• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年05月19日 11:07

認知症を作っているのは誰?(前)

大さんのシニアリポート第44回

 「サロン幸福亭ぐるり(以下「ぐるり」)」の来亭者のひとり、是枝冴子(仮名・78歳)さんが、長年抱えていた腰痛の手術に成功して戻ってこられた。腰痛手術の成功例を知らないわたしは、「奇跡的だ」と喜んだ。ところが、冴子さん自身の顔色が、名前のようには冴えないのだ。「だって、認知症だっていわれたのよ」と憤慨する。近所にある掛かり付けのB病院の医者に報告に出かけたところ、いきなり、「認知症です。薬を飲んでください」と宣告されたという。「そんなはずはない」と投薬を拒否すると、「なら、娘さんを呼んでください」といわれ、後日、娘と同道すると、「お母さんは明らかに認知症です。娘さんからも薬を飲むよういってください」と説得されたという。掛かり付け医のいうのには、「一目見れば、認知症かどうか分かる」と自信満々に断言したそうだ。診察もせずに、それも信用していた掛かり付けの医者に宣告されたら、あなたならどうします?

「サロン幸福亭ぐるり」の室内 <

「サロン幸福亭ぐるり」の室内

 腰痛手術をしたA病院の担当医に、「長期入院は認知症を引き起こす可能性があるので、担当部署で検査してください」といわれ、冴子さんが検査。結果は、「異常なし」。なのに、掛かり付け医に、検査もなしに、いきなり「認知症です。薬を出しましょう」といわれたのだ。「それだけじゃないの」と後日、追加の話を聞いた。「信用できないなら、C医院を紹介します。そこで診察を受けてください」といわれた。しかたなく冴子さんが同じ地区にあるC医院で診察を受けた。すると、院長に、「間違いなく認知症です。薬を出しておきます」との診断。「A病院のように、ここでも検査なんてなにもしないのよ(実際には口答による簡易な検査はあったよう)。人の顔を見るなり、認知症です。信用できません」と息巻く。

 問題はその先。娘が必死の形相で「お母さん、先生のいうことを聞いて薬を飲んで」と迫る。根負けした冴子さんは、仕方なく処方された薬を服用した。1週間後、体調不良で寝込む。「飲んじゃだめ」と見舞いに来た友人に諭されたので、思い切って薬の服用を辞めた。すると、体調が好転し普段の生活に戻ることができた。娘には「飲んでいる」とウソをついた。体調が戻った様子を見て、娘は「薬のおかげ」と信じ込んでいる。「大山さん、誰を信用すればいいの」と強い口調で投げかけられた。それはそうだろう、10年以上是枝冴子さんを診てきた掛かり付け医が信用できなくなったのだから。

kasu 興味深い新書を読んだ。『認知症をつくっているのは誰なのか』(村瀬孝生・東田勉 SB新書)である。そのなかに実に興味深い文章がある。少し長いが引用する。「かつて痴呆と呼ばれ『だいぶぼけてきたね』で済まされていたお年寄りが、今では認知症という病名をつけられ、医療の対象となって薬物療法を施されているからです」「認知症のことを知らない(と言うより、お年寄りの生活に興味がない)医者が『治療薬がある』という理由で積極的に認知症という診断を下し、薬を出すようになったのです。その結果、うつ病の薬ができたためにうつ病の患者数が飛躍的に増えたのと同じような現象が起こりました」「認知症は、国や製薬会社や医学界が手を組んでつくりあげた幻想の病です」と断言している。

 これが事実とするなら、実に怖い話だ。医者が病気を作り、薬を処方する。医者も薬局も、製薬会社も儲かる。「医者がグルになってわたしを苦しめる。このままじゃ、わたしは殺される」という是枝冴子さんの叫びはあながち大袈裟とはいえない。追い打ちをかけるように、「認知症を引き起こす原因疾患は70種類もあると言われますが、これらを正確に鑑別できる医者はめったにいません。鑑別できなくても『認知症』と診断すれば、アリセプトを始めとする抗認知症薬が投与できてしまいます。抗認知症薬には副作用があり、興奮や徘徊といった副作用が出たら、それを抑えるために向精神薬が投与されます。そのことによって、お年寄りは本物の認知症にされてしまうのです」(同)。

