• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月30日 16:05

中島淳一「古典に学ぶ・乱世を生き抜く智恵」(11)

劇団エーテル主宰・画家 中島淳一氏

 己の創作領域のみを棲家とし、その域を超えた活動には慎重になりがちな芸術家が多いなか、福岡市在住の国際的アーティスト、中島淳一氏は異色の存在である。国際的な画家として高い評価を得るだけでなく、ひとり芝居に代表される演劇、執筆活動、教育機関での講演活動などでも幅広く活躍している。
 弊社発行の経営情報誌IBでは、芸術家でありながら経営者としての手腕を発揮する中島氏のエッセイを永年「マックス経営塾」のなかで掲載してきた。膨大な読書量と深い思索によって生み出される感性豊かな言葉の数々をここに紹介していく。


仏陀の言葉に学ぶ~悟りとは目的地でもなく終着点でもない。悟りとは旅路である~

 紀元前に北インドの釈迦族よりいでし聖者、ゴータマ・シッダールタは35歳で悟って仏陀となり、80歳で入滅するまで、多くの人々に教えを説いた。その教えは時には神秘化され、理想化されて仏教経典として編まれてきた。
 その教えは仏教哲学として読めば難解なものもあるが、求める者には常に生きた言霊として語りかけてくる不可思議な力がある。

人の性質は入口のわからない 藪のようにわかりにくい

中島 淳一 氏<

中島 淳一 氏

 この世には4種類の人間がいる。まず第1に自ら苦しむ者。間違った教えや思い込みにより、ひたすら苦行をする。痛みや苦悩が救いへの道だという妄念にとりつかれ、ますます苦難に陥ってしまう。第2に他人を苦しめる者。我欲にとらわれ、私利私欲に走り、酷い仕業をしても自らの非に気づかない。
 第3に自ら苦しみ、他人も苦しめる者。周囲に不幸を撒き散らし、他者の心を闇に引き込む。第4に自ら苦しまず、他人も苦しめない者。この世にもあの世にも執着せず、今という絶対的時空を謳歌する。
 また、この世には3種類の人がいる。岩に刻んだ文字のような人、砂に書いた文字のような人、水に書いた文字のような人である。岩に刻んだ文字のような人はよく腹を立て、その怒りは刻まれた文字のように消えることなく長く続く。砂に書いた文字のような人は怒りはするが、砂に書いた文字のように速やかに消え去る。水に書いた文字のような人は、水に書いても、流れてかたちにならないように、自分の感情に支配されることはない。ましてや、他人の感情や不快な言葉に少しも心を留めることはない。

この世は闇に包まれた 原野に似ている

 漆黒の闇のなかで、無数の人々が獣のように蠢いている。孤独におののきながら、寂しさに耐えきれず、無意味にただ動き回っている。
 何故に人はこの無常なる地上の世界に生を受け、その儚い命を生きねばならないのか。その答えを知るのは決して難しいことではない。空を飛ぶ名も無き鳥、人知れず咲き乱れている花々、荒地を吹き抜ける風、岸辺に繰り返し打ち寄せる波、自然界のすべてのものが、大宇宙の命を褒め称える音楽を奏で、人々の魂に語りかけているのではないのか。
 生きるということは、地上で出会うすべての人々、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天・声聞・縁覚・菩薩・如来の十界・十界互具・百界千如・三千世界のすべての魂に命の尊さ、美しさを褒め称える音楽を奏で、伝えるということなのだ。
 そのためにはまずこの地上の世界をありのままに正しく見よ。正しく見れば、正しく思うようになり、正しく思えば正しく語るようになる。正しく語れば、正しい行動をするようになり、正しい行動こそが、地上での正しい生活であり、正しい生活とは己の使命を果たすために、日々正しく精進することである。そのためには常に己の使命を正しく念じ、1日の終わりに正しい定に入り、自らを省みる。自らを省みる力こそが、真の智恵である。
 悟りとは目的地でもなく終着点でもない。悟りとは旅路である。


