• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年02月10日 07:03

マルイとはこんな店だ!~その全貌と戦略を探る(5)

博多マルイ オープン直前企画

 4月21日に開業する「博多マルイ」のテナント概要が発表された。商業施設は進出の度にテナントの顔ぶれで「九州初上陸」「福岡初進出」という冠に注目が集まる。しかし、企業そのものが新参のマルイは戦略、戦術ともこれまでの施設とはだいぶ異なる。その全貌とポイントを見ながら、福岡への影響度を探る。

独自性は流通戦争にも動じないか、従来にないフロア構成とテナント誘致

KITTE博多の核店舗をとして出店する博多マルイ<

KITTE博多の核店舗をとして出店する博多マルイ

 福岡では過去、大型商業施設が開業する度に、メディアは「第◯次、流通戦争」と定義付けて報道してきた。ところが、2011年のJR博多シティの開業からは、天神と博多駅の競合、都市部と郊外の競争といった単純な図式では語れなくなっている。
 例えば、博多阪急は開業から4年、ずっと増収増益を続けている。かといって、天神や郊外がその分のパイを奪われ、売上を激減させたかと言うと、そんなことはない。

 確かに国内外の高級ブランドやデザイナーズファッションは天神に集まる傾向強いが、そうしたハンディを持ちながらも博多駅は独自でマーケットを広げている。インバウンド消費などを追い風にしつつ、天神との相乗効果を発揮して集客しているのだ。
 マルイはこうした福岡がもつポテンシャル、市場拡張力を背景に満を持して登場する。
現時点で集客目標や売上げ規模は公表していないが、既存店の同規模の100億円くらいは売上げることができると踏んでいるのではないか。

 テナントは135区画中、50区画以上が「九州初出店」。しかし、その言葉こそ客にとっては、すでに陳腐化している。
 新たにオープンする店名やブランドは違っても、中身や商品のテイストがほとんど似通っていることを認識しているからだ。それほど、市場は成熟しているのである。
 あごだしの「だし処 兵四郎」や文具店の「スティロプリュス」といった地元発信のテナントが誘致されたのも、こうした理由からだろう。企画会議で客の要望が生きた形で、マルイとしても客が期待するテナント集積に奔走したようである。
 こうした点は、これまでの商業施設とは違う点だ。それをどこまで売上に結びつけられるか。クレジットカードを含めマルイの営業戦略が問われるところである。

博多駅が大ボリューム化する功罪

 店舗面積(1万5,000m2)やテナントの顔ぶれ、商品政策のどれをとっても、マルイが既存の商業施設と真っ向勝負しようという感じは見えない。それはある意味、弱腰や無欲と捉えられなくもないが、むしろ独自性を貫く姿勢としては評価できる。
 最激戦区の東京でしのぎを削った経験は伊達ではないし、クレジットカードのノウハウでは一日の長があるだけに、既存店には脅威に映るはずだ。

 では、マルイが及ぼす影響は何だろうか。考えられるは博多駅市場の大ボリューム化。いわゆる商品のグレードや価格帯で、一番販売量が多いゾーンになっていく懸念である。
 博多駅は1日平均の乗降客数(2014年)が約20万人。そこで生まれる小売り市場は、通勤通学客による日常の買い物、旅行客による御土産や飲食が主体となる。

 アミュプラザ博多や博多阪急のアパレルは、少子高齢やECの影響を最も受けやすいと思われるし、東急ハンズは雑貨主体で収益拡大には限界がある。あとは飲食やデパ地下くらいだ。インバウンド消費といっても、先行きは不透明で過度な期待はできない。
 こうした状況下に博多マルイが加わると、博多駅市場ではなおさら飲食、食品とデイリーユースの衣料・雑貨などがより際立って売れていくと思われる。
 高感度なファッションや希少なブランドは、販売も購買も博多駅以外に求められる傾向が強くなるからだ。こうした予兆は博多阪急が開業する時にも関係者から聞かれ、地元専門店の中にも博多駅の大ボリューム化を見越し、天神に店舗を移したところもあるほどだ。

