• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月09日 13:24

「柔よく剛を制する」フローズン総合商社、挨拶と笑顔が絶えない社風で一致団結(前) 福岡の未来を創る101社 

(株)佐々木冷菓

アイスは鮮度が命!パリパリ感を重視

玄関に飾られる記念写真<

玄関に飾られる記念写真

 商品の価値を測るうえで、重要な指標となるのが『鮮度』。たとえば、スーパーマーケットにおいて生鮮食品は、鮮度の良さが購入の絶対条件となる。だが食品のなかで、アイスクリームにも鮮度があることは、意外と知られていない。たとえば、森永製菓の「チョコモナカジャンボ」、江崎グリコの「ジャイアントコーン」などのモナカ型アイスやコーン型アイスは、パリパリ感(食感)があってこそ。これらを追求、そして実践しているのが、(株)佐々木冷菓の「21世紀型流通システム」だ。簡単に言えば、商品がメーカーから納品され消費者の手にわたるまでの開閉回数を少なくすることで、鮮度が保たれ美味しいのである。

 同社は1958年4月、佐々木源太郎・現会長が創業した佐々木商店がルーツ。87年1月に株式会社として法人化した。同社は、アイスおよび冷凍食品などを取り扱うフローズン総合商社として、スーパーやコンビニなどに卸している。同社は今から約30年前の会社設立時は、年商1億5,000万円の小さなアイス問屋だった。そもそも創業間もない頃は、他の商材を取扱っていた。ある日、取引先の1社から受けた「今のアイス屋さんでは配送頻度が少なく品切れが多い。品切ればかりでアイスを買いに来たお客さんに申し訳ない」という相談をきっかけに、アイス商材の取り扱いを開始。その後真夏の日には1日3回の配送を行い、品切れを防止できたことで信頼を得た。お得意先の困りごとの解決のお手伝いを行うこと、これをリテールサポートの基本とし、それが創業者の思いとして役員、全社員で共有している。

 現在でこそ、九州一円および中国・四国地方に13のネットワークを有する九州の大手商社となっている同社だが、ここまでの道のりは平坦ではなかった。
 今から30年前、アイス問屋は各都道府県の地域ごとに存在していた。同社専務の佐々木裕二氏が会長を務める「九州冷凍協会」(日本アイスクリーム流通協会九州支部)では当時、350の加盟数があったが、現在は10数社に集約されている。同社は約30年前、創業30周年の節目に株式会社化したが、これからの時代は冷凍問屋としての企業力や独自性を高めるための機能を備えることが必要と考え、共生の理念の下、各地に拠点を広げ、事業運営を行ってきた。

 同社が手がける売場には欠品がなく、季節感に満ちている。新商品が早く、鮮度が保たれている…。これらは一見、どこの店舗でも当たり前に行われているように思われがちだが、決して容易なことではない。同社は今まで他社が行わないことをやることで、福岡、北九州、熊本、山口、大分に支店、長崎、宮崎、延岡、鹿児島、愛媛などに営業所を広げることができた。小売店に代わって「消費者の魅力ある売場づくり」を店舗に変わって行う営業姿勢が、顧客先の開拓につながった。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:佐々木 繁
所在地:長崎県北松浦郡佐々町小浦免1572-54
設 立:1987年1月
資本金:3,000万円
売上高:(15/11)約190億円
TEL:0956-40-1500
※採用担当:総務 田渕まで

<プロフィール>
sasaki_pr佐々木 繁
1958年4月、長崎県佐々町生まれ。長崎県立北松南高校(現・清峰高校)卒業後、佐々木商店に入社。2008年1月、同社代表取締役社長に就任。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年01月17日 16:03
NEW!

阪神淡路大震災から24年~被災者のこころのケアは今

  震災遺構がある神戸市中央区の 神戸港震災メモリアルパーク  1995年1月17日、淡路島北部を震源とするマグニチュード7.3の地震が近...

2019年01月17日 15:38
NEW!

「携帯料金は4割値下げ余地がある」~菅官房長官の発言を検証する(下)

  【表1】を見ていただきたい。日本を代表するトップテン企業の売上高および当期純利益の順位表である。 ~この表から見えるもの~ 2.日本の売上高トップ...

人々の日々の生活を陰で支える都市インフラの担い手(前)

  松山建設 (株) 豊富な実績を有する総合建設業者  松山建設(株)は、1956年に現在の築上町で「小松組」として創業したのが始まり。62年には...

2019年01月17日 14:45
NEW!

ドラッグストア業界が挑む「食と健康」市場創造戦略~製配販連携で10兆円産業目指す(前)

   日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は、設立20周年記念事業の核事業として、「食と健康」による市場を創造し、10兆円産業を目指すことにした。目的を...

2019年01月17日 14:26
NEW!

映画『人生フルーツ ある建築家と雑木林のものがたり』を観て(前)

  大さんのシニアリポート第75回 ドキュメンタリー映画『人生フルーツ』(東海テレビ制作/監督・伏原健之)を観た。主人公の津端修一は建築家である。日本...

2019年01月17日 14:08
NEW!

トライアル、来期上期に九州で5店出店~ドミナント化進む

   トライアルカンパニーは来期(2020年3月期)上期に、九州で神埼千代田、大町(以上佐賀県)、敷戸(大分市)、山鹿(熊本県)の4店を出店する。3月上旬に計画して...

2019年01月17日 13:21
NEW!

まだ間に合う!賞金総額100万円 学生グループ限定HP制作コンテスト

  応募は1月31日まで  高校生や専門学生、大学生が運営する学生団体やサークルやイベント、部活動、研究室、ゼミなどのグループ活動に関するネット発信で賞金...

2019年01月17日 11:31
NEW!

『脊振の自然に魅せられて』初冠雪登山を楽しむ

   昨年の12月、ワンゲルの後輩や脊振の自然を愛する会のメンバーに声をかけ、忘年登山を行った。参加者は11名、ワンゲルの男女の学生から高齢者までを含む登山となった。...

2019年01月17日 11:12
NEW!

【流通ジャーナリスト西川立一のトレンドウォッチ】青果と加工食品の専門店の平均月商1,200万円~Una Casita(おなかすいた)が首都圏で拡大中

   「Una Casita(おなかすいた)」というちょっと変わった店名の青果と加工食品の専門店が、首都圏で人気を集めている。3年前に1号店を東京・下北沢にオープン、...

2019年01月17日 10:50
NEW!

米中貿易経済戦争の本質:5Gをめぐる主導権争い~HUAWEI(華為)に対する米国の対応から見える焦り(4)

  東洋学園大学教授 朱建榮 氏 中国の5Gに対する米国の狙撃作戦  米側は各国に対して、「HUAWEIは安全上問題がある」としてその採用を阻止し...

pagetop