• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年08月10日 11:01

筑後リサイクル店事件判決、解明はどこまで進んだか

類例を見いだしがたい事案、真相解明の道半ば

night 元従業員ら3人が死亡した筑後リサイクル店事件は、8月8日、中尾伸也被告人の判決で1つの区切りがついた。しかし、遺族の悲しみや苦しみは終わらない。両被告人への判決は3人の傷害致死罪で有罪とした。同じ機会に複数の傷害致死を起こしたのではなく、別個の機会に傷害致死3件を起こしたという「類例を見いだしがたい事案」(判決)で、著しく常軌を逸した事件だった。動機にも、生命保険金目的や怨恨などは見当たっていない。
 8月8日の判決は、「両被告人が、各被害者らを支配服従関係におき、みずからの意に沿わない言動があるたびに、理不尽な暴行を繰り返し、その結果、死に至らしめた」と述べている。

 判決は、元従業員の日高崇氏の死亡について、伸也被告人が殺意をもっていたとの証明がないと判断し、殺人罪の成立を認めなかった。その中心問題は、日高氏が死に至った最終的な暴行の態様、その時の身体状況、暴行と死亡との間の具体的な機序が不明だからである。
 被告人らは、遺体を、伸也被告人の実家に埋め、その後掘り返して遺体を砕いて川に流し、被害者らが生きていると偽装するなど「狡猾な偽装工作」を行った。その結果、事件の発覚までに約10年が過ぎ、遺体は骨の一部しか発見されず、死因の特定もできていない。

 検察側は、両被告人が、日高氏に対し、人が死ぬ危険性が高い行為をそのような行為だと分かって行っていたので、殺意(未必の殺意)があったと主張。弁護側は、日高氏を殺害する故意はなく、伸也被告人の暴行と日高氏の死亡との因果関係もないから、殺人罪も傷害致死罪も成立しないと主張していた。

 判決は、「通常の暴行や傷害行為と一線を画すそれ自体として死亡の結果を招く危険性の高い強度の暴行は見当たらない」と指摘。「日高氏が死に至った具体的な状況等は不明」「(元従業員で先に死亡した)古賀雄喜氏の死因や死に至った具体的な経過はなおさら判然としない」と述べ、日高氏に対して古賀氏と同様の行為を継続して死亡に至らせたと認定できる証拠はないと判断。概括的な体験事実をもって殺意を推認するのも困難とした。一方で、不始末を起こせば暴行を加えるとの包括的な共謀の成立、両被告人が暴行を繰り返した結果、日高氏が傷害を負い、同傷害によって死亡に至ったと認められると結論付け、傷害致死罪の成立は明らかだとした。

 知佐被告人の妹とその夫の冷水一也氏の間の息子大斗くんの死亡について、伸也被告人の弁護側は、大斗くんを一時預かっていた知佐被告人が単独で引き起こした事件であり、教育方針を話し合ったことも、口で言っても分からなければ暴力を振るうという認識を共通にしたことはないとして、大斗くんへの暴行を共謀していず、知佐被告人単独の暴行によって死亡した可能性があるとして傷害致死罪の成立を否定していた。

 判決は、伸也被告人が、知佐被告人の暴力を辞さない教育方針を容認し、援助・助長し、みずからが大斗くんに加える暴行の理由としていたと言うべきだと述べて、大斗くんが意に沿わない言動をする場合に暴行してでも言うことを聞かせるという包括的な共謀が成立していたと認めるのが相当との判断を示した。

「支配服従させ、理不尽な暴力」がなぜ繰り返されたのか

 時効のため起訴されなかった古賀氏の死亡も含めて4人の死亡事件はいずれも、両被告人が経営するリサイクル店と自宅アパートという空間で起きた。
 「支配服従させ、理不尽な暴力」がなぜ繰り返され、なぜ4人もの人間が死亡しなければならなかったのか、捜査機関の真相解明は困難を極めた。
 解明にある程度資する供述をした伸也被告人の記憶や供述内容は曖昧で、知佐被告人の供述は、具体的で迫真性に富むが、自己の責任を回避し伸也被告人に過剰な責任を押し付けるための虚偽の疑いが濃厚であった。
 両被告人が判決を契機にして反省を深め、被害者の生命を奪った最終的な暴行の態様など、事件の核心をみずから明らかにすることが、被害者と遺族への謝罪と反省のしるしになる。

【山本 弘之】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

2020年09月18日 17:00

コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至

 コロナ下で百貨店が綱渡り経営を続けている。博多大丸以外は損益分岐点比率が高く、岩田屋三越とトキハ、井筒屋は95%を超え、山形屋は105.0%で、わずかな減収で赤字に...

2020年09月18日 16:52

地銀の経営統合~「待ったなし」を検証する(後)

   【表1】を見ていただきたい。47都道府県の地銀の状況表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国47都道府県にある地銀は、第一地銀64行、第二...

pagetop