• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年04月08日 07:00

今日本で、世界で求められる文系の知!(3)

東京大学大学院情報学環教授 吉見 俊哉 氏

子供を大学に入れる場合は理系が良いのではと

 ――『「文系学部廃止」の衝撃』を著された2つ目の動機を教えていただけますか。

東京大学大学院情報学環教授 吉見 俊哉 氏<

東京大学大学院情報学環教授 吉見 俊哉 氏

 吉見 2つ目の動機はとても重要なことです。それは「文系学部廃止」反対論の中に、「文系は役に立たないけど価値がある」とか「役に立つとか、立たないとか関係なく貴重なものだから残さなくてはいけない」などという有識者の発言があったことです。そのような開き直りは、「文系の知」に対して、余りにも防衛的で、逆にそれでは文系の可能性をおとしめてさえいるのではないかと感じたのです。もっと積極的に、理系や他の学問に対し、より大きな視野では「文系の知」こそが、役に立つのだという主張をすべきだと思います。

 もっと身近なところでは、昨今の高校生の両親の多くは「子供を大学に入れる場合、やはり理系が、生活が安定してよい」とか、「文系学部に行くと教養は身に付くだろうが、学んだことはあまり役にたたない」などと思っているように感じています。
今回の騒動がことのほか大きくなった原因の一つに、すでに多くの日本人が、「文系が役に立たない」と暗黙裡に思っていたことがあるのではないでしょうか。だからこそ、人々は文科省に「文系学部は役に立たないから廃止する」と大上段に言われたと勘違いし、「そこまで、文科省に言われる筋合いはない!」と反発したのではないでしょうか。

目的の遂行に対してその手段として役に立つこと

 今、私たちに必要なのは、「文系学部は役に立たない」というのは本当なのか、そもそも「役に立つ」とはどういうことなのかを議論していくことです。もちろん、その場合の「役に立つ」というのは単に国家や産業界のために役に立つことだとは限りません。神に対して役に立つこと、他者のために役に立つこと、地球社会に対して役に立つことなど、大学の知が向けられる宛先は、その時々の政権や産業、国家的権力の境界を超えています。

「役に立つ」の意味するところは2つあります。1つは、目的遂行に対して、その手段として役に立つということです。目的がはっきり決まっていれば、その目的を達成するために、A、B、Cなどいくつかの手段が考えられます。その場合、最も効率的で、多くの成果を得られる手段を開発する知が必要となります。

目的を編み出す知として重要で欠くべからざるもの

 しかし、「役に立つ」には、もう1つ意味があります。私たちは、何を目的にしたらいいのか、どこをゴールにしたらいいのかが、分からなくなることがあります。21世紀の今、日本で、世界で抱えている問題のほとんどがこれに該当するのではないでしょうか。 
 文系の知は、目的やゴールがはっきりしていて、その手段を導く知としては、法学部や経済学部の一部を除けば、理系と比べて弱いと言えるかも知れません。

 しかし、目的を編み出す知として、文系は重要かつ欠くべからざるものです。価値の軸は決して不変ではありません。歴史を見れば、数十年単位で、価値の尺度が変化してきたことが分かります。例えば、1960年代と現在とでは価値軸が大きく違います。1964年の東京オリンピックが開催された頃は、「より速く、より高く、より強く」といった右肩上がりの価値軸が当たり前で、その軸にあった「役に立つ」ことが求められていました。新幹線、首都高速道路から超高層ビルなどが、そのような価値の軸が求めるべき未来でした。
 ところが、2000年代以降、私たちは別の価値観を持ち始めています。「末永く、リサイクル、ゆっくり、愉快に」など、時間をかけて役に立つことが見直されているのです。つまり、価値の軸が大きく変わったのです。

日本が今も「後追い」を余儀なくされる原因である

 価値軸の転換の一例は、SonyのウォークマンとAppleのiPad/iPhoneの違いです。
 SonyがAppleになれなかったのは、Sonyは既存の軸を純化し続け、価値軸の転換が図れなかったことが一因です。ステレオから携帯ステレオへというところまでは良かったのですが、パソコンや電話の概念を壊してしまう、その価値軸の転換までは行きませんでした。
 Sonyに限らず、与えられた価値軸の枠内で優れた製品を作るのは日本の理工学系の強みですが、そうした価値軸の転換をリードする力において日本は弱いのです。その大きな理由の1つは、日本の大学教育や人材育成が、本当の意味で文系の知を理解していないことにあります。

