2022年05月24日( 火 )
by データ・マックス

一風堂の新業態が東京にオープン

ippudou (株)力の源カンパニーは、日本酒を提供する新業態店「一風堂スタンド」を15日、東京・浜松町にオープンする。同店は、店内の一角に立ち飲みスペースを構え、通常メニューに加え、日本酒とおつまみを手頃な価格で提供する新スタイル。

 メニューには全国各地の銘酒を取り扱う「博多 住吉酒販」がセレクトした日本酒や、今年95周年を迎える福岡の豆腐店「豆藤(まめふじ)」の厚揚げや丸天などが並ぶ。おつまみのみ、平日は15時以降、土・祝日は終日提供する。

 新業態の展開について同社広報は「お客様の反応を見て、今後も広げていきたい」と期待を寄せる。仕事終わりに一杯飲んで、そのまま〆のラーメンを食べて帰る。一店舗完結型の新しい業態に注目が高まる。

■一風堂スタンド 一風堂浜松町店

<場 所>
東京都港区浜松町1-27-6 マストライフ大門・浜松町1階

<営業時間>
月~木・祝日午前11時~午後11時、金・土・祝前日午前11時~翌午前2時
TEL:03-6459-0068

<定休日>
日曜日

<予約>
不可

<席数>
31

※オープンから先着3,000名限定でサービス券を配布
(1)「博多ひとくち餃子(10個)」ご賞味券
(2)「日本酒1種」または「ビール1杯」からお好きなものひとつを選べるご賞味券

▼関連リンク
博多一風堂

日刊マックス流通のご案内

 日刊マックス流通は沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームまたはバナーからお申し込み下さい。
※「日刊マックス流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

 

関連キーワード

関連記事