• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月15日 11:11

長崎原爆の「黒焦げの少年」 71年ぶりに身元判明か

nagasaki 長崎原爆の投下翌日に爆心地付近で撮影された黒焦げの少年が、当時13歳の中学1年生だった谷崎昭治さんとみられることがわかった。谷崎さんの妹から申し出を受けた長崎平和推進協会写真資料調査部会が調査を進め、6月13日の記者会見で公表。専門家も同一人物の可能性が高いと鑑定しているという。世界に衝撃を与えた「黒焦げの少年」の身元が、71年の時を経てようやく明らかになった。

 写真は1945年8月10日、写真家の故・山端庸介氏が撮影。95年に長崎市長だった故・伊藤一長氏がオランダ・ハーグの国際司法裁判所で写真を掲げ、「この子たちに何の罪があるというのでしょう」と訴えたことで世界的に知られるようになった。長崎原爆資料館に常設展示されている。

 谷崎さんの妹の西川美代子さん(78)と山口ケイさん(76)が昨年、長崎市内であった原爆写真展で写真を見て、「兄ではないか」と名乗り出たという。写真展を主催した同部会の深堀好敏会長(86)が池田典昭九州大大学院教授ら法医学の専門家に依頼し、生前の谷崎さんの写真を基に鑑定。輪郭や目鼻立ちのかたちら同一人物の可能性が高いとの結論に至った。

 谷崎さんは45年4月、実家のあった旧瀬戸町(現長崎市西海市)から瓊浦中学(長崎市竹の久保町)に進学。8月6日の広島原爆を受け、父から帰省するように勧められたが「試験がある」と断り、9日の長崎原爆で亡くなったという。記者会見した西川さんは「71年かかって、やっとみんなで会えたという気持ち」と語った。

【平古場 豪】

 
キーワードタグ:長崎  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年04月10日 07:00

「コダマの核心」いや、もとい「よろくそレポート」~コロナ恐慌からコロナ恐慌革命への道程(後)NEW!

 前回、指摘したように必要とされない職種は淘汰される運命にある。家庭に直接帰還するという生活スタイルが主流になれば、中洲の復興はおぼつかなくなる。そうなれば中洲の繁華...

2020年04月10日 07:00

名古屋・栄の久屋大通公園~日本初の大規模P-PFIでどう変わるのか?(後)NEW!

 市が事業者の公募を開始したのは17年10月。選定審議会の審査の結果、18年2月に三井不動産(株)グループ(大成建設(株)、(株)日建設計、岩間造園(株))を選定した...

2020年04月09日 17:55

【現場レポート】博多リバレイン、新型コロナの影響で期限無しの「当面休業」

 博多リバレイン内および周辺店舗などの状況を現場からレポート

2020年04月09日 17:16

「三井ガーデンホテル福岡中洲」、今夏以降に開業を延期

 三井不動産(株)および(株)三井不動産ホテルマネジメントは、4月24日(金)に予定していた「三井ガーデンホテル福岡中洲」(257室)の開業を、今夏以降に延期すると発...

2020年04月09日 16:41

YouTubeがD.アイクの動画を削除 BBCが犯行認める

 デーヴィッド・アイクが出演する4月6日の英国の独立系メディア『ロンドンリアル』のインタビュー動画が生配信終了直後、YouTubeから削除された。新型コロナウイルスと...

2020年04月09日 15:35

「コダマの核心」いや、もとい「よろくそレポート」~コロナ恐慌からコロナ恐慌革命への道程(前)

 今回、タイトルに「よろくそ(糞)」という言葉を付加したが、この言葉は宮崎の方言で、高千穂周辺から広まったといわれる。わかりやすく説明すると「臆病者」という意味である。

2020年04月09日 15:30

【消費税ゼロ+現金給付】川内博史衆院議員(立憲民主党)の新型コロナウイルス対策

 安倍政権の中身の乏しい新型コロナウイルス経済対策と違って、現金給付や消費税ゼロの大胆な対策を提案する川内博史衆院議員(立憲民主党)に話を聞いた...

2020年04月09日 15:09

社内コミュニケーションを向上させ、ボトムアップでより良い決定ができる会社に(中)

 「私自身面白いと思えるのですが、カナモトは基本的に独立独歩、自立自尊を尊重する会社です。統治はあまりせず、アライアンスという概念を好みます...

2020年04月09日 14:30

注目の「コトPOP」~大手・中堅チェーンも取り組みを強化

 スーパーの売り場でよく見かける価格や商品名の描かれたPOP。印刷ではなく手描きにすることで、よりお客に印象付けアピールできることから、再評価する動きも出てきた...

2020年04月09日 14:00

『脊振の自然に魅せられて』「第3回ブナ林調査」

 パソコンのメールで「3回目のブナ林調査を行います」と会員に知らせた。すると会員の Gから「『うちの会』にこのままメールを流そうか」と思う、という旨の電話があった...

pagetop