わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月11日 11:28

小倉・魚町銀天街から始まるリノベーション活動(5) 地域づくりにマーケティング発想を! 

20161011_001 さあ、いよいよリノベーション活動の具体的展開に入ります。ここから先は、嶋田洋平氏(らいおん建築事務所)の著書『ほしい暮らしは自分でつくる ぼくらのリノベーションまちづくり』(=写真、ゴーストライター名も本に明示されています。佐村河内某のゴーストライター騒動と違って、明快な態度に大変好感が持てます)と、2010年当時の私の体験、それに6月末に行った中屋興産社長でタウンマネジメント魚町代表取締役梯輝元氏への取材によります。

 嶋田氏は、1976年八幡西区黒崎生まれで、現在は東京で建築事務所を営んでいる建築家です。らいおん建築事務所という面白い名前は、嶋田氏の祖父が八幡西区紅梅町で営んでいた飲食店「らいおん食堂」によるそうです。西鉄ライオンズ黄金期の食堂の名前です。当時、私も前を通りかかっていたかも。

 そんな嶋田氏が関心を抱いていたのが、鹿児島市のマルヤガーデンズのリノベーション活動でした。鹿児島市の中心市街地天文館にある丸屋ビルの核テナントの三越が撤退した後のビルのリノベーション活動に、嶋田氏が前職時代に関わるのです。このマルヤガーデンズのリノベーションについては、私も興味深く読ませていただいたコミュニティデザイナーの山崎亮氏の著書『コミュニティデザインの時代』に詳しいのですが、中心部に古くからあるビルをコミュニティの拠点として整備し、商業ビルとして見事に再生するというものです。当時話題になったものです。

 この再生ビルが10年4月に竣工するのですが、その際に「第2回リノベーションシンポジウム@鹿児島」が開催されます。このときに嶋田氏は、前述したアフタヌーンソサエティ代表の清水義次氏や九州工業大学の徳田光弘氏と出会い、リノベーション活動に触発されるのです。
 そんなときに、嶋田氏は彼の父親嶋田 秀範氏からある相談を受けます。

 嶋田氏は、先の中屋興産ビルの地下で、ゲームセンターの経営を手伝っていたそうです。その秀範氏に中屋興産の先代社長(梯輝元氏の父上)から、「中屋興産の核テナントである婦人服専門チェーン店が撤退する。ついては後継テナントを探してほしい」――との依頼があるのです。秀範氏は、東京まで出かけ、大手服飾雑貨チェーンなどへのテナント誘致活動を行いますが、ことごとく断られます。現地を見に来ることさえしない、と。

 嶋田氏は、同書のなかでこう書いています。「それまでテナントビル再生のための常識だった手段は、もはやまったく通用しなくなったのだ。それはかつての成功パターンが“旧来の手法”になってしまったことを意味した」。ここに、嶋田氏がテナントビル再生のために、新しい仕組みを編み出す必要性を強く感じたポイントがあります。

 結局、09年12月にその核テナントが退去します。さあ、大変です。それでなくても中屋ビルの隣は例のバブル期に盛名を馳せた丸源ビルで、ここもすでに巨大な空き店舗と化しているのです。2件並んで空き店舗という状況は絶対に避けねばなりません。魚町銀天街にとって、致命的なイメージダウンになります。そこで、地下にあったゲームセンターを1階に持って来て、かろうじて空き店舗状態は免れます。
 そうこうするうちに、中屋興産の先代社長が10年8月に亡くなります。前後関係は明らかではありませんが、嶋田氏はこの中屋ビルを若い起業家やクリエーターの拠点にするという「コクラ・メルカート構想」という企画を温めていたそうです。先代社長が亡くなって、「この企画はお蔵入りだな」と思っていた嶋田氏ですが、後継の梯輝元社長からこの企画に対して、「面白そうですね。やりましょう」との言葉をもらうのです。

 ちょうどこの頃、これも先に触れた「小倉家守構想検討委員会」が同時進行しており、梯氏はこの委員でもあったわけです。梯氏は、嶋田氏にこの家守構想の話をするとともに、その委員名簿を見せます。そこには、何と先の鹿児島丸屋ガーデンズのプロジェクトで一緒であった、清水義次氏や徳田光弘氏の名前があったのです。

 ここから嶋田氏の発想は、鹿児島で触発されたことと結びつきます。空きビルが、クリエーターや地域活動を行う人たちの拠点になる、そうすると、ここがコミュニティの拠点となり、従来の商業施設、商業ビルにはない新しいビルのあり方が築けるのではないか、と。これは、私の推測ですが、おそらくそんなひらめきがあったに違いありません。
 「若いクリエーターたちの拠点をつくる。そのためにはまず、入居してくれるクリエーターを見つけなければいけない。それを“ぼくが”やらなければならないということに、この時初めて気がついた」。
 ここから、嶋田氏の獅子奮迅の活躍が始まります。

(つづく)

<プロフィール>
100609_yoshidaM&R 地域マーケティング研究所
代表:吉田 潔
和歌山大学国際観光学研究センター客員研究員、西日本工業大学客員教授、福岡大学商学部非常勤講師

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月17日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」1月16日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月17日 12:59

デラックス得丼お試し価格19日まで Hotto Motto(ほっともっと)

 プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)は10日、同社が展開する持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」の全店舗で「デラックス得丼」を発売した。

2020年01月17日 12:59

原点回帰で収益改善を急ぐほっともっと 20年2月期第3四半期

 持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開する(株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)が14日に発表した20年2月期第3四半期の決算短...

2020年01月17日 12:35

OCHIホールディングス(株)創業の礎を守り進化させる胆力

 2010年10月1日に越智産業(株)の単独株式移転により、持株会社として設立されたOCHIホールディングス(株)。直近の2019年3月期で1,000億円の売上高を突...

2020年01月17日 11:54

【2/3開催】福岡県企業立地セミナーin東京

 福岡県は2月3日、東京都内の会場で、「福岡県企業立地セミナーin東京」を開催する。セミナーでは小川洋・福岡県知事のほか、昨年2月、福岡県久留米市に国内外向け化粧品の...

2020年01月17日 11:26

JADMA、福岡で賀詞交歓会開催

 日本通信販売協会(JADMA)は16日、福岡市内で賀詞交換会を開催。協会会員および関係者95名が出席した。

2020年01月17日 10:45

まちかど風景・中央区~旧大名小跡地側に商業ビル

 福岡市中央区大名エリアでは「アパホテル福岡天神西(2020年5月開業予定)」や、「旧大名小学校跡地活用事業(ザ・リッツ・カールトン福岡など)」の工事が進んでいる。福...

2020年01月17日 10:33

業務委託と称し労働者を二重派遣~東京都中央区のIT業者に事業改善命令

 東京労働局は2019年12月26日、システム開発業務やIT人材派遣業務などを手がける(株)プロフェース・システムズ(東京都中央区、田一輝代表)に対し、労働者派遣法に...

2020年01月17日 09:00

離職率5%以下実現を目指す「心が折れない」職場づくり(後)

 メンタルヘルステクノロジーズでは、子会社のAvenirを通じて産業医や保健師などの専門家による相談体制の構築のほか、専門医によるメール相談や電話相談などを通して、企...

2020年01月17日 07:30

アスコット傘下で事業に弾み加速する「アメイズ」マンション

 「アメイズ」「ネオス」シリーズのファミリーマンションを販売する(株)シフトライフ。「良質でありながら、市場より抑えた価格のコストパフォーマンスに優れた住まいを提供し...

pagetop