 大ボリューム化は確実に売上が上がるわけだから、決してデメリットではない。しかし、博多駅以外への売上げの持ち出しを意識し、それを差し止めるために各店の商品政策にブレが生じると、かつての博多井筒屋のように戦略を見失ってしまう。
 どちらにしても、博多駅という立地でマルイという存在を各店がいかに相乗効果に結びつけられるか。共創による市場拡大、需要喚起が一番のテーマになるのは間違いない。

(了)
【釼 英雄】

日刊マックス流通のご案内

 日刊マックス流通は沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームまたはバナーからお申し込み下さい。
※「日刊マックス流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月16日 16:57

アンチ・エイジングからリバース・エイジングへの発想転換(前編)NEW!

 わが国は、世界に冠たる長寿大国である。105歳まで現役医師として活躍された日野原重明先生とは生前ご一緒する機会が何度もあったが、その旺盛な好奇心には毎回驚かされた。...

2019年07月16日 16:55

スマホ決済「セブンペイ」が出足からつまずく 「食品ロス削減」の実験はどうなる(前)NEW!

 コンビニの王者、セブンーイレブン・ジャパンがおかしい。満を持して7月1日に始めたスマホ決済「7Pay(セブンペイ)」が、多額の不正利用の被害が判明し、開始わずか4日...

2019年07月16日 16:36

「人口減」の先に待ち受ける、激変時代(1)~企業の命運は朽ちるのか、あるいはいかに発展させるのかNEW!

 「言葉のあや」ではない。まさしく激変時代に突入した。油断すれば淘汰される、いや消滅するのである。まずは地球環境の激変。地球温暖化傾向が加速することは間違いない。今年...

2019年07月16日 16:06

【7/18、19】第12回キミヱコーポレーションカップ本戦開催NEW!

 18日と19日の2日間、麻生飯塚ゴルフ倶楽部で「キミヱコーポレーションカップ2019」本戦が開催される。6月13日と14日には、プロ予選会およびアマチュア予選会が開...

投票率引き上げで50兆円増税を阻止しようNEW!

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は「必ず選挙に参加し、安倍政治NOの意思を表明しよう」と有権者に訴えた...

2019年07月16日 15:34

「平成挽歌―いち編集者の懺悔録」(11)NEW!

 7月9日、ジャニーズ王国を一代で築いたジャニー喜多川が亡くなった。享年87。翌日のスポーツ紙は全紙、一面全部を使って賛辞を贈り、彼の死を悼んだ。同じ日の朝日新聞も一...

2019年07月16日 14:08

なぜグランドメゾンは福岡で圧倒的ブランドなのか(前)NEW!

 埋め立てでは百道浜やアイランドシティ、再開発では旧大名小跡地と、福岡市の重要なプロジェクトには必ずといっていいほど積水ハウス(株)がまちづくりに関わってきた。

2019年07月16日 14:02

【訃報】松本組の平島義和専務が死去NEW!

 松本組の専務取締役・平島義和氏が15日に死去した。享年63歳。

2019年07月16日 13:58

「日本経済の現状と今後について」ぐっちーさんが久留米で講演NEW!

 7月9日、国内外で企業を経営し、投資銀行家でもある「ぐっちーさん」こと山口正洋氏が、久留米市六ツ門町の総合文化施設「久留米シティプラザ」で講演を行った。筑後中小企業...

2019年07月16日 12:00

安穏とした新天町は“茹でガエル”になっていないか!?NEW!

 カエルを熱いお湯に入れると、驚いて飛び跳ねて逃げてしまうが、常温の水に入れて徐々に熱していけば、気づかずに茹で上がってしまうという。俗にいう「茹でガエル理論」だが、...

pagetop