わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月27日 14:05

小倉・魚町銀天街から始まるリノベーション活動(4) 地域づくりにマーケティング発想を! 

小倉家守構想の提案

資料:「小倉家守構想報告書」より 資料:「小倉家守構想報告書」より

 さて、2010年度に4回開催された小倉家守構想検討委員会における検討から得られた小倉の中心部のあり方に関する提案を「小倉家守構想KTQ Re Innovation 北九州 リ・イノベーション」(北九州市 2011年2月)と題された報告書から紹介します。
 まず、「小倉中心市街地の商業活動が衰退する原因の基となっている産業の疲弊という現象に着目し、これを解決することを目指す」とし、「業種・業態転換、起業支援」「採算ぎりぎりで維持している店舗・企業等のテコ入れ黒字化」などですが、これは言うは易し行うは難しです。しかし、このなかで「遊休不動産活用、不動産事業の採算性向上」については、取り組みやすい項目だと筆者は感じました。
 そこで提案されたテーマが「遊休不動産活用×質の高い雇用創出=産業振興・コミュニティ再生」であり、そのコンセプトが、「KTQ Re Innovation 北九州 リ・イノベーション」というわけです。
 日本の近代鉄鋼産業がこの北九州の地で1901年に始まり製造業のイノベーションをリードして来たことによります。そして「時代は変わり、製造業とは異なるジャンル、より生活に密着したジャンルでイノベーションを行ってゆくことが必要になっている。まちの中に点在する遊休不動産再生とその中身となるコンテンツの創造・更新をイノベイティブに実行することが、小倉家守構想の考え方である」というコンセプトを打ち出しています。

 このコンセプトに基づいて、以下のような仕組みを提案しています。まず、その基本は、次のように集約されています。
 小倉家守構想のリード役と施策化は、北九州市が主導し、実際のプロジェクトは、民間が手を挙げ、これを北九州市がサポートする「民間主導の公民連携方式」を提案しています。この方式により多種多様なプロジェクトを同時並行で進めるべきとの提案も。
 さらに、このプロジェクトの推進には人材の育成が重要であるとの指摘もされています。
 このプロジェクトにより「新しいサービス産業の集積」「サブカルチュアー関連業の集積」「医療・介護関連業の集積」「エコ(eco)なライフスタイル 他」といった目指すべき具体的な産業クラスターの提示もなされています。
 このほか、「小倉家守構想では、多様な都市型産業集積を目指す」として、「医療・介護サービス」「都市観光」「流通新業態」などの各種の都市型産業のイメージが掲げられています。しかし、これはあくまでもイメージであり、それぞれの産業を確立することが並大抵のことではないことは周知の事実です。
 ということで、ここからがこの事業を担当した㈱アフタヌーンソサエティ代表清水義次氏の提案の見せ場になるのです。
 清水氏は、ここで知行合一(真に知ることは必ず実行をともなう。知と行とは表裏一体)という言葉を引いて事業の方向性を提示します。「知行合一するには、高い志と、したたかなソロバンが必要」というわけです。
 「建物を新築することよりも既存の建物をリノベーションして活用する。老朽化した空きビル、空き家、空き店舗を、オシャレに、快適にリノベーションし都市中心部の建物を環境改善する」ことが大事、それが「建築学科を卒業しても就職先のない建築家を目指す若者たちの雇用対策、失業対策を(ほとんど公共の支出なしで)成し遂げる」ことにもなるというのです。
 そして、ここに初めて「リノベーションスクール」とか「クリエーター」「学生」「不動産オーナー」といったキーワードが登場します。
 以下、さまざまな具体的提案が行われていますが、要は、既存ストックを活用してまちづくりにも資するリノベーションを行っていこう、そのためにリノベーションスクールを立ち上げようということです。
 最後に、こうも言っています。「やれることからすぐに始める。空きビル、遊休資産を活用し、小、中、大まで多様なプロジェクトを並行して進めていく。すると、まちに変化が少しずつ現れてくる」と。そして、後日このことが実現する日が来るのです。
 それは、前回(このシリーズ第3回)紹介したこの委員会のメンバーであり魚町商店街に大きな商業ビルを所有する梯輝元氏がこの提案に触発されることによります。そこから、このシリーズの主役である嶋田洋平氏が登場します。
 そのことは、次回に。

(つづく)

<プロフィール>
100609_yoshidaM&R 地域マーケティング研究所
代表:吉田 潔
和歌山大学国際観光学研究センター客員研究員、西日本工業大学客員教授、福岡大学商学部非常勤講師

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月17日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」1月16日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月17日 12:59

デラックス得丼お試し価格19日まで Hotto Motto(ほっともっと)

 プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)は10日、同社が展開する持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」の全店舗で「デラックス得丼」を発売した。

2020年01月17日 12:59

原点回帰で収益改善を急ぐほっともっと 20年2月期第3四半期

 持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開する(株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)が14日に発表した20年2月期第3四半期の決算短...

2020年01月17日 12:35

OCHIホールディングス(株)創業の礎を守り進化させる胆力

 2010年10月1日に越智産業(株)の単独株式移転により、持株会社として設立されたOCHIホールディングス(株)。直近の2019年3月期で1,000億円の売上高を突...

2020年01月17日 11:54

【2/3開催】福岡県企業立地セミナーin東京

 福岡県は2月3日、東京都内の会場で、「福岡県企業立地セミナーin東京」を開催する。セミナーでは小川洋・福岡県知事のほか、昨年2月、福岡県久留米市に国内外向け化粧品の...

2020年01月17日 11:26

JADMA、福岡で賀詞交歓会開催

 日本通信販売協会(JADMA)は16日、福岡市内で賀詞交換会を開催。協会会員および関係者95名が出席した。

2020年01月17日 10:45

まちかど風景・中央区~旧大名小跡地側に商業ビル

 福岡市中央区大名エリアでは「アパホテル福岡天神西(2020年5月開業予定)」や、「旧大名小学校跡地活用事業(ザ・リッツ・カールトン福岡など)」の工事が進んでいる。福...

2020年01月17日 10:33

業務委託と称し労働者を二重派遣~東京都中央区のIT業者に事業改善命令

 東京労働局は2019年12月26日、システム開発業務やIT人材派遣業務などを手がける(株)プロフェース・システムズ(東京都中央区、田一輝代表)に対し、労働者派遣法に...

2020年01月17日 09:00

離職率5%以下実現を目指す「心が折れない」職場づくり(後)

 メンタルヘルステクノロジーズでは、子会社のAvenirを通じて産業医や保健師などの専門家による相談体制の構築のほか、専門医によるメール相談や電話相談などを通して、企...

2020年01月17日 07:30

アスコット傘下で事業に弾み加速する「アメイズ」マンション

 「アメイズ」「ネオス」シリーズのファミリーマンションを販売する(株)シフトライフ。「良質でありながら、市場より抑えた価格のコストパフォーマンスに優れた住まいを提供し...

pagetop