• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月07日 11:01

沖縄県議選、翁長県政与党が過半数~持ちこたえた自民党

 6月5日投開票された沖縄県議選(定数48)で、辺野古新基地建設に反対する翁長雄志知事を支える与党勢力が議席を増やし安定過半数を獲得した。1年半前の県知事選、2014年の衆院選に続いて、辺野古新基地反対の民意があらためて示された。選挙結果は、辺野古新基地建設を「あらゆる手段で阻止する」とする翁長県政の信任でもあった。

辺野古移設反対の民意

henoko 政府は、翁長知事の埋め立て承認取り消しと、それに続く訴訟の和解によって、辺野古沖での工事の中止に追い込まれた。市民運動と県知事という行政権限が「二人三脚」で、新基地建設を阻んできたと言える。
 県民は海上・陸上で新基地建設阻止のために行動を続けてきた。沖縄県民の「体を張ってでも阻止する」との決意は強固だ。その覚悟は、沖縄戦直後に住民を収容所に囲い込んでの土地取り上げや、銃剣とブルドーザーによる強制接収の基地形成史に由来する。
 しかし、その固い決意も、政府は、海上保安庁をはじめ国家権力を動員して実力で排除してきた。仲井真弘多・前知事が辺野古埋め立てを承認したように、県知事さえ籠絡してしまえば、政府にとって市民運動を蹴散らすのは容易ではないにしても、不可能ではない。政府は、中央政府に付く県知事なのか、市民運動に付く県知事なのかが、米軍基地体制の維持にとって決定的な違いを生むことを百も承知している。
 県民が翁長県政を信任した意味の重さを一番よく知っているのは、政府関係者だろう。

 県議選の結果は、県政与党が共産党6議席、社民党6議席、沖縄社会大衆党3議席、無所属など12議席の合計27議席。野党が、自民党14議席、無所属1議席の合計15議席。中立派が、公明党4議席、おおさか維新の会2議席の合計6議席となった。

 告示直前に起きた米軍属による女性遺体遺棄事件は、人間の尊厳と人権を踏みにじる米軍基地の現実を浮かび上がらせた。繰り返される犠牲を前に、命を守れなかった無念さを沖縄県民は共有している。日本復帰後の43年間で、殺人や強姦などの凶悪犯罪は574件におよぶ。基地との共存は受忍限度を超えている。女性遺体遺棄事件後も米軍属覚醒剤密輸事件や飲酒米兵国道逆走事件が起き、「綱紀粛正」や「再発防止」の言葉に実効性がないことを示した。「もはや我慢ができない」との県民世論は、県議選の結果にも反映した。

逆風下で自民党も議席増

 女性遺体遺棄事件後、沖縄県議会が初めて米海兵隊の撤退を要求して決議し、米四軍調整官が異例の記者会見を開いたり、在日米海軍が基地内外の全面禁酒令を出すなど、異例ずくめなのも、臨界点に達した県民の怒りがあるからだ。

 自民党は、逆風にさらされた選挙戦だった。与野党逆転をめざし多数を公認推薦した結果、落選が目立ったが、よく見ると、13議席から14議席に議席増。開票当日は、地元テレビ局の開票速報で早々と当確を決める候補者が続出し、上位当選が相次いだ。猛烈な逆風にもちこたえた「もう1人の勝者」と言ってもいい。

 「基地イコール悪」は沖縄県民の共通認識だ。しかし、同じ共通認識を持ちながら、「基地撤去」という主張と、「基地は安全保障上必要」「米海兵隊は日本を守るために不可欠」「必要悪だ」という主張は、衝突し、かみ合わず、結論の出ないすれ違いの議論が続いてきた。反基地感情がどれほど根強く広範でも、それが「基地撤去」とイコールではないのが、基地問題の抱える難しさだ。
 県議選は、参院選の前哨戦にもなった。参院選沖縄選挙区(改選数1)は、自民党現職で沖縄担当相の島尻安伊子氏(51)と、辺野古新基地反対の「オール沖縄」が推す新人の元宜野湾市長の伊波洋一氏(64)との事実上の一騎打ちが予想される。2014年の衆院選では、「オール沖縄」は4つの小選挙区で全勝し、自民党は小選挙区の議席を失った(比例で復活当選)。2018年県知事選という県内政局の頂上決戦を視野に、再び、「オール沖縄」VS「中央政府・自民党」が激突する。

