2024年05月21日( 火 )

東福岡学園、25年度共学化へ向け制服デザインを発表

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

(学)東福岡学園 制服デザイン

 (学)東福岡学園(福岡市博多区、徳野光博理事長)は15日、2025年度から共学化する東福岡高等学校・東福岡自彊館中学校の制服デザインを発表した。これまで詰め襟だった男子の制服も含め、ブレザースタイルとなる。

 ジャケットにはスクールカラーのモスグリーンを取り入れ、ブラック×グリーンの色合い。スカートは上品さと明るさを感じるグリーン×赤×ベージュのチェック柄を採用。スラックスは着こなしやすく落ち着きのあるグレンチェック柄をベースにしている。

 「本校に女子生徒が在籍していないことから、新制服デザイン案を掲載した特設サイトを制作し、意見を公募したい」という生徒会からの提案を受け、中学生をはじめとしてさまざまな関係者にアンケート調査を行い、その結果もデザインに反映されたという。

 中学校と高校の制服は同じデザインを採用し、ネクタイ・リボンとブレザーのボタンで区別できるようにしている。夏服候補を含め、実物は6月8日に行われる高校の学園祭で披露される。

【田中 直輝】

関連記事