2024年06月21日( 金 )

建設

フォローする

気になるタグをフォローすると、後でまとめ読みができます。

【企業研究】八女市を代表する地場ゼネコン 増収基調も現場数を維持できるか
 八女市を代表する地場ゼネコン、(株)イノウエハウジング。2018年3月期以降の業績は増収基調で推移しており、利益も積み増している。
【クローズアップ】成長戦略の違いで明暗 二極化進む準大手ゼネコン
 上場準大手ゼネコン9社の2024年3月期決算が発表された。
【SIC】収益性の向上が課題
企業マル秘情報
【SIC】収益性の向上が課題
企業マル秘情報
【クローズアップ】長引く電線ケーブル不足 露呈する建設業界の慣習崩壊
 あらゆる建造物の工事で使用される「高圧電線ケーブル」が不足している。電気工事業界の混乱が続くなか、今年2月、国交省は公共工事の発注者らに工期延長の受入要請を行った。
【SIC】9期連続赤字決算
企業マル秘情報
【クローズアップ】工事の大型化で軒並み増収も 利益で明暗二極化
 2月13日までにスーパーゼネコン上場各社の2024年3月期第3四半期決算が発表され、通期の業績がみえてきた。大型案件を中心に施工が進捗したことで、各社とも増収をはたした。
まちの特色を生かした空間創出 「済証」問題まで任せられる設計事務所
 一般建築物から特殊建築物まで幅広く設計を手がける森戸設計(株)。同社ではこのほか、「済証」問題にも取り組んでいる。
【経営教訓】竣工間近物件での死亡事故 建設業界が直面する課題に埋没
 熊本を基盤に福岡でも豊富な施工実績を有する和久田建設(株)が施工する現場で今年9月、死亡事故が発生した。竣工目前に起きた悲劇は建設業界が抱える課題に対応できていないことを浮き彫りにした。
福岡県の林業再生と木材活用促進 サプライチェーン最適化がカギに
 SDGsやカーボンニュートラルが社会課題となるなか、林業とその周辺事業への注目度が高まりつつあり、国や県が振興へ動き出している。
【SIC】連続赤字で債務超過転落
企業マル秘情報
【クローズアップ】深刻さ増す建設業界の人材難 九州主要ゼネコンが福岡市場の受け皿に
 深刻化する人手不足は上位地場ゼネコンの受注意欲を削いでいる。コロナ禍で延期されていた案件の再開もあり、施工余力がないのが実情だ。
【企業研究】ビル・住宅・商業だけでなく物流・公園も 福岡でも存在感増す総合デベロッパー
 日本最古の不動産デベロッパーとして、業界の先駆者的な役割をはたしてきた東京建物(株)。社名に「東京」とあるように、これまでは東京を中心とした首都圏での開発に特化してきた同社だが...
【特集】活況続くも二極化鮮明に地場ゼネコン・デベロッパー業界の今
 (株)データ・マックスでは、福岡県のゼネコン83社とデベロッパー20社の計103社に対し調査を行った。
【クローズアップ】ついに「拡大限界」に到達か 黄色信号が点る分譲戸建市場
 縮減期に入った新築住宅市場のなかで、安定的な増加傾向にあった分譲戸建住宅分野。ただ、2023年に入り、それを覆すような出来事やデータが散見されるようになった。
【SIC】債務超過解消なるか
企業マル秘情報
【SIC】営業損益段階からの赤字を頻発
企業マル秘情報
【SIC】収益性の向上が課題
企業マル秘情報
【SIC】収益性の改善が課題
企業マル秘情報
NIKKENホールディングス(株)設立 新社屋、持株会社化で永続企業へ
1950年の設立以来、公共施設、マンション、オフィスビル、福祉施設、商業施設に至るまで、福岡市を中心に建築を手がけてきた…