HOME > シリーズ 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」

植草一秀氏ブログ「知られざる真実」

なぜ朝鮮戦争は終結されないのか

  孫崎享氏が新著を刊行された。一般には、1950年6月25日に金日成率いる北朝鮮が事実上の国境線と化していた38度線を越えて韓国に侵攻して勃発したとされる朝鮮戦争。その朝鮮戦争の知ら...

感染急拡大下旅行推進という狂気の沙汰

  東京都の感染者数が連日200人を超えて過去最高を更新している。小池都知事は「積極的な検査」の結果だというが、安倍内閣は不必要な検査は行わないとの姿勢を押し通してきた...

史上最悪の安倍内閣経済運営実績

  GPIF(年金積立金管理運用(独))の2019年度運用実績が発表された。GPIFの2019年度運用実績は8兆2,831億円の運用損になった...

都知事選教訓に直ちに衆院選対応着手

  小池都政に終止符を打つかどうかが争点だったが、小池都政NOの勢力から宇都宮氏と山本氏の2名が出馬し、票が割れたため、小池氏が楽勝する構図が構築された...

御用組合「連合」との訣別が第1の課題

  東京都知事選は7月5日に投票日を迎える。小池百合子氏の優勢が伝えられている。小池氏は実質的に自公の候補である。その小池氏を連合東京が支援していることの意味を考える必要が...

5000円ぶら下げマイナ勧誘の悪質監視国家商法

  マイナンバーカードが普及しないのは政府が信用されていないからだ。個人を番号化して政府の監視下に置く。個人を政府の支配下に置こうとするものだ...

安倍自公政治刷新に必要な「戦略的対応」

  東京都知事選の投票日まで残り1週間になった。小池氏有利の報道が相次ぐ。2012年以降の選挙で共通の情報操作の側面がある...

消費税減税・廃止を公約しない「エセ野党」

  東京都知事選は東京都の小池行政に対する勤務評定の意味を有している。小池氏は前回知事選で7つのゼロなどの公約を提示した。ほとんど実績は上がっていない...

小池東京経済活動全面再開が破綻する日

  小池氏の行動においては、すべてに「自分の都合」が優先されているように見える...

小池都政を終焉させるための秘策

  小池都政NOと考える主権者が多数存在する。メディアが小池優勢と報じるのは、ステマ広告のようなものだ。有権者の行動を誘導するための情報操作なのだ...

河井買収事件原資提供安倍自民党に捜査のメス

  かつて金権腐敗政治という言葉が使われた。その時代から半世紀近くが経過しているが実態は何も変わらない。金権腐敗が政治のあらゆる場面に蔓延しているとしか言いようがない...

7.5都知事選で東京都政を刷新する

  れいわ新選組の山本太郎代表が東京都知事選への立候補を表明した。山本太郎氏は日本で数少ない優れた政治家である...

都知事選を日本政治刷新の第一歩にしよう

  安倍内閣が長期にわたって存続している主因を3つ挙げてきた...

日本政治刷新試金石になる都知事選

  新型コロナウイルスによる感染症感染拡大において、東アジア諸国・地域の被害は相対的に軽微にとどまっている。東アジア諸国・地域の人口100万人あたりの死者数は欧米と比較して100分の1...

血税食いものにする安倍内閣を退場させる

  安倍内閣は4月7日にコロナ経済対策を決定した。16.7兆円の一般会計補正予算編成の方針を事業規模108兆円の経済対策だとして誇大宣伝したものだ...

pagetop