• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月06日 14:14

産廃処分場問題、嘉麻市で住民らが決起集会

熊ヶ畑産廃訴訟原告団団長・笹尾正氏は「四半世紀にわたっていい加減な産廃処分がなされてきた。がんばっていきたい」と決意を述べた<

熊ヶ畑産廃訴訟原告団団長・笹尾正氏は
「四半世紀にわたっていい加減な産廃処分がなされてきた。がんばっていきたい」と決意を述べた

 5日、嘉麻市「生命の水を守る会」(以下、守る会)が嘉麻市内の山田市民センターで「『熊ヶ畑』産廃訴訟決起集会」を開催した。守る会は、嘉麻市内にある産業廃棄物の最終処分場が雨水を汚染して水道の原水となる地下水に流れ込んでいると指摘し、将来にわたって地域住民の環境と生命、健康が侵される可能性があると主張。最終処分場の所有会社(以下、処理業者)と許認可権を持つ県を相手取り、それぞれ訴訟を起こしている。処理業者は現在の処分場の周辺の土地も所有しており、今後、拡張がなされる予定であるとして、その阻止に向けて一致団結して立ち向かうために、決起集会を開いた。

 守る会は決起集会のなかで、処理業者が安定型処分場に許可されていない品目の産業廃棄物を埋め立てる法や決まりを逸脱した会社であるとし、処理業者の操業中止、県への拡張許可取り消しを求める決議文の採択を行った。また、守る会の訴訟代理人を務める弁護団の1人、高橋謙一弁護士は「最大の目標は処分場が皆さまの未来を侵害することがないようにすること。裁判所は処分場が安全という立場をとったうえで和解案を提示したが、処分場が危険という立場をとる皆さまは『この程度の和解では手を打つことはできない』と判断した。皆さんががんばっている限り、今より悪くなることはない。大変とは思うが、戦っていこう」と述べた。

 決起集会には、多くの嘉麻市民が田植えの時期という多忙な合間を縫って参加。守る会の主張に耳を傾けていた。

弁護団の1人・高橋謙一弁護士<

弁護団の1人・高橋謙一弁護士

決起集会には多くの嘉麻市民が集まった<

決起集会には多くの嘉麻市民が集まった

【柳 茂嘉】

▼関連リンク
・嘉麻・産廃拡張許可取り消し訴訟で弁論

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月15日 09:00

【8/15~31】福岡出身プロゴルファー小田孔明氏が豪雨災害復興チャリティー開催

 プロゴルファー小田孔明氏らは、令和2年7月豪雨の被災地のファンへの恩返し、復興支援の思いを込めて、チャリティーオークションを本日15日から31日までモバオクで開催す...

2020年08月15日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(後)

 ナインアワーズが再生を手がけるのは、東京、名古屋、大阪、福岡などの大都市圏で、かつターミナル駅徒歩数分の立地に限定している...

2020年08月15日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(後)

 市担当者は「受け皿となる民間事業者はある。ただ、業務量が膨大なため、単独の企業ではなく、複数企業から成るSPC(特別目的会社)を想定している」と話す...

2020年08月15日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(4)

 神戸市の人口は、20年6月時点で151万人。阪神淡路大震災の影響により151万人から142万人まで減少したが、その後は回復を続け、2011年には154万人に達したも...

2020年08月14日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(前)

 「今年の春、カプセルホテルやビジネスホテル、民泊などの宿泊特化型施設の売上は昨年同月比で10%以下にとどまったところが多かった。ナインアワーズでは、カプセル内UV照...

2020年08月14日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(中)

 この状況を打破すべく、2017年から大阪市水道局は、当初の5年間で耐震性の低い鋳鉄管を集中的に更新した後、次の5年間でペースを倍化し、古いダクタイル鋳鉄管を更新する...

2020年08月14日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(3)

 基本計画のもう1つの目玉が、都市再生事業(雲井通5丁目再開発)として進めるバスターミナルビルの建設だ...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

pagetop