗(移転リニューアル3店舗含む)、既存店舗のリニューアルを22店舗実施したことや、販促活動としてシーズンに合わせたサービスの実施、付加価値商品やスニーカークリーニングの販売強化に努めたことが増収に貢献したとしている。

 また、同社は昨年12月に事業譲受により、新たに48店舗を取得。福岡市近郊のクリーニング工場も取得して営業を開始している。

 来期(25年2月期)の業績予想については、売上高は53億3,000万円(前期比5.1%増)、営業利益は1億5,000万円(同80.1%増)、経常利益は2億5,000万円(同52.8%増)、当期純利益は1億5,000万円(同26.0%増)で、増収増益を予想している。

【寺村 朋輝】

関連キーワード

関連記事