【山本 弘之】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月26日 17:41

久山温泉を飯塚市の土木工事業者が取得

 昨年6月末に閉館したTKPレクトーレ博多 久山温泉の土地建物が、売却されていたことがわかった...

2021年01月26日 17:09

ブッシュパイロットを目指し、クラウドファンディングで支援呼びかけ~インドネシアで人助けを

 オーストラリア出身で、10歳から福岡県柳川市で過ごした藤木キアさん(20歳)。キアさんは現在、インドネシアのジャングルに住む人々に食料や医薬品を運ぶため、ブッシュパ...

2021年01月26日 16:45

政府債務論のコペルニクス旋回、日本は反省せよ~イエレン・パウエル連携は強力な株式支援に(1)

 NetIB‐Newsでは、(株)武者リサーチの「ストラテジーブレティン」を掲載していく。 今回は2021年1月25日付の記事を紹介...

2021年01月26日 16:28

『脊振の自然に魅せられて』大雪の脊振山へ(前)

 1月7日から3日間、日本全土に寒波が襲来して福岡市の道路も積雪に見舞われ、タイヤにチェーンを巻いて走るバスや車を見かけた。筆者の住むマンションの敷地にも積雪があり、...

2021年01月26日 16:04

ネットバブルの寵児、折口雅博氏の自伝『アイアンハート』を読む~逃避先の米国で、あのトランプ前大統領の知遇を得て再起!!(2)

 折口雅博氏は、少年工科学校から防衛大学校に進学した。防衛大学に進学できるのは、せいぜい400人中10人前後。消灯後に、教官に見つからないように毛布にくるまりながら受...

2021年01月26日 15:37

【3/2】商工会議所オンライン講演会「コロナ禍での感動のおもてなし」

 福岡商工会議所情報・文化・サービス部会は3月2日、Withコロナ、Afterコロナ時代に必要とされる部会事業の一環として、「福商おもてなしコンクール」の発案者でもあ...

2021年01月26日 15:14

【福岡県に緊急事態宣言】(15)緊急事態宣言と飲食店主・現場の声(1)

 政府が緊急事態宣言を発出して2週間以上が経過した。新型コロナウイルス感染症の鎮静化の動きが不透明ななか、同宣言により悪影響が直撃しているのが、飲食店である。業界大手...

2021年01月26日 14:45

【政権崩壊序章】北海道2区補選で自民候補擁立を断念 「スガーリン」の姑息なねらいが見え見え

 菅政権(首相)は、1月15日に収賄罪で在宅起訴された吉川貴盛・元農水大臣(北海道2区)の汚職事件の早期幕引きに躍起だ。疑惑発覚後に吉川氏はすぐに入院、説明責任をまっ...

2021年01月26日 14:05

【企業研究】「凋落するメディア事業」〜西日本新聞社

 ブロック誌の雄として九州地区に君臨してきた(株)西日本新聞社だが、近年の業績は下降推移だ。20年3月期では本業の新聞発行を中心としたメディア関連事業で営業赤字に転落...

2021年01月26日 13:58

【特別インタビュー】再分配機能の強化で貧困をなくす コロナ禍で「小さな政府」は終焉(中)

 『安倍政権において経済が順調だという印象になったのは、株価が高かったからだと思います。しかし、それは官製相場で無理やりつり上げてる部分がありますし、株価と連動して景...

pagetop