• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月11日 11:28

小倉・魚町銀天街から始まるリノベーション活動(5) 地域づくりにマーケティング発想を! 

20161011_001 さあ、いよいよリノベーション活動の具体的展開に入ります。ここから先は、嶋田洋平氏(らいおん建築事務所)の著書『ほしい暮らしは自分でつくる ぼくらのリノベーションまちづくり』(=写真、ゴーストライター名も本に明示されています。佐村河内某のゴーストライター騒動と違って、明快な態度に大変好感が持てます)と、2010年当時の私の体験、それに6月末に行った中屋興産社長でタウンマネジメント魚町代表取締役梯輝元氏への取材によります。

 嶋田氏は、1976年八幡西区黒崎生まれで、現在は東京で建築事務所を営んでいる建築家です。らいおん建築事務所という面白い名前は、嶋田氏の祖父が八幡西区紅梅町で営んでいた飲食店「らいおん食堂」によるそうです。西鉄ライオンズ黄金期の食堂の名前です。当時、私も前を通りかかっていたかも。

 そんな嶋田氏が関心を抱いていたのが、鹿児島市のマルヤガーデンズのリノベーション活動でした。鹿児島市の中心市街地天文館にある丸屋ビルの核テナントの三越が撤退した後のビルのリノベーション活動に、嶋田氏が前職時代に関わるのです。このマルヤガーデンズのリノベーションについては、私も興味深く読ませていただいたコミュニティデザイナーの山崎亮氏の著書『コミュニティデザインの時代』に詳しいのですが、中心部に古くからあるビルをコミュニティの拠点として整備し、商業ビルとして見事に再生するというものです。当時話題になったものです。

 この再生ビルが10年4月に竣工するのですが、その際に「第2回リノベーションシンポジウム@鹿児島」が開催されます。このときに嶋田氏は、前述したアフタヌーンソサエティ代表の清水義次氏や九州工業大学の徳田光弘氏と出会い、リノベーション活動に触発されるのです。
 そんなときに、嶋田氏は彼の父親嶋田 秀範氏からある相談を受けます。

 嶋田氏は、先の中屋興産ビルの地下で、ゲームセンターの経営を手伝っていたそうです。その秀範氏に中屋興産の先代社長(梯輝元氏の父上)から、「中屋興産の核テナントである婦人服専門チェーン店が撤退する。ついては後継テナントを探してほしい」――との依頼があるのです。秀範氏は、東京まで出かけ、大手服飾雑貨チェーンなどへのテナント誘致活動を行いますが、ことごとく断られます。現地を見に来ることさえしない、と。

 嶋田氏は、同書のなかでこう書いています。「それまでテナントビル再生のための常識だった手段は、もはやまったく通用しなくなったのだ。それはかつての成功パターンが“旧来の手法”になってしまったことを意味した」。ここに、嶋田氏がテナントビル再生のために、新しい仕組みを編み出す必要性を強く感じたポイントがあります。

 結局、09年12月にその核テナントが退去します。さあ、大変です。それでなくても中屋ビルの隣は例のバブル期に盛名を馳せた丸源ビルで、ここもすでに巨大な空き店舗と化しているのです。2件並んで空き店舗という状況は絶対に避けねばなりません。魚町銀天街にとって、致命的なイメージダウンになります。そこで、地下にあったゲームセンターを1階に持って来て、かろうじて空き店舗状態は免れます。
 そうこうするうちに、中屋興産の先代社長が10年8月に亡くなります。前後関係は明らかではありませんが、嶋田氏はこの中屋ビルを若い起業家やクリエーターの拠点にするという「コクラ・メルカート構想」という企画を温めていたそうです。先代社長が亡くなって、「この企画はお蔵入りだな」と思っていた嶋田氏ですが、後継の梯輝元社長からこの企画に対して、「面白そうですね。やりましょう」との言葉をもらうのです。

 ちょうどこの頃、これも先に触れた「小倉家守構想検討委員会」が同時進行しており、梯氏はこの委員でもあったわけです。梯氏は、嶋田氏にこの家守構想の話をするとともに、その委員名簿を見せます。そこには、何と先の鹿児島丸屋ガーデンズのプロジェクトで一緒であった、清水義次氏や徳田光弘氏の名前があったのです。

 ここから嶋田氏の発想は、鹿児島で触発されたことと結びつきます。空きビルが、クリエーターや地域活動を行う人たちの拠点になる、そうすると、ここがコミュニティの拠点となり、従来の商業施設、商業ビルにはない新しいビルのあり方が築けるのではないか、と。これは、私の推測ですが、おそらくそんなひらめきがあったに違いありません。
 「若いクリエーターたちの拠点をつくる。そのためにはまず、入居してくれるクリエーターを見つけなければいけない。それを“ぼくが”やらなければならないということに、この時初めて気がついた」。
 ここから、嶋田氏の獅子奮迅の活躍が始まります。

(つづく)

<プロフィール>
100609_yoshidaM&R 地域マーケティング研究所
代表:吉田 潔
和歌山大学国際観光学研究センター客員研究員、西日本工業大学客員教授、福岡大学商学部非常勤講師

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月12日 17:00

【スクープ】西日本新聞のスポーツ本部長がセクハラで処分 TNC「CUBE」にも出演

 西日本新聞社の「下半身」不祥事が止まらない。既報の通り、7月に社内不倫に絡む事案で記者2人が懲戒解雇されたのに続き、8月に入ってすぐに、報道番組でコメンテーターも務...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

2020年08月12日 16:41

シノケンとTATERUが中間決算 不動産販売はいずれも減少

 12日、シノケングループ(東証ジャスダック)およびTATERU(東証一部)は、2020年12月期の中間決算を発表した...

2020年08月12日 16:36

ホークス柳田が月間MVP~6度目の受賞

 6、7月度の「大樹生命月間MVP賞」が12日に発表され、パ・リーグ野手部門で福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手が2018年5月度以来、6度目のMVPを受賞した...

2020年08月12日 15:48

「新型コロナ」後の世界~健康・経済危機から国際政治の危機へ!(1)

 東京大学大学院教授の小原雅博氏は近著『コロナの衝撃―感染爆発で世界はどうなる?』で「危機はこれまでは、国家や民族意識を高めてきたが、今の私たちは監視社会でない自由で...

2020年08月12日 14:30

クイーンズヒルゴルフクラブ クラブ会員による再度の民事再生申請(後)

 クイーンズヒルの資金繰りについて「支払不能状態」とする申立人側と、「破綻する状態ではない」とする田原氏との主張は異なる。こうしたなかで、今回明らかになったのがクイー...

2020年08月12日 14:00

コロナショックでも好業績のコンテンツ産業(後)

 韓国系企業は映画のみならず、電子コミック、とくに、アプリ型の電子コミック配信サービス市場でも急成長している...

2020年08月12日 13:30

『脊振の自然に魅せられて』夏の花をめぐる山歩き

 脊振山駐車場を利用すると、脊振山系に咲いている夏の花に簡単に会いに行くことができる。8月6日(木)に向かった。午前8時時点では、脊振山駐車場の気温は23度と市街地の...

pagetop