<お問い合せ>
劇団エーテル
TEL:092-883-8249
FAX:092⁻882⁻3943
URL:http://junichi-n.jp/

<プロフィール>
nakasima中島 淳一(なかしま・じゅんいち)
 1952年、佐賀県唐津市出身。75~76年、米国ベイラー大学留学中に、英詩を書き、絵を描き始める。ホアン・ミロ国際コンクール、ル・サロン展などに入選。日仏現代美術展クリティック賞(82年)。ビブリオティック・デ・ザール賞(83年)。スペイン美術賞展優秀賞(83年)。パリ・マレ芸術文化褒賞(97年)。カンヌ国際栄誉グランプリ銀賞(2010年)。国際芸術大賞(イタリア・ベネチア)展国際金賞(10、11年)、国際特別賞(12年)など受賞多数。
 詩集「愁夢」、「ガラスの海」、英詩集「ALPHA and OMEGA」、小説「木曜日の静かな接吻」「卑弥呼」、エッセイ集「夢は本当の自分に出会う日の未来の記憶である」がある。
 86年より脚本・演出・主演の一人演劇を上演。企業をはじめ中・高校、大学での各種講演でも活躍している。福岡市在住。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月25日 16:38

スーパーゼネコン決算好調も受注は減少傾向 コロナ影響も不透明

 清水建設は25日、延期していた2020年3月期の決算発表を行った。同期は売上高1兆6,982億円、経常利益1,379億円を計上...

2020年05月25日 16:31

「広報いとしま」、全国広報コンクールで初の入選2席

 糸島市の広報紙「広報いとしま(2019年5月15日号 / No.225)」が、「令和2年全国広報コンクール広報紙市部」(日本広報協会主催)で入選2席に選定された...

2020年05月25日 16:23

中国外相が全人代で記者会見~香港への統制強化を正当化、米国からの新型コロナ損害訴訟をはねつけ

 24日、全国人民代表大会(全人代)で王毅・国務委員兼外交部長(外相)による記者会見が行われた。外相の記者会見は全人代でとくに注目されるイベントの1つ。今年は新型コロ...

2020年05月25日 16:11

【政界インサイダー情報】安倍一強政権末期、またまた墓穴を掘る

 エリート中のエリートである黒川弘務・東京高検検事長の「賭けマージャン」発覚に加え、卓を囲んだメンツが検察担当の新聞記者という癒着の発覚。さらに、黒川氏の辞任騒動に伴...

2020年05月25日 15:33

コロナで明暗 サイバーが電通の時価総額を上回る

 5月20日、(株)サイバーエージェント(東証一部、藤田晋代表)の時価総額が、終値ベースで(株)電通グループ(東証一部、山本敏博代表)を初めて上回った。サイバー社の6...

2020年05月25日 15:11

ゼロから農福連携を目指す 福の浦ファーム

 新たな挑戦に年齢は関係なし――70歳を目前にして農業経営をはじめた、福の浦ファーム代表の高木教光氏。高木代表は家業のガソリンスタンド経営に携わったのち、病気のためや...

2020年05月25日 14:52

ロイヤル・ボックスの藤堂和子ママ~中洲の灯の「復活宣言」

 自粛解除により、いよいよ6月1日から中洲のクラブも一斉に営業を再開する。そこで5月22日、弊社取材ルームにて「ロイヤル・ボックス」の藤堂和子ママにインタビューを行っ...

2020年05月25日 14:44

経産省、新型コロナウイルスに有効な洗剤120商品を公表

 経済産業省と(独)製品評価技術基盤機構(NITE)は22日、新型コロナウイルスに有効と判断した界面活性剤を含む家庭用洗剤の商品リストを公表した...

2020年05月25日 14:06

カテキンや緑茶による新型コロナの効果についての根拠なし~標ぼうする広告宣伝に注意!

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は21日、お茶などに含まれるカテキンに、新型コロナウイルス感染症があるといった広告宣伝に対し、現時点でそのような効果は確認されてい...

2020年05月25日 13:24

コロナ禍で大量失業の“泥沼”にはまった世界経済(前)

 目に見えない小さな存在でありながら、ウイルスが人々を混乱に陥れ、既存の制度を崩壊させ、新しい制度にとってかわるような結果を招くこともある。歴史を振り返ってみると、伝...

pagetop