 しかし、iPad/iPhoneの例が示すように価値軸の転換とは、概念の枠組みを変えてしまうことで、与えられたフレームの中で優れたものをつくるのとは別次元の話です。大きな歴史の中で価値の軸そのものを転換させてしまう力、またそれを大胆に予見する力が弱いことが、いつまで経っても日本が「後追い」を余儀なくされる原因だと思います。

自明だと思っているものを疑い、反省し、批判する

 新しい価値の軸を生んでいくためには、現存の価値、つまり皆が自明だと思っているものを疑い、反省し、多面的観点の中で、違う価値軸の可能性を見つける必要があります。ここには文系の知が絶対に必要なのです。概して言えば、主に理系的な知は短く役に立つことが多く、文系的な知はむしろ長く役に立つことが多いように感じています。

(つづく)
【金木 亮憲】

<プロフィール>
yosimi吉見 俊哉(よしみ・しゅんや)
1957年、東京都生まれ。東京大学大学院情報学環教授。同大学副学長、大学総合教育センター長などを歴任。社会学、都市論、メディア論、文化研究を主な専攻としつつ、日本におけるカルチュラル・スタディーズの中心的な役割を果たす。主な著書に『都市のドラマトゥルギー ―東京・盛り場の社会史』『「声」の資本主義―電話・ラジオ・蓄音機の社会史』、『大学とは何か』、『夢の原子力』、『「文系学部廃止」の衝撃』他多数。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月02日 16:47

九州電力 海外での地熱発電事業を強化へ~米国の地熱技術サービス企業を買収NEW!

 (株)キューデン・インターナショナルと西日本技術開発(株)が、地熱技術サービスを提供する米国サーモケム社の買収に係る株式購入契約を締結(5月29日調印)した...

2020年06月02日 16:16

岩田屋、福岡三越~顧客へのメッセージNEW!

 先日、岩田屋と福岡三越を運営する(株)岩田屋三越より弊社代表の児玉直宛に手紙が送られてきた。手紙の内容は...

2020年06月02日 16:15

第2次補正予算の新給付制度「家賃支援給付金」の概要!NEW!

 新型コロナウイルス感染症を契機とした5⽉の緊急事態宣⾔の延⻑などにより、売上の急減に直⾯する事業者の事業継続を下⽀えするため、地代・家賃の負担を軽減することを⽬的と...

2020年06月02日 16:00

2020年度の第2次補正予算案を閣議決定!中小事業者向けの主な支援策NEW!

 2次補正では、医療従事者への最大20万円の慰労金のほか、都道府県向けの「新型コロナ緊急包括支援交付金」、中小事業者の支援や財務基盤の強化策などを盛り込んだ...

2020年06月02日 15:38

建築家・有馬裕之氏のニューヨーク現地レポートNEW!

 ミネソタ州ミネアポリスで黒人のジョージ・フロイド氏が白人警察官から暴行を受け死亡した問題が波紋を広げています。コロナ禍の「限界ストレス」のなか、ニューヨークは...

2020年06月02日 15:30

九州地銀の20年3月期決算を検証する(3)NEW!

  【表1】を見ていただきたい。九州地銀(18行)の20年3月期の預貸率順位表である。 ~この表から見えるもの~ <1位~9位> ◆1位はふくおかFG...

2020年06月02日 15:00

アフターコロナ時代、「オンライン」=「品定め」の場にNEW!

 当社は動画コンテンツの制作やテレビ番組の制作を行っているが、業務にはハイスペックなパソコンが欠かせない。高画質の映像をテンポよく編集するには、処理能力の低いパソコン...

2020年06月02日 14:25

(一財)神奈川県経営者福祉振興財団(神奈川)/共済保険事業NEW!

 同社は6月1日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日、同地裁から監督命令を受けた...

2020年06月02日 13:03

四国新幹線「ないのがおかしい」(前)NEW!

 基本計画路線がある地域では、程度の差こそあれ、地元自治体、経済界などが中心となり、それぞれの地域ごとに国への要望活動などを行っている。そのなかの1つに、四国新幹線が...

2020年06月02日 13:00

AIやビッグデータで激変するまちづくり~内閣府スーパーシティ構想の行方(前)NEW!

 AI(人工知能)やビッグデータの活用で、まちが大きく変わるといわれている、内閣府の「スーパーシティ構想」を始め、自動運転や省エネ、スマートホームなどの「スマートシテ...

pagetop