わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年05月24日 07:02

韓国経済ウォッチ~サムスンのグループ再編はうまくいくのか?(後) 韓国経済ウォッチ 

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)

 グループ再編の観戦ポイントは、3つあると思っている。

 1つ目は後継者になるためには、会長の持分を相続しないといけないが、相続するために必要な莫大な資金を、どのような方法で解決していくかという点である。
 その方法としては、たとえばサムスンSDSなどが良い事例になるだろう。サムスンSDSは14年1月に上場されたが、その時価総額は20兆ウォンくらいで、李副会長は25%の株式を保有していたので、これだけで約5兆ウォンの資金を確保したことになる。
 このように資金を確保する一方、税金をできるだけ抑える方法は何なのかが、模索されるだろう。

office01 2つ目は、どの業種を伸ばし、どの業種はやめるかという点である。サムスングループの複雑極まりない所有構造を整理し、シンプルにしていくことと、事業の取捨選択が行われると思われる。
 15年の5月に、第一毛織(持ち株会社であったエバーランドの社名変更)とサムスン物産を統合し、統合サムスン物産が実際の持ち株会社になっている。その傘下に、サムスン電子、サムスン生命などが入っている。現在、サムスン重工業などは赤字を垂れ流し、大変な状況に置かれているが、このような業種はひょっとしたらサムスンエンジニアリングと合併した後、売却するのではないかという観測も流れている。
 李副会長はスタイルからして、重厚長大産業より軽薄短小産業に力を入れようとしているようだ。その結果、サムスン総合化学、サムスントータル、サムスンテクウィンなどを韓火グループに売却したり、サムスン精密化学もロッテグループに売却済みである。

 3つ目は、李副会長の特有のどのような戦略を打ち出すかである。李副会長はすでに、M&Aをグループ成長戦略と位置づけているようだ。前回で触れたように、サムスンは以前と違ってシリコンバレーにその前線基地をつくり、積極的に企業買収を検討・実行している。

 韓国の国民は、アジア通貨危機を経験することによって、国の経済のためならどのような政策でも協力したいという雰囲気であった。政府では、今後このような経済危機が二度と起こらないようにするため、トリクルダウン効果で国全体が良くなると信じて、財閥系企業を重点的に育成。国民もこうした政府の政策に協力した。
 その結果、大手優遇策がとられ、財閥系企業は大きく飛躍したが、大手と中小企業の格差だけが開く結果になってしまった。国の運命を左右するほど財閥が大きくなってしまうと、否が応でも財閥がうまくいくことを願うようになる。
 サムスングループ再編はそのような意味で、サムスンだけでなく、一般の国民にとっても焦眉の関心事である。

(了)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

2020年01月17日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」1月16日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月17日 12:59

デラックス得丼お試し価格19日まで Hotto Motto(ほっともっと)

 プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)は10日、同社が展開する持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」の全店舗で「デラックス得丼」を発売した。

2020年01月17日 12:59

原点回帰で収益改善を急ぐほっともっと 20年2月期第3四半期

 持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開する(株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)が14日に発表した20年2月期第3四半期の決算短...

2020年01月17日 12:35

OCHIホールディングス(株)創業の礎を守り進化させる胆力

 2010年10月1日に越智産業(株)の単独株式移転により、持株会社として設立されたOCHIホールディングス(株)。直近の2019年3月期で1,000億円の売上高を突...

pagetop