(つづく)

<プロフィール>
大山眞人(おおやま まひと)
1944年山形市生まれ。早大卒。出版社勤務ののち、ノンフィクション作家。主な著作に、『S病院老人病棟の仲間たち』『取締役宝くじ部長』(文藝春秋)『老いてこそ二人で生きたい』『夢のある「終の棲家」を作りたい』(大和書房)『退学者ゼロ高校 須郷昌徳の「これが教育たい!」』(河出書房新社)『克って勝つー田村亮子を育てた男』(自由現代社)『取締役総務部長 奈良坂龍平』(讀賣新聞社)『悪徳商法』(文春新書)『団地が死んでいく』(平凡社新書)『騙されたがる人たち』(近著・講談社)など。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月21日 09:36

ラグビーW杯、日本代表健闘するも…─日本代表vs南アフリカ代表─NEW!

 ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)で日本代表は10月20日、東京スタジアムで南アフリカ代表(スプリングボクス)と対戦し、3-26で敗れた。この結果、日本...

2019年10月21日 09:06

【『I・B TOKYO』発刊にあたって】NEW!

 今回「I・B TOKYO」発刊に漕ぎつけたのは、この激変時代に対応するにあたって企業の皆様方や自立・自覚を求める個人の方々に核心となる情報を提供するという使命感から...

2019年10月21日 08:44

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(5)NEW!

 関電疑獄事件に関して、社内コンプライアンス委員会の委員による内部報告書が平成30年9月11日付で作成され(同書)、一年後の本年10月、それを基に記者会見が開かれた。...

2019年10月21日 07:00

疾病リスク低減表示拡大と公正競争規約はトクホの救世主となるのか?(2)NEW!

 18年6月15日に閣議決定された「統合イノベーション戦略」および「未来投資戦略2018」において、トクホ等の保健の用途に係る表示の拡大についてその可能性を検討するこ...

2019年10月21日 07:00

「放射能でおもてなし?」~安全性を疑問視する国内外からの声が急増!(3)NEW!

 「東京オリンピック」の安全性を疑問視する国内外からの声が急増しています。今のところは、安全性を疑問視する声は海外からの声が大きいのが現状です。しかも、今年に入って急...

2019年10月20日 07:00

疾病リスク低減表示拡大と公正競争規約はトクホの救世主となるのか?(1)

 2015年4月1日に誕生した機能性表示食品制度は、それまでの「特定保健用食品(トクホ)」や「栄養機能食品」の行政主導の動きから、官邸主導の決定となり、食品の機能性表...

2019年10月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(4)

 関電の取締役会は機能不全となってしまった。かかる場合、虞犯取締役は辞任する他なく、また、関電は直ちに仮役員の選任を裁判所に申請し、適法な取締役で構成された取締役会に...

2019年10月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(3)

 関電の前号のような事情・実態もあってか、竹中平蔵氏が語っているように、政府高官の子弟が多く電力会社に就職している実態がある。竹中氏は遠慮しているので凡学一生の体験を...

2019年10月19日 07:00

癒しを求めて 全国から経営者が来院(後)

 慢性疲労には、水素も効果的です。大学病院の研究では、水素ガスの吸引は、ストレスや慢性疲労には極めて効果があることがわかりました。疲れが溜まっていくと、細胞内のミトコ...

2019年10月18日 17:59

「私たちにも何かできることがあるはず」~台風19号により氾濫した多摩川を取材して

 多摩川駅から歩いて約5分先の川沿いを歩いた。本格的な夏も終わり、コンクリートで固められた堤防というのに、上流から流されてきた大木や草木によって、現場では生草と粘土の...

pagetop