2024年05月21日( 火 )

【福岡】積水ハウス不動産九州がフージャースらに土地売却

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 積水ハウス不動産九州(福岡市博多区)が、日赤通りと百年橋通りが交差する「那の川四ツ角」の近くで仕入れていた3つの土地を売却していたことがわかった。

左:コインパーキング跡(清川3丁目)
右:駐車場跡(清川3丁目)

 3つのうち、福岡・清川3丁目のコインパーキング跡、同じく清川3丁目の百年橋通り通り沿いの駐車場跡の2つの土地は、いずれも不動産管理などを手がける新生不動産(福岡市南区)へ売却していた。

駐車場跡(那の川2丁目)
駐車場跡(那の川2丁目)

    積水ハウス不動産九州は、同じ売主から仕入れていた那の川2丁目の駐車場も売却しており、こちらはマンションデベロッパー・フージャースコーポレーション(東京都千代田区)が3月15日に取得した。敷地面積は100坪強で、用途地域は商業地域、容積率は400%、建ぺい率は80%。小規模の分譲マンション開発が予想される。

【永上 隼人】

関連キーワード

関連記事