2024年05月23日( 木 )

デジタル田園都市国家構想

フォローする

気になるタグをフォローすると、後でまとめ読みができます。

鉄道事業の未来(4)
鉄道事業の未来(4)
 ここまでは鉄道の旅客輸送を中心に解説してきたが、貨物輸送に関してはドローン(無人航空機)を活用した貨物輸送が実施される可能性が高い。
堀内重人 企業・経済
鉄道事業の未来(3)
鉄道事業の未来(3)
現在はコロナ禍で下火になってしまっているが、状況が落ち着いてくれば「観光立国構想」が再び表に出てくる。多くのインバウンド客が日本へ来ることから、大都市圏の鉄道事業者は混雑緩和策を講じなければならない。
九州旅客鉄道株式会社 堀内重人 企業・経済 インバウンド 陸運
鉄道事業の未来(2)
鉄道事業の未来(2)
 すでに20世紀から、いわゆる「新交通システム」では無人運転が実現している。シンガポールの地下鉄北東線は、完全に無人運転の地下鉄として営業運転を行っている。
堀内重人 企業・経済 陸運
鉄道事業の未来(1)
鉄道事業の未来(1)
 2021年10月に発足した岸田内閣は、「新しい資本主義」を掲げた。その重要な柱の1つが、国が主導する「デジタル田園都市国家構想」である。
堀内重人 企業・経